*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

CCDの方がCMOSよりも画質がいい?

CCDの方がCMOSよりも画質がいい?

企業が行っている活動は利益を出すための活動であり、必ずしも新しく出てくるものがいいものかとは思わないのですが、いまや、ほとんどの家庭用のデジカメはCMOSがメインであり、、、、、、、
ローパスレスなどというものもありますが、
結局、CCDは何がいいのか??
と、すっごいもやもやしていました。
なぜなら、D40とそれより後発のD3100を持っているのに、D40のほうが綺麗に撮れる。
このたび、買い増しが必要となり、動画も高速連写も必要ない私は、自分がこれはっ!て思える写真が撮れるカメラが欲しく、
散々探して疲れました。
D1,D100,D70,D70s,D200,D80,D50,D40,D40x,D60,D3000
など、仕様を見比べたり、作例を探したりして、古い機種なので作例がある分、悩まされます。
しかし、買う前にどういうカメラか分かるのも凄いものです。
といっても、ニコンだけです。たいしてなかったんですが、あらためて、CCD時代が終わった時期が明確にあって、お金を払って最新機種を買っても、新しい機種ではだめだったのです。
CCD狙いで絞りましたが、これだけあったわけです。
世の中、退化することもありますし、ある1つの性能がいいだけではシェアはとれない。
ある意味では進化しているわけですし、最新機種はいいものです。
音響のアンプでも、デジタルなのか、アナログなのか?
というものがありますように、普通の流れなのだと思います。
自分がもしプロだったら、与えられた機材で最大限のアウトプットを出すだけです。
ただ、私は趣味ですので、心地よいものを得ることが重要です。
CCD機の良さは?
なんか、悩んだんですが、、、、、、、、、悩みすぎて吐き気がしてきました。
次のカメラが買えない、選べないのですから、D40の後に、また、D40を買うというのが正解!
といっても、なんだか、心が苦しいものです。
結局はD40よりもさらに1.5年前のD50を買ってしまいました。。。
なんでしょうね。。
名機D40と隠された名機D50。
でも、地味に、三脚撮影でモノ撮りをするときに、フォーカス枠が3から5点になったのがかなりありがたいのですが。。。
MFでも、フォーカスエイドで確認しますので、フォーカス位置は固定で決めないといけないのですが、モノを撮る場合、手前が前ボケとか言ってる場合じゃなく、全部が綺麗にピントが合わないといけないそうです。。
三脚で固定すると、物をたくさん撮る時には、固定しておきたいわけです。
すると、5点あると、中央より、もう1歩手前がフォーカスできるのでいいですね。じつは。。
CCD機の特徴でしたが、
CCDは光沢紙に印刷したもの
CMOSはマット調な紙に印刷した感じ
と勝手に判断することにしました。
なんか、違いが説明できないんですよね。いまいち。
CMOSは白いとか、CCDはこってりぎらぎらとか、っていいますけど、
結局、大半の場面において、美しく物を見るには、光沢紙を選ぶようにやはり、、、、ということだと勝手に思っています。
これが一般的になればいいですが。
CCD機は色が濃く出るみたいです。
人物撮影はCMOSでさらっとマット調に白くとるのが綺麗だと思いますが。
あまり光沢があると、油でギラギラしていると思われ、テカリ抑えてって感じになってしまいます。
あんまり、人の顔を精細な画像で見てもいいものではありません。
人はある程度までは綺麗ですが徐々に経年変化を起こしていきます。
そう考えると、CMOSへの転換はいいと思います。
特に購買層が、娘の結婚式にデイジ一で撮影したいというのであれば、なおさら、CMOSは商品戦略としては成功です。
お金を使う層が限られています。
また、スマホのカメラも強敵です。
人物撮影ではもっとも撮影されていることでしょう。画質は悪いがそれでむしろよく見える、さらにネットにアップが容易。
コンデジ、ミラーレスもこれには勝てない気がします。
だったら、カメラなんだし、CCDで味のある写真を撮りたいですね。
風景、人物以外の写真用に、家庭用CCD機を残しておいてください。メーカー様。。。

This post was last modified on 2019年9月1日 1:18 PM

Share
『レトロスマホサプリ』スマホ/写真ライターGrp

スマホや写真に関する記事を書いています。監修している記事は問題が見つかり次第修正していきます。

Published by
『レトロスマホサプリ』スマホ/写真ライターGrp

『レトロスマホサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.