Categories: 写真の知識

白っぽい、角ばった岩を写せば、氷河のようにみえるかも

氷河期に入って久しい、いや、勝手にそう思い込んでいる自分ですが、、

世間ではかたくなにそういうことを言おうとしませんが、かなりの勢いで寒い年が続いています。ほんと、自然を感じられるような場所で仕事を している人は身を持って感じているでしょう。

それはさておき、氷河期に入っても氷河なんて見られないので、せめて、流氷くらいで、、、

そんな見れないはずのものを写真に収めようと思い、思ったのが、白い石で大きい角ばった石などをモノクロで撮影したらそれこそ氷河?

みたいなイメージが湧くかもしれません。だからなに?っていうかもしれませんが、自分が感動すればそれが一番の目的ですのでOKです。

氷河とは海からせり出しているところがよくて、よくありがちな、磯場の海に飛び出した岩の斜面などがいいかもしれません。

でも、黒い石がおおいですね。石灰岩なんかが最高ですが、あまりそういう場所はありません。火山でできた島ですので。

そうですね。そう考えると難しいかも。しれません。1つの案として。。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ