Categories: デジタル時代

1000円の望遠レンズ

1000円の望遠レンズ
これは偶然、自分がラッキーだったのか?
いや、そうじゃないようです。市場でもそれくらいの相場なようです。
そのレンズを見ているとたしかに取引価格がそれくらいです。
なんで???
昔、五万くらいしたのに。。
ほんと、そういうレンズが各家に眠っていると思います。
うちにも似たようなものが眠っています。
5.5万円で購入して、今は5千円くらいで売られています。
そういうレンズって、たくさんあるとおもいます。まだ、家にある方がおおいでしょう。
中古で販売するって少ない人だと思います。
おそらく、ほとんどの人がそのまま持っていると思います。
よほど値上がれば、自分で活用しようと思うのですが、
どうがんばってもできないことってあります。
たとえば、マニュアルの望遠レンズ。
そもそもマウントが合わないというものもありますが、
望遠をデジカメで使うと、焦点を合わせる拡大鏡のようなものがありませんので肉眼では不可能です。
また、望遠で何を撮るのか?
ほとんど、鳥は不可能ですし、猫がいいとこでしょうか、
それでも、マニュアルフォーカスは追いつきません。
さらにはブレもひどいものです。
しかし、これは得をしたわけではなく、
自分の家にある定価で買った使わないレンズがあるように、それの代わりに入ってきただけです。
物々交換のようなものです。
自分が得したと今の一瞬だけ見ればそう思えますが、長い目で見ると、過去にすごい投資をしているわけです。
いくらいい学歴を得るためとはいえ、塾、家庭教師と無理な投資ばかりしていては、たとえ、大企業に入っても、果たして、得をしているのか?
じつは、ものすごい赤字だったりして、、結果、維持費がかかりすぎてマイナスだったりして、、、ということもあります。
ものごと、なんでも、それに見合う投資かどうかを考えてからやるべきですね。
みんながやっているからやる、買うというのはよくないということでしょうか。

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
retoro

『レトロスマホのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.