Categories: 写真の知識

暗いところでもISO100で撮影できるフィルムカメラ フジカコンパクト

FUJICA COMPACT フジフイルム業務用ISO100

FUJICA COMPACT フジフイルム業務用ISO100

暗いところでもISO100で撮影できるんです。写ルンです。

フィルムカメラのあのメーカーがやってくれました。これは真っ暗な海岸側にあり、伝統は上部に蛍光灯が1つだけです。

もちろん、フラッシュなんてありません。

デジカメなら、長時間露光でブレブレです。見ての通り、ブレるほど時間もひらいていませんし、三脚も使っていません。

ISO1600でも撮影できない条件です。ノイズもいっぱいでるでしょうそれがなぜ??

ということがあります。

現像したら、かならず、画像はフィルムに焼き付くわけで、それを今の高性能スキャナで読みこめばいくらでも解像します。これが恐ろしいのです。

現代のテクノロジーを使えば、フィルムカメラはフラッシュ要らずで、ISO100フィルムだけでよく、ISO100が一番綺麗に写せるという、さらに安い。

おどろきの状況になります。無理して高いISO1600フィルムを買う意味はここではありません。

FUJICA COMPACT フジフイルム業務用ISO100

FUJICA COMPACT フジフイルム業務用ISO100

FUJICA COMPACT フジフイルム業務用ISO100

ピンぼけは申し訳ないです。目測なレンジファインダーカメラですので。

しかし、これ、ほんとうに肉眼で見るのよりも明るく撮れてます。

要するに、凄い。ってことです。夜景なんかと同じレベルです。

This post was last modified on August 10, 2017, 10:11 pm

著者

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.