Categories: レンズ一般

Tamron 35-70mm/F3.5 (17A)の画質、感想、撮影写真

タムロンというメーカーは昔からかなりいいレンズを出していました。

これが現代まで続いてきた秘訣なのかもしれません。特化、各社へ使えるようにレンズを提供する。需要があるマウントだけ作る。

昔はもっと広く作っていて、アダプトール2というマウントアダプターをセットになるようにして販売することで、どこのメーカーのマウントにも 合わせられるようになっていたものがありました。

その1つですが、これもオークションで落札しました。数百円という申し訳ない価格ですが、マウントアダプターにあたる、アダプトール2がついていません。

しかし、タムロンMFユーザーなら、すでにアダプトール2を持っていますから、既存のレンズから付け替えるだけです。

ジャンク品って魅力ですよね。使えないものもあるんですが、なぜか、その日々気に吸い寄せられてしまう。

もしかして、、、、というギャンブル心を煽るのでしょうか。。。

もちろん、このレンズ、数百円なんていう評価はジャンクでなければありえません。といっても安いですが。

この時代のタムロンレンズですと、Tamron SP 90mm 以外はほとんど叩き売りです。

また、なぜか、このTamron 35-70mm/F3.5 (17A)レンズは曇りが多い。

これが曲者で、逆光にすると画面全体がうすがかり曇ってしまいます。キリが発生しているかのようです。

ある意味、そんなだめな状態でも、かなりのお気に入りで常につけていたいレンズの1つとなりました。

はっきりいっていい。

いいです。

まえに80-210mmの同じシリーズを持っていたんですが、どうも重くて、、だめでした。

写りはいいんです。210mm近くでは像がぼやけてしまいますが、それまでのところでは、これズームか?というくらいに切れ味抜群でした。

しかも、Nikkorとは違う、線の細いシャープさでした。なんというか、凄いなって感じです。

ただ、210mmは像がぼやけてまで、肩がおかしくなりそうになりながら、望遠で撮ることもないな、という判断の元、下手な最近のレンズより 綺麗なんですが、お蔵入りとなっていました。

それのイメージも合って、Tamron 35-70mm/F3.5 (17A)を購入しました。

普通、このMFのZOOMなんて、ほんとZOOMにするのはまだ早い。っていうくらいに、像がぼやけるものが多くて、たとえ、Nikkorでもかなり残念な 物が多く、さらには、標準レンズの35-70mmなんて、ああ辞めた方がいい、っていう感じでした。一応、固定Fのものはまだだいぶいいようですが。。。

昔は、フィルム、L判、ボヤけているなんて、あんまりわからないんでしょう。きっと。商業用に耐えうるものは大きく伸ばすのでちゃんとしているのだと 思いますが、それ以外の趣味のものはまず、大きくすることは少ないと思います。だから、今、高画素のデジカメに取り付けられて、バレてしまった という感じなのだと思います。

タムロンも、プロ仕様のSPというシリーズがあります。もちろん、いいのですが、このTamron 35-70mm/F3.5ですが、とにかく、びっくりします。

なめたらいけませんね。

といっても、曇の発生率が高いようでいいものが少ない。同じもの買うのも安いとはいえ、なんか、、、前回の買い物が全部無駄になる気がして、 どうも、経済観念的にできません。

でも、いいですよ。これ。

とりあえず、ZOOM全域にわたってシャープです。単焦点並にシャープです。

この時点で現代のプロ仕様ZOOMと近いレベルなんですが、シャープさだけは。。。

これがなんで、昔のアマチュア向けにレンズになっているんだ???というびっくりです。

そして、線が物凄く細いです。コントラストは高いです。

つまり、あの超高級カメラのように、、、という感じです。言い過ぎです。過度な期待はしないでください。でも、安いのでいいんじゃないでしょうか。

ただ、カメラ側で色合いを青にふってやると、たしかに、、これはアーティステイックだなって感じます。

さらに、ちょっとシャープネスを上げると、さらに繊細な線がしまりよくなります。ずるですが、いいです。

とにかく綺麗です。

マクロ機能も充実していて、このレンズ、最短撮影距離が0.25mです。

なにがすごいって、ピントリングが340度くらい回るところです。おおおおいいっていうくらい回ります。

マクロの描写はどうか???もちろん、ボケます。70mmで25cmですから。

ボケのサークルは標準的な濃淡のない白い円で無難です。でも、うわっていうほどの感覚はないんです。

F3.5ですから。やはり、F1.4とかと比べてしまうと、、、それなりにマクロもとれます。というか、普通にはいいんですが、さらに個性、特徴、 作風づくりとしては普通の感じがしてしまいます。

ただ、それが開放で風景を撮った場合、普通のレンズで、35mmでF3.5だと、あまりボケませんし、シャープさも少ないんですが、このTamron 35-70mm/F3.5は違います。

かなり浅い被写界深度。さらに、奥の背景も消えずにボヤけているが見える、つまり、絵として使える、そして、前ボケがかなり透けて見える ようなボケで、前に葉があってもその奥の被写体をバッチリ写してくれます。大変綺麗な前ボケだと思います。

ですので、林のなかで、木々の間からその先の景色を撮影するなんていうときはいい感じがでます。 逆に、手前の木々にピントを合わせて、背景の風景をぼかしても充分に認識できるくらいで。かなりいいです。

試し撮りしたときは、開放しか使いませんでした。もしかしたら、絞れば逆光でもいけたかもしれません。

ただ、良いレンズです。重さも大きさも。多分、人の限界って、カメラとレンズ合わせて、800gくらいってのが限界なんじゃないでしょうか。。

特に、ハンドストラップの場合はこれくらいが限界で、このレンズ300gちょいで、いいです。いまどきの広角ZOOMなんて買ったら、重たいなんてもんじゃありません。

ちゃんと写るものは、重たいですよね。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ