Categories: 写真の知識

35mmフィルムカメラの画質はコンデジ並?デジタル一眼は中判フィルム並?

CMOSやCCDの大きさで言えば、フィルムに遠く及ばないのですが、その粒子の細かさ、画質としては、

大方デジタルは小さくても、フィルムよりも細かいところまで映し出しているようです。

あるサイトのテスト結果で、1000万画素のコンデジで35mmフィルムと比べると、だいたい、同じかコンデジの勝ちという感じでした。

おおよそ、そんな感じだと思っていましたが、

やはり、フィルム写真を見ると、35mm判ってなにか荒いなって感じるものがあります。その粗さが良かったり、色がいいなどということもありますが、 レタッチソフトを毛嫌いすることもなく、使えるならば使った方がいいかと思います。

つまり、何が?といいますと、

今ある中古品の無数の35mm判カメラはコンデジと一緒?という話です。まあ、いいじゃないか、そんなもんだろう。。

といいつつ、高級な現役の35mmフィルムカメラもあります。高値で取引されていて、もちろん、現行品はデジタルに置き換わり、正しいと思いました。

昔は、なぜフィルムを辞めたんだ?と思いましたが、デジタルのほうが画質が美しい。

APS-Cサイズでも35mmサイズでもCCD、CMOSの方が35mmフィルムより綺麗だったと判断したのでしょう。

ということがわかってすっきりしました。

逆に、中判フィルムはまだ、下手なAPS-Cよりもいいだろう、、と思っていると、見た感じ、、、

デジタルに買っているものも有りますが、負けているものもあります。

高価なデジタルならば、中判フィルムを超えているでしょう。それゆえ、商業用のカメラもデジタルに置き換わったようです。

これは、商業用のカメラは中判フィルムが基本というか、ちゃんと広告をとるなら、中判くらいの画質がないと厳しいということだったので、

まさしく、商業用がデジ一にかわったというのは大きいです。とくに広告カメラがデジタル化されたのは大きいです。

けっきょく、フィルムとCMOS、CCDを大きさで比べるなんてナンセンスというものでした。

ということのようです。 あえていうならば、

35mmフィルム=コンデジ

中判フィルム=デジタル一眼レフ

大判フィルム=???

ということでしょうか??

つまり、

デジタル一眼を使っている人がフィルムを楽しもうとしたら、中判フィルムじゃないと、満足できないでしょう。

といういことです。

これは言えます。ライカのフィルム版なんて高いですが、実際、お散歩カメラです。

お散歩と言っても、世界クルーズだったり、地中海のお散歩ですが、、、

庶民は1万円のコンデジで近所のなんとか第一公園をお散歩しますが、裕福な人はライカでヨーロッパの広場をお散歩するわけです。

同じなんですが、何かが違う。気分と余裕、ゆとりが違う。

ただ、それだけ、いや、そこが違う。気持ちが落ち着いてるほうがいいわけで、

そういうことができることが意味があるわけです。別に高いライカを買ったからといって、そういう余裕ができるわけではありません。

近所の第一なんとか公園ではライカを持ってお散歩しても、いい被写体がない!といって、不快になる確率が高いでしょう。

逆に本当の勝者は、地中海をスマホオンリーで撮影するカメラ女子かもしれません。というか、むしろ、グラサンかけて日焼け止め塗って、炎天下の中、一日中、水着で寝っ転がっている人 たちかもしれません。写真に興味も何もなく、撮ることなんて絶対にしない、ただ美味しいものを食べて寝る、それこそが、一番の勝者でしょう。

そういうことです。カメラ?

ブランド品のアクセサリーです。そういう感覚でいられるなら、ぜひ、フィルムライカなんか、もって置いとくといいでしょう。

ただ、フィルムの話です。

現行品のデジタルライカは、コンデジじゃありません。

ずっと、綺麗な映像を残してくれるでしょう。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ