D800に対抗できる1000円のカメラ

あるわけないし、D800のほうがうちにある1000円カメラより優れています。

ただ、よく、D800は中判カメラを超えたか?テストでは同等?等と言われますが、それは中判デジタルのことでしょうか??

中判デジタルなんて、ほとんど、どこか決まってしまってしまいますが、同じデジタルでCCDの中判に画質勝負とは無謀な。。

フィルムでしょう?おそらく。。

そこのカメラの中判フィルムと比較でしょう。本当に有名で、商業用としては、広く普及していましたから。

そこで、じゃあ、中判フィルムカメラとD800は同等なの??

だったら、うちにある1000円カメラにD800という現代の高額なカメラがやっと並んだということ???

他にも高機能なので馬鹿な比較をご勘弁ください。

ただ、そんなことだったら、フィルムでいいやって思います。

まあ、うちの1000円中判カメラはレンズが違いますが、、、トイカメラじゃないです。

確かに収差、シャープでは現代ものには負けますが、解像度が同じっていうなら、大きいとはいえ、フィルムのほうがいいというのは、、

スキャンするなら、またデジカメで撮影しなおしてるわけです。

光学的に引き伸ばせば、相当差をあけられる可能性もあります。デジタルは画素が最大引き伸ばしの大きさとなってきます。

くだらない比較です。

でもまあ、なんか、うちにある1000円中判がそんな凄いとは、、見直しました。

そして、誰もが手にできる環境にあるという、、、

現実はクリアに写すより、デフォルメした方がいい。

世の中綺麗なものなど、ほんとうに少ないものです。街なかで見るものはほとんど、デフォルメして、モノクロにでもしてみると、

雰囲気がでてきますが、そうしない場合は、世の中きれいなものは少ない!といえるようにあまり、本当に地球を移動し続けないと見つけられないでしょう。

そうなってくると、フィルムでデフォルメしつつ、大きくできるクラシック中判フィルムのほうが、一般人には、ずっと、需要があるようなきがしてきました。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ