Nikon D40の感想、画質、名機か?

D40は、おそらく、ニコンのデジタル一眼製品で大きな変化をもたらした偉大な製品だと思っています。

非常に安価なエントリーモデルで一見すると、あまり使えないのかと思ってしまうところですが、実はかなり使い込める名機です。

こんなD40というカメラからニコンのデジタル一眼レフカメラに入っていく人もかなり多いようです。

D40を使ってみた個人的な感想

カメラ初心者のうちは、なんだか安いモデルのカメラは写真も安っぽいのかな、、、という感じで、

余裕があればステップアップして、中級機と言われるカメラを買って中級者にステップアップしたい!などと考えていました。

ところが、あることがきっかけで、中途半端なカメラを買ってもこれに勝てないというジレンマに陥り、このカメラの偉大さに気が付かされた次第です。

コスパ、性能ともに最高の機種

だったのですが、みないいことに気がついて中古でも高値が続いています。

とくに女子にウケるのでしょう。こうなったら、大人気です。

小型のボディがちょうど手に収まりいい感じで、ありとあらゆるレンズが装着可能であるという、ニコノスとSレンズ以外はくっつくでしょう。そんなのふつう手にはいりませんから、間違って買うこともありません。

Aiなのか、非Aiなのか、Ai-Sなのか、AF-Sなのか、AF-Aiなのか、、、このあたりはほんとうに嫌ですね。見た目で判断しろとか、書いてないんです。また、ニューニッコールなるものも。。。

ですが、マニュアルで全部やることにすれば、全てクリアです。

それで、マニュアルが難しい?単調作業ですので、 誰にでもできます。繰り返していれば、使いやすくて仕方ありません。

なぜなら、マニュアル時代のレンズはマニュアル操作がしやすいようにできています。

撮影は、

シャッタースピード、F値、ピント、ISOを決めますが、

AFデジタルはAUTO以外は、操作性が悪く、SSはこのダイヤル、Fはこのボタンを押しながらダイヤル、、ISOは設定画面を開いて、こうこう、、どうこう、、って、めんどくさいいいいいです。

ところが、マニュアルレンズは、

ピントがレンズ、ZOOMもレンズ、Fもレンズ、SSだけ本体。ISOは同じ撮影場所ではだいたい同じで撮ります。それにISOだけをあるダイヤルに設定するくらいなら、覚えやすいです。

といういことで、直感でとれるわけです。露出?アンダー?オーバー?Fの法則?計算?

そんなの関係なく、見て、暗いか、明るいか、それだけです。

また、昔のレンズならではのF値を変えることで、ボケが激変することでのメリットは他とは比べ物になりません。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ