Olympus-35 EC, EC2, ECRの電池、仕様

Olympus-35 ECの仕様

  • レンズ:E.ZUIKO 42mm F2.8(4群5枚)
  • シャッタースピード:4S-1/800S
  • 対応フィルム:ASA25~ASA800
  • ピント合わせ:目測
  • 電池:HM-N型水銀電池×2(LR44×2で代用)
  • サイズ:110×66×48mm
  • 重量:約430g

Olympus-35 EC 2の仕様

  • レンズ:E.ZUIKO 42mm F2.8(4群5枚)
  • シャッタースピード:4S-1/800S
  • 対応フィルム:ASA25~ASA800
  • ピント合わせ:目測
  • 電池:HM-N型水銀電池×2(LR44×2で代用)
  • サイズ:110×66×48mm
  • 重量:約430g

Olympus-35 ECRの仕様

  • レンズ:E.ZUIKO 42mm F2.8(4群5枚)
  • シャッタースピード:4S-1/800S
  • 対応フィルム:ASA25~ASA800
  • ピント合わせ:距離計連動
  • 電池:HM-N型水銀電池×2(LR44×2で代用)
  • サイズ:110×66×51mm
  • 重量:約430g

オークションでEC 2が500円です。これは、、、

見た目を見ているだけでは買いたいと思ってしまいます。

しかも写真だけでは、とても買いたいところです。電池も買えばいいかな、、、と思い始めました。

しかし、ちょっと、まった!です。

見た目はローライ35に似ている?巻き上げノブが底面にあるあたり、コンパクト感が感じられます。

これは、小さいのでは??いや、ローライ35よりは2cmほど大きいです。大きさはPENとほとんど近いようです。しかし、リコー500GSは420g と、こちらのほうが重たいのです。

また、プログラム電子シャッターというものがあり、電池がないとシャッターが切れません。

さらには、今発売されているボタン電池を使うと、ほぼ一回の撮影で電池残量が減って、シャッタースピードが遅くなるそうです。。。

なんてことでしょう。。。

毎回、撮影する日ごとに電池を入れ替える????

そんなフィルムをとりきっていなくても、電池が入れ替えろと、

しかも、露出がマニュアルできるとかできないではなくて、ほんとうに厄介です。

さらには電気部品が壊れていたら、一切撮影できないというリスクもあります。

見た目がいいから、結構な値段で扱われているようです。オリンパスというネームと、PENみたいな小型がいいのだともいます。

しかし、よくよくみると、小型軽量とは完全にはいかないような感じです。

残念。

しかし、シャッター制御が電子制御というのは、困ったものです。。。

機械式なら、電池なしでも、露出計が作動しなくても撮影できるものもあります。わずかですが。。

これがなんで、、純正のバッテリーがないために、毎回、消耗するLRなんという電池を使うという、、、他にもあり長持ちするものもありますが、それなりに値段がします。

たしかに、電池は、1個10円で買えることも有ります。毎回20円ならフィルム代の足しということで、消費税が増税したんだと思い込めばいいですが、

よくないですね。いくつかこういうものがあったら、数種類電池が必要で、これがやはり、億劫になりそうです。

ただ、写りが良ければ、、たしかに写りはE.ZUIKOだけあってシャープです。国産ではやはり、いい線いってるかもしれません。

シャープに拘るならば、いいですね。

著者

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.