最高のカメラRollei 35 SEの使い方、分解、ピント調節、ファインダー清掃、レンズ清掃、撮影写真、作例 – 目測でピント合わせも余裕

最高のカメラRollei 35 SEの使い方、分解、ピント調節、ファインダー清掃、レンズ清掃、撮影写真、作例 – 目測でピント合わせも余裕

Rollei 35 SEの仕様、スペック
  • シリーズ名:Rollei 35 SE
  • レンズ:Rollei-HFT Sonnar 40mm F2.8
  • 絞り:F2.8-F
  • シャッタースピード:B,1/2-1/500
  • 最短撮影距離:0.9m
  • 重さ:
  • 発売年:1980年
  • 発売価格
  • オークションでの取引価格:2万円程度
LEICAも凄いですが、Rollei 35シリーズに感動しました。 PENでこれほどコンパクトで良いカメラはない!と、すっかり、ゆる~いコンパクト思考に目覚めたのですが、しかし、同じサイズで あの、「ローライ」からカメラが出ていました。はじめは玩具のような作りの変わったカメラだなと思ったのですが、よく見ると、しっかりとした 作りになっています。(凹みやすいという感想が多いので筐体が分厚いダイキャストではなくて、薄い金属板になっているかもしれませんが、わかりません。) ただ、軽くて小さいというもので、しっかりとしたレンズと作りというのが圧倒的です。これは実物を見ないとその質感というのはわかりにくいものです。 写真で見ても拡大してみていい作りだな、と、なんとなく分かりました。 しかし、不思議なもので感性の高い人が見ると、ひと目でこれいいじゃん、かっこいい!と、ぱっと見で思うそうです。 自分は感性が鈍いんだなと芸術的な思考は諦めています。絵も下手くそでどこがいいのかもよくわかりません。そんなことで写真の方が好きです。 安くRollei 35 SEを買えた! もとはといえば、ライカが休日用のカメラに向いていて、休日はレンジファインダー機だな、という発想になったのでしたが、そういうあさはかな思考だったので、値段を見て一気にダウンです。 即あきらめました。バルナックがいい?まあ安いこともないか、、、レンズがない、レンズはいくら? 数が少ない、かつ、高い! これはレンズまで買っていたら、私の可処分所得が一気に圧迫される、これをコンデジと同じだと思えるようになった人が買えるのだろうか? 私には無理です。
Rollei 35 SEとPEN EE-2との比較
他に必要な物がありすぎて、税金が高くなりますし、やばいです。 さて、それでいて、ローライ?もっと高いじゃないか? そうです。普通、ローライというと、ローライコードは安いですが、ローライフレックスなどの二眼や、他のカメラも、まあ高いです。 一眼レフは結構安いみたいですが、レンズが入手しづらいと思われます。 そうです。私が見たローライは数十万円からでした。数万円代のローライはありませんでした。 ローライコードもローライでした。ならば、、しかし、レンズが、、結局あまり変わりも無いのですが、、 ライカでもROKKORレンズが付いていたりして、うちにあるミノルタのレンジファインダーは1円でしたが、それにもROKKORが付いていますし、 結局気分なんじゃないかと思ったりもします。デジタルで、カールツァイスの古いレンズを見るとだいぶ色合いやらコントラストが違い、差を感じるのですが、 フィルムでとっている時点で、シャープさもデジタルにはかないませんし、そんなに気にする要素ではないのですが、やはり、 気になります。 このカメラはCarlなのか??いつも考えています。 そこにばかり、、、
Rollei 35 SEはPEN EE-2より小さいです。 Rollei 35 SEはPEN EE-2より分厚いです。
ドイツ製でない時点でこのカメラはCarl銘は消えていますが、ライセンスを受けてRolleiが製造したとか、Carlが設計せずにRolleiが設計したとかあります。 しかし、Rolleiは高級な素材を出して、金色のカメラを作るのが得意だが、レンズはどうだろう?? ということもありますので、Carlと書いてあるものと比べると、Rollei表記のほうが人気が低いのでしょうか? しかし、Carlも今では日本でOEM生産していて、、、昔のCarlじゃないと、その味を味わえないという意見もあります。 レンズは、ある程度いいものであれば、言うほど変わらない!と、思います。変わってもほんとうにそれがそんなにいいか? そこまでの金を払う価値があるのかどうかというのが気になるところです。オーディオの音にも言えますが、そんな微妙な音のなりかたで 数十万も高いものは買えません。普通の場合は。 ただ、悪いと分かるのはだめです。しかし、音で言えば、人間の脳が覚えていて、悪いところを補完してくれるような気がします。 つまり、勝手にいい音に聞こえてしまう。 また、ブランド名とは不思議なもので、名前が入っただけで金になります。 安い値段で売られるとそれだけでブランドの価値が下がります。日本製にはないことです。 ところで、1972年のRollei35は$200程度だったようです。あれ、日本では7万円弱だったような、そうです、為替相場が違いました。 また、固定の価格で統一されていた時代でした。 このRollei 35 SEは日本でいくらだったのでしょうか?調べていますがまだ分かりません。 偶然、入手できたローライ35 運がいいと1万円以下で落札できるようですが、正直それでもそこまでかけるのは、、、抵抗がありました。 なぜか?そこにそれだけかけていいかというのは個人の価値観です。 しかし、どうしようか?と悩んでいました。国産レンジファインダーは多いようで実はそれほど悩むほど選択肢はなく、なんだか、昔の旅行に出かけた人みたいに 見えてしまう自分の姿がなんとなく悲しくもあり、海外だったらかっこいいのかもしれません。 しかし、私が国産レンジファインダーを持つと昭和感が漂いすぎて、洒落になりませんでした。ちょっと、見られたくない感じがしたのか、コートで隠すように 持ってしまいました。 ライカだったら堂々と、いや、嫌味になるか、防犯を考えて隠すか、、、 とりあえず、まともに使えるカメラがないではないか、という感じでした。 そういうことがあり、なんでか分かりませんが、オークションを毎日見るのが日課で、探していました。 撮影できないジャンク品でもここまで高いなら自分で修理する気はなく、シャッターがキレないのを治すのは無理だなと感じていましたので、 ジャンク品は無理でした。 ある時、ローライ35を見つけました。 その良さに取り憑かれると、知らぬ間に入札していました。他人にとられまいとがんばったのですが、手が届かない価格に。。
Rollei 35 SEはIPHONE5より分厚いですが、小さいです。
そうこうしていたら、もうほかの残りのものは高いものばかりです。 こういうのは後悔しますね。 送料入れて9千円で買えたものを見過ごしたら、2万から3万のローライ35しかないという。。。 これを悔しくて寝れない思いをしたものが、翌日、はるかに安い撮影できるが、ワケあり品が登場して、ほんとうに今までの相場を見ても最低価格を更新したのでは? という価格で即落札もできたので、自分が入手できたのでした。 前日の悔しさと、このわけあり価格がなければ私なんぞには縁のないローライでした。 しかし、ローライファミリーや、ローライフラッシュなどというものはとても安く買え、ローライの名前が欲しいならこちらもありです。 どうみても、国産で同じものがあったようにしか見えないところが、購入をやめさせてしまいましたが。 Rollei classics という復刻判がありましが、値段が50-60万円でした。初期のローライ35が給料3ヶ月分くらいしたのでそういう感じだったのでしょう。 ボーナス半分とかだったらいいですが、最近ではボーナスも難しい時代です。一昔の大型テレビならこれくらいしても飛ぶように売れた時代がありました。 政府の補助が出て安くなるということも相まってびっくりするほど売れたそうです。 しかし、その後の急激なテレビ需要の落ち込みがメーカーを直撃したことは言うまでもありません。3分の1くらいになったような気がします。 値段とはその時点での人の価値観であり、固定的なものではありません。仕事の仕入れと考えれば、元がとれて利益が出せればいくらであっても関係ないのです。 それと同じことだと思います。 それにしても、銀色のCarlと関係のある沈胴式のレンズがうちにくるとは想像さえできませんでした。こんなものライカでも買わない限り縁が無いだろうと思っていたのですが。。 ローライ35を買うと、お安く、もれなくついてくるというこんな裏技があったとは。。。 なんとも言えない高級ガラスのような前玉のガラスが、小さいながらにその貫禄を物語っています。 また、最近ではコンタックスのコンパクトが安かったです。こちらはズームで画質より機能重視のようです。一番安いのは?なんでしょう?A110,A126フィルムのローライでしょうか?もう生産していないフィルムです。 これにカールツァイスがついている?激安です。でも、使えない。寒くて頭が働かないときに思わず血迷って買ってしまいそうですが。 フィルムの改造、充填をしないといけなくなります。それにコンパクトにするということは画質も落ちますのであまりおすすめでは、、、ありません。 最近、値上がりが激しくないか?フィルムカメラ。 そうです。なぜだか、急激に値上がりしつつ有ります。ローライ35ももちろん、とんでもなく値上がりしていて、うる側も高値安定でいっているようです。それでも買う人が居るから高い。 たまに、相場が以前のままの感覚の売り手が安い値段で売りだすとすぐに即決で決まってしまいます。あきらかに、値段が急激に上がっています。 それでも、まだまだ、ローライフレックスにくらべれば数分の1の値段です。まだまだ値上がることでしょう。絶対に新しい商品は供給されないわけですから、値上がることはあっても値下がることはないわけです。 ちょっと見た時は1万円くらいだったのですが、そのうちに3,4万、5,6万円なんてのもあります。 ローライファミリーという日本製のどこかが作ったというものもあるらしいのですが、これはまだ安いです。しかし、ローライ35がかえない時にこっちを買おうかなと思ったくらいで、こちらも値上がることでしょう。そうしたら、ほぼ似たような和製カメラが他で底値で売られているわけですが、これも1万円以上に上がるかもしれません。 しかしです。それよりも、最近、オークション価格で、変化が起きているのはローライだけではないようなのです。 かなりの国産レンジファインダーカメラが500円以下だったのですが、それが最近1000円、いや、2000円くらいの値をつけ始めているのです。こんなことがあったでしょうか。いくらなんでも、高すぎです。 昔は15台まとめて2000円程度で買えたのですが、なんだかそれが数千円以上に値上がっています。せり上がっているというほうがいいでしょうか。どんどん、入札して、軒並み買われていきます。 それを整備して転売することが予測されます。おそらく、店売り?輸出?などなど、色々あるでしょう。。。 そういう事情からか、とにかく、フィルムカメラが、とくに国産レンジファインダーが少しづつ値上がりつつあるようです。 でも、ビジネスが厳しくなる中でそういう商売をする人が増えることも考えられますし、海外からの観光客が増えるという見込みの政策がとられていますので、観光客向けカメラ屋さんなどで、びっくりするような値段で国産中古カメラが売られていました。 正直、これはやり過ぎだろう??4倍、5倍くらいでした。 しかし、海外からの観光客はヤフオクに参加できるわけでもなく、カメラ情報もありませんので、これでもお得なほうなのでしょう。 それにしても、オークションの中古カメラ相場が高い!高い!いつのまにか、手が出る、衝動買いするようなカメラがなくなってしまいました。 おまけにジャンク品と言っておきながら、1万円くらいで売られているカメラまであったりして、本当に壊れているのに売られていたりして、一体どうなっているんだろう?と思います。素人が分解したものもジャンク品と同等にリスクがあります。こんなもんが売られているわけです。 昔は国内の中古品は品質がいい!分解されていないカメラが流通していたのですが、もはや、それも無理なようで、もう、中古の中古しかないので、手が入っていないものはほぼ皆無となる時代がくるのでしょう。 そうなったら、もう、フィルムカメラは高嶺の花です。 そうなると、新品でメーカーが20万円くらでまた売りだそうとするかもしれません。ありえないでしょうかね。。フィルムでそんなにいい写真が撮れるカメラはごくごく限られた機種です。ただ、画質がシャープだというだけでは、デジタルにはかないませんから、普通の国産カメラではそれほどの価値を見いだせないのです。 しかし、カールツァイスが国産?になりつつあるので、もう、なんでもありで、新品だと、国産を探す以外に手段がないという現状です。もう、ようするに良いレンズ、カメラは昔の物しか無い!っていうことになると、もう、とんでも無い値段になると思います。中古のレンズが車と同じくらい高くなったりするかもしれません。 車を買う人はほとんどいなくなってしまいましたから、また、腕時計にそれくらいお金を払う人がいるわけで、売れるでしょう。 画質が綺麗なローライ35 中判よりも綺麗という評判があるようです。 どうして?? そんなはずがない。もちろん、ハッセルなどのカールレンズをつかったものにはかないません。 一応、オリジナルで国産メーカーが作っていたレンズのようです。ほんとうかどうかは分かりません。ZUIKOなどはかなりシャープで綺麗ですから。 それに四倍近い大きさの差がありますので、別に中判に35mmフィルムが勝たなくてもいいんですが。 しかし、この情報を見ると、ほんとうに良かったという気持ちになれます。 中判のランニングコストと大きさが辛く感じていたので、まさにラッキーです。これならいいじゃないですか。 これなら200円のフィルムを詰めて、自分でカラー現像して、変わった色に仕上げる現像方法を使えば、アジのある写真が撮れます。 これです。これがやりたかったんっだ。と、気が付きました。 そう。気軽に、アジのある大きく引き伸ばしても綺麗な写真を。WEBに載せられるような35mmフィルム写真を撮りたかったのでした。 楽をしたければ、スマホとアプリでクロスプロセス加工をすればいいじゃないかとおもいます。 しかし、35mmフィルムの価値が上がるも下がるもカメラ次第だと分かりました。 こんなに大きくしても綺麗なら、得した気分です。PENは逆に小さい方向へ走ってしまいましたので、 画質が悪くならないようにレンズを良くしたそうです。ならば、35mmサイズで出して欲しかったという気がします。
見た感じが近いRollei 35 SEの30年後に誕生したカメラです。 初代Rollei 35から数えると50年くらい経ちます。 デザイン的にもカメラもピカピカで状態もよく全く見劣りしていません。 しかし、日本市場は良い中古商品がゴロゴロしている優良市場なのだそうです。 扱いが丁寧なのか、買う側の要求が過大すぎるのか、とても神経を使って、 数十年前の中古といえども、業者じゃない人の販売であっても、 かなりの良品じゃないと売りません。 扱いが丁寧なのではなく、状態が未使用に近いものしか売れないという 市場なのかもしれません。それでいて高くない!
ファインダーがアクリル製? ドイツ製じゃないものはファインダーがガラスからアクリルに変わっているそうですが、そんなひどいことをなんで? と思ってしまいます。傷が付く、、ということが気になります。昔はアクリルのほうが高いだろ?ということです。 おそらく、筐体が金属でそれほど頑丈でなければ、普通にガラスだと振動で割れてしまったのではないでしょうか。 他のカメラでもフィンダーをアルコールで慎重にふいたのに傷が付いた?付いていた?のを思い出しました。 ガラスじゃないフィンダーも有りかもしれません。割れるよりマシです。 金属をガラスに付けるのは接着剤でも、鏡を固定したりするような弾力性のあるものでないと割れてしまうのではないでしょうか? 実際に金属枠にはまったガラスファインダをいじっている間に、周りの方から割れていったことがありました。 そう、アクリルのほうがいいんだ!そう言い聞かせていきます。 Rollei 35 SEの使い方、操作方法
露出計がLEDになった以外は、Rollei 35 Sと、Rollei 35 SEの差はないようです。 電池BOXの位置も変わっています。 Sはゾナー(Sonnar)タイプのレンズという意味のようです。 ゾナータイプといえばカールツァイスですが、銘はRolleiになっています。しかし、カールツァイスレンズの一種としてウィキペディアには 紹介されてきたりします。 このレンズ構造が特許になっていて使用許諾ライセンス契約を結ぶとかあるのでしょうか?しかし設計からローライだという話もありますので 別物ですが。ほんとうによくわかりません。カールツァイスレンズの製品は複雑です。 でも、ゾナーという名称はカールツァイスの製品の名称なのでおそらく、こういう風に表記するためにはやはりカールツァイスによる指導や技術面での協力と契約関係があったということでしょう。 勝手に他社の商品の名称を名乗ったら法的に問題です。
下側から見たところです。 まるで、上下逆さまの作りをしています。
構えたた時に右側のダイヤルの内側がASA、つまり、ISOを設定するダイヤルです。
左側の内側はメモがわりに、どのようなフィルムを詰めているかを、セット時に指定して忘れないようにするためのものです。
右側の外側のダイヤルは絞りです。
左側の外側はシャッタースピードです。
1/500秒まで出せるあたりが凄いです。
沈胴中のレンズです。
この黒いピラミッドみたいなものがレンズの収納ボタンです。 押し下げながらレンズをひっぱります。
ひっぱって、少し右に回すとカチッと固定されます。 ゾナーレンズのローライ35は、他のテッサー等を搭載したものとくらべて直径が大きく、レンズの繰り出し長も短くなっています。
文字がとても小さいです。 Rollei35Sはとても大きいので注意が必要です。
HFTという得意げな赤いロゴはコーティングのアピールだそうです。 この当時、いやもっと昔はコーティングで各社競いあっていました。
裏側を見てみます。
背面です。
シャッターが左についています。
シャッターをチャージするときにはここまで動かします。
このボタンはなんでしょうか?
電池室が飛び出してきました。
5,6Vとなっています。 ヨーロッパはカンマとピリオドの使い方が逆なのです。 この電池が入手が難しいらしく、ボタン電池を4つ重ねて入れて作動させるという方法があるようです。 しかし、最短一日で電池切れになったという話もありました。
本当は、小さい単5、単6,くらいの電池があるようです。
内部。
このRのレバーはなんでしょう?
これはフィルムが終わった時に巻き戻す時に、逆回転防止装置を解除するレバーのようです。
ハンドストラップです。
とてもとても長いのです。
下部のこの部品を引っ張りあげてみます。
ノブがでてきました。
これで撮影終了後にフィルムを巻き取るようです。
こんなところに撮影枚数カウンターがあります。
同じく、下部にフラッシュの取付部があります。 フラッシュを使う時はカメラを逆さまにするという話です。
このレバーは?
動かします。
背面カバーがすっぽりと抜けていきます。
解体しているようですが、これが正常な使い方です。
フィルム圧板をどけると、レンズが見えます。
沈胴式のため複雑な感じがします。
シャッターをBで開いてみました。 レンズシャッターです。
フィルムを詰めてみます。
最も有名なフィルム、業務用フィルムです。 中味は普通のISO100のフィルムです。 パッケージが違うだけのようですので、なんら恥じることも劣等感を感じる必要もありません。
フィルムをつめます。
巻取り側にフィルムを差し込む溝があります。
少し挿します。
飛び出している部分がありますが、これでいいのだと思います。 下の矢印のところの歯車を回転させて巻き取って、正しく噛み合っていることを確認します。
大丈夫そうです。
圧板をしめます。
背面カバーをしめます。
このように上部と下部を指で押してやって、隙間ができない状態にしておきます。
このレバーを戻します。
フィルムカウンターが1の前です。
空まきして、1になるまでシャッターをきります。
一になりました。
シャッターボタンです。 レリーズケーブルが装着できるようです。
露出計のための窓です。
レンズをしまいます。このボタンを押し下げながら、 このときにシャッターをチャージした状態(レバーを引いて、シャッターボタンが落ちる状態)でないと沈胴しません。
レンズを回して、しずめます。
だいぶ、すっきりしました。 この状態ではシャッターボタンは押せませんので、誤作動を防止してくれます。

Rollei 35 SEの分解、ピント調節の故障修理 以下の写真はピントが狂っていた時に撮影したものです。 青いのは、過現像、高温現像にてシアンが強めに出ているためです。
雰囲気のあるいい写真です。 無限遠にしてるはずが、ホテルの字も読めない。 どこにピントが合っているのか??? 逆光で開放で、ピントずらしです。 これはいい感じにできた唯一の写真です。 船がぼやぼやです。 設定狂ってるの? ローライ35じゃなくて、ローライ35ファミリーだった? レンズが1枚足りないんじゃないの?? なんでこうなるの??? ということで頭がいっぱいになってしまいました。 もはや、なにがなんだか、無下遠にしてるはずなのに、F11です。 たとえ、多少狂っていても、パンフォーカスになって写るはずです。 全く写っていません。これじゃ、ピントリングの無限遠の位置が実際には1.5mくらいになっているような感じでしょうか? これに気がつくまで結構かかってしまいました。 メリーゴーランドにピントがあっているつもりです。 パンフォーカスでビルもはっきりしているつもりです。 しかし、メリーゴーランドもぼやぼやです。 これなんて、どこにピントがあっているのでしょう??逆に難しいです。 ここまでぼやけるのは。。。
このカメラにだけは手を出すまいと誓っていたのですが、何も調節せずに撮影してみると、二本も撮影したのですが、 これほんとうにローライ35なのか?という感じの写りが、、、非常にがっかりしました。分からないものです。 3日くらい考えて写真を眺めていると、どうやらピントが狂っているようでした。しかし、このカメラ分解する人いるんだ? という疑問があったので、まさか、狂っているなんて思いもしてませんでした。 しかし、安いからには理由がある。さすが、安いカメラ、ジャンク価格のカメラはことごとくネジを回していることに今日気が付きました。 はじめから、無限遠まで回らない、少し手前でとまるという状態でした。グリスの固着、ホコリだと思っていました。 パンフォーカスになるので、見た感じ6mを少し超えた目盛りまで回っていたので平気だと思っていたのですが、、、、 どうみても、6mの位置にさえピントが来ていない!!! これがおかしい状態に気がつかない理由でした。前ピンなのか、後ピンなのか、いくら見てもわからないのです。 誰かがいじるわけないですし、素人じゃないプロに頼んだとしたら狂っているはずがありません。 それなりの撮影をしていませんでしたので、わからないわけです。 もう、なんていうのか、0.9mでピントを被写体に合わせていても、ピント面がなんとなくボヤける、、、わかりにくいことに外しているわけではないのです。 しかし、どこか手前に合っている場所で確認できるものがない。 おそらく、ピント面は開放で前後に10cm程度深さがあっても、10cm手前が空気しかなければ分かりませんし。 20cm手前にピントがきていたら、なんとなくぼやけた像が浮かぶでしょう。これではわかりません。 無限遠のビルを撮っても、なんかボヤける、雲がでていた?排気ガス?遠いから仕方ない? パンフォーカスだから仕方ない?と考えても、6mを超えた当たりにもシャープな場所が見当たりません。もうほんとうに分からないという状態です。これはもしかしたら、6mという表示よりも遠くを指していても、 もっと、大幅に手前にピントが合っているのではないかと推測するしかありませんでした。 かりに、0,9mの表示位置で0.7mや0.6mにピントがあうような状態だと、遠くの距離ほど距離間隔は大きく変化しやすくなりますので、 6mという表示が3m以下になっているかもしれません。だとすると、6mからパンフォーカスをして300m以上離れたビルを撮影していたのか? となります。しかし、実際に撮影してみたものは本当にわかりづらく、6m道路を挟んで道路の反対側にいる人の顔さえボヤケました。 距離にしたら10mちょいでしょうか。。 さすがに、おかしいです。もし、ピント位置が3mだとしても、Fを大きくしていたので、パンフォーカスで写りそうなものですが、もしかしたら、もっと、 1mくらいになっていた可能性もあります。 分解方法 *一切の作業は自己責任においてご実施ください。間違った方法なども記載されていることがありますのでご注意ください。
  • 銘板を外します。
ピントリングを回していると、銘板の内側の方に2箇所穴があるのが分かります。そこにドライバーなどを入れて、接着剤で張り付いている銘板 を剥がします。
  • マイナスのネジとプラスのネジを外して距離表示リングを外す とりあえず、プラスのネジを外してみました。何の変化もありません。マイナスのネジを外して距離表示リングを外して、ゆるみドメのリングを2枚を 無くさないように外します。このとき、念の為にリングの付いていた場所を鉛筆で書き込んでしるしを付けておくといいと思います。 そして、いくつかあるネジ穴の1つに爪楊枝を刺して回してみました。可動範囲が狭く止まってしまうようでした。ヘリコイドの溝は全部は さらせませんが、溝にあるグリスを爪楊枝でこそぎとり、新しいグリスを塗っておきました。 カメラ背面からネジを外せばレンズユニットが外れるということが書いてあったのですが、どうも外れませんので、諦めました。
  • ピント調節
ピントリングを動かすと可動範囲がかなりあって、距離表示の1.5倍位の範囲があります。これでは、どこかで決めてやる必要があるのです。 それでは、背面のフィルム面にメンディングテープを張って、0.9mを測って、Fを開放でバルブで撮影しながら、ルーペで見て、被写体にピントが最大限 合った位置を探します。爪楊枝でピントリングを回しながら探すのですが、面倒の極みです。 なぜなら、三脚に固定する器具が蓋と一緒に外れているからです。しかたがないので、三脚につけた別のカメラの上にのせながら調べました。 (自分は、とりあえず、適当な位置で一度組み上げてピントを図ったら、丁度0.9mの位置になっていたのでラッキーでした。) 本当は無限遠をチェックするのが理想的です。 そして、0.9mの表示が合うようにセットして組み上げます。 なぜか、プラスのネジを締める場所や強さによって、ヘリコイドの回転が阻害されて途中で止まってしまいました。プラスのネジは問題のない場所にしめました。調整前の状態のもののピントをルーペで確認するのを忘れてしまいました。 Rollei 35 SEの作例 ピント調節後、撮影しました。ピントがあうとここまで綺麗なものなんですね。感動しました。 画質は荒れていますが、スキャン後の調節が今ひとつでした。慣れてないのでボタンを押す時に垂直がぶれてしまっています。力を抜いてリラックスして使うカメラです。
ピントを浅く、オーバー気味に撮ると、非常に柔らかい写真ができます。 フィルムはフレアが出にくいということもあって、逆光で開放撮影がはまりそうです。 拡大できます。細かいところまで鮮明です。 ボケも綺麗です。 夜景も鮮明です。 ISO100のフィルムで手持ち撮影ですが、F2.8で撮れてしまいます。 浅いピントで撮影しました。 ゴワゴワしていないボケです。 撮影カメラ:Rollei 35 SE 撮影フィルム:フジフイルム業務用記録用フィルム100 自家現像:標準現像 レタッチソフト:明るさ調整、カラーバランス調整 撮影時間:夕暮れ時
フリッカーで検索すると、 http://www.flickr.com/search/?q=Rollei35SE 普通のように見えます。細かい写真を見ると細部がたしかによく見えているような、、 いや、かなりシャープです。テッサーレンズではないゾナータイプですが、だいぶ来てます。 高級コンパクトデジカメに近い感じでしょうか。 「一眼レフを超えたコンパクトカメラ???」かどうとかこうとかっていう話じゃなく、綺麗です。 いいか悪いかはさておき、デジカメにしか見えない画像があります。 これは凄いことです。それだけいいと、1枚1枚を安心して撮れるというわけです。 これは一生ものの35mmカメラと言われたりもするようですが、確かに、そう言ってもおかしくはないものだと思います。 カメラはレンズが全て、ライカ本体を買ってもレンズが付いていない!! レンズは高い。 ならば、レンズが付いて安く買えるローライ35のコスパが最高となるわけです。 たしかに、純粋にCarlが作っていない、ライセンス製造だとしても、今でもそういう状況ですが、 これだけ安くCarlのレンズを手に入れる方法は他にはないかもしれません。たしかにCarlという名がつく、関係するレンズは古いほどさらに、 いいかもしれません。 なんとなく、余計な濁りがないガラスを使っているような感じが伝わってくる感じです。ノイズが少ないように見えてしまいます。 国内品は収差や明るさ、スペック値を高めていますが、 それにはないキレや味があるというのかもしれません。でも、無理でしょう。大企業で目標管理制度で行う仕事ではスペック目標が設定されるのが 分かりやすく、そうなるのは明白です。 大きな変革が起こせるほど製造業は熱くならず、最近、徐々に冷えていく極寒の冬のような経済情勢では期待するべくもありません。 昔は良かった。ならば、昔のものを買えばいいだけです。中古流通が発展していて良かったと思います。景気が低迷して、ひえひえの氷河期のようになると、 やはり中古市場のありがたさを身にしみて感じられます。 しかしいいですね。これだけ良い画質でPEN EEシリーズと同じサイズって。参りました。 正直、PENだけでも参っていたのですが、もはや、ひれ伏してしまいました。世界に名だたるメーカーだけのことはありました。
目測での距離測定なんて全く問題ない! スマホが登場した今、ゾナーレンズで開放で、撮影しまくれます。 もっと、F値小さくても問題無いですよ。 というくらい強気になれます。 なぜでしょう???ほんの少し前までは距離計がないことがものすごいデメリットて価値が低い、敷居が高い!マイナスポイント? ライカに負けるところでもありました。 ところが、スマホはすべてのものを駆逐する。 無料で露出計はもちろん。距離計まである今どきです。 当たり前ですが、アルゴリズムとしてスマホの本体に備わっている機能であり、標準APIにあるであろう関数でアプリから呼び出せそうな機能だったりしそうです。こんな単純なものは無料で使えるわけです。 スマホはで撮影するものは、露出、距離をデシタルに測定して 撮影するわけです。そのプログラムは本体に入っています。 それをいじるのがアプリです。もう電池を使っている昔のカメラなんて故障が多い分、いいことはあまりありません。電池も売られてない水銀電池だったりして、 代替品を使ってもすぐに電池が消耗したりしてほとんど使えないものです。PENなどのように壊れていないセレン電池のカメラはある意味、超優秀だと言えます。 →そう思ったのですが、ジャイロセンサー(重力センサー)によるスマホの傾き角度と背の高さから割り出したスマホの持ち位置から推測するアプリばかりで精度が悪すぎでした。目測の方が圧倒しています。 家でメジャーで0.9mを測ったりし、腕を広げた長さや、タイルは1辺が30cmであるとか、日本の金網やフェンスは1.8mごとに支柱が経っているということなどをかんがえれば、ほぼ、6mまでの距離表示しか無いローライ35の距離精度には充分でした。 F1.4とかではない限り、目測でもいけると思います。 しかし、ローライ35がライカに劣ることはありません。と言えてしまうところが恐ろしくもあります。 でも。背景ボケでピント面がシャープで完璧な写真を撮っても、デジカメだろ? と言われて終わりです。 ここは、わざと、デフォーカスにするのも一興です。 絞り開放で、ピントをあえて、だいぶ前方にして、逆光で撮影するのです。 すると、ぼけたまばゆい光に包まれた幻想的な写真が撮れます。 これは最短撮影距離が3.2メートルのPEN EEシリーズにはできません。 絞りは指定できても、速度が指定できないので開放で撮れることはないと思いますが、ボケがでやすいのは二メートル以内の範囲です。 さらにPENはレンズの焦点距離が小さい、かつ、開放F値が3.5ですので、 ゾナーレンズF2.8で1メートル以内の最短撮影距離、40ミリの焦点距離のローライ35の方が圧倒的にぼけた写真を撮りやすいと言えそうです。 ペンのライバルと言われたそうです。ローライ35が。 格が違う?値段も当時で六倍違ったそうです。しかし、その後ローライもRollei B35などと廉価版を出したことからもコニカC35、ミノルタ ハイマチックFなどの国産カメラに脅威を抱いていたことがうかがい知れます。
しかし、ペンはシリーズ累計1400万台、ローライ35はシリーズで200万台らしいです。 資本主義の考えではどちらが成功したかは明白で、ローライは企業としては一度、倒産していることからも、大衆の力を引き入れた日本企業の強さが示された結果となっています。 いまでは、国内メーカーが複数名門老舗の海外ブランドを名称使用しています。資本の力があれば名誉も買えるのか?というかんじです。 かたや、ローライはバブル向けカメラを作りしのいでいるようです。 金、プラチナ、、外装が宝飾品です。 でも、ペンはハーフサイズでも画質がいいようにレンズをテッサーにして、無理したわけですが、フルサイズならかなりいいはずだったかもしれません? OLYMPUSの35mmサイズのレンジファインダーもいいかもしれません。 また、国内で他にもコニカC35などのレンジファインダーがライバルだと言えそうです。 たしかにPENやこれらの国産カメラは他の国産レンジファインダー機とは一線を画しているかもしれません。 誰かローライを買うほどじゃないけど、っていう人が居たら、おすすめしたいです。ついついスペックへ走ると、レンジファインダーでも一眼レフと同じ レンズが付いた、一眼レフと同じ重さのものを勧めてしまいがちですが、そういうところに楽しみがあるわけではないんですね。 高性能だというレンズを積んだ国産レンジファインダーがたくさんありますが、一眼レフとくらべても上部のペンタプリズムの入る三角の部分がないのと、 ボディーが若干薄いということくらいで、下手をすると、だいぶ出っ張ったレンズがついています。 当時のカメラはたくさん売られていますが、どれも一緒に見えて写りや使い勝手なんて、オークションの写真を見てても分かりません。だいたい、大きさだって 写真じゃ分からないものです。比較対象があって初めて分かります。初めてPENの実物を見た時は冗談かと思いました。モックか?という感想でした。 そして、ローライ35はそのPENよりもだいぶ小さくなっています。
このフィルムが最上のフィルムに化けるかもしれません。
レンス清掃の様子 これも、チリやホコリのような汚れなので落ちると思ったのですが、全然、落ちませんでした。 曇りだったら、分かるのですが、チリゴミのような汚れが落ちないとは、、がっかりしました。 ただ、前軍3枚のレンズは、簡単にアクセスできましたので、分解の参考にでもなれば幸いです。
清掃前です。
こうやって見ると、綺麗です。
清掃後です。 綺麗になったように見えますが、全く変わっていません。写っていないだけです。 こんなチリのような汚れでも落ちないものがあるのです。
ゴム手袋+キャップです。
ボンド接着の銘板も外れてしまいましたが、その内側のリングだけを回します。
順番と向きを間違えないように、気をつけます。
たった、1つのリングでこれだけが一気にとれます。
オキシドールにつけました。
組立完成です。
ファインダー清掃の様子(失敗しました。下手にやらないほうがいいです。) はっきりいって、失敗しました。その失敗の様子と苦労を何かの参考にでもしていただければ幸いです。 結果:ファインダーがほとんど綺麗にならない、レンズが沈胴できなくなった。不明な小さな部品が出てきてしまった。組立てが分解よりも難しい。(バネなどを所定の位置にセットする必要があるため。) ファインダーの汚れなんて気にしない!普通は簡単なのですが、どうしても手が出せない場所があるという感じでしょうか? 私にはできませんでした。自信がない場合は、この機種のファインダーの汚れは、おとなしく我慢したほうがいいかもしれません。ほんとうに、苦労しました。やめておいたほうがいいです!!!
こうやってみると綺麗ですが、
これだけのホコリ、チリが付着しています。
清掃後です。 ふきたいところに届きませんでした。 ふきむら がのこりました。
このブロックを外すと、組み立て時に、ちゃんとロック解除とロック状態が切り替わるかを確認しながら組み上げる必要がでてきます。 ご注意ください。
まだ、早いです。 電池室を開けるでっぱりボタンをはずさないと、基板が折れます。
ゴム付きのラジオペンチのようなもので、ネジを緩めるように回すと外れます。
詰め込みすぎていて、私には手が出せません。
*これらのネジを外して、このカバーを外すと、バネが外れるので、組み立て時にバネをひっかけて調節しては組立てて最適な位置にしないとちゃんと動作しなくなります。 ご注意ください。
この時点でバネがはじけて嫌な感じがします。 組み立て時にはバネをどこかにセットしないとけないわけです。 ご注意ください。
なんだか分かりませんが、このLEDをつなぐ基板のせいで、ファインダーBOXが外れないのです。
本当はこんなところから掃除したくないのですが。
外れません。 無理したら基板が折れそうでしたのでやめました。 この前側のファインダーが2枚合わせになっているようで、その内側が汚れていたようです。 どうやってもアクセスできませんでした。 前側のボンドをはぎ落とすか?と思いましたが、頑丈すぎてダメでした。
テープを剥がしたのではりました。 このままではスプリングが外れたままです。
このバネの端を金属板のカバーの端に引っ掛けるところがあります。 さらに、このネジを回してバネにテンションをかけた状態にして組み上げていかないと、フィルム巻き上げレバーが自動で戻らなくなりました。
最後に直径2mm程度のこんな部品が残りました。。。。 失敗です。一応、撮影はできますが。。。
よくぞここまで戻ってくれた。 レンズは沈胴しなくなりました。 シャッターボタンを押し上げるバネの力が弱い?引っかかっているのが原因なのか、調子が悪い箇所ではあったのですが、今回の分解組み立ての間に動作しなくなりました。 また、使っているうちに沈胴するかもしれません。 これくらい全然、いいです。再び、組み上がっただけで満足です。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ