Categories: カメラ一般

味を求めるなら良いと思います。コダックゴールド

13日連続雨コンボ

これは人生初だと思う。さすがにストレスマックス限界である、近所でも主婦がおかしくなる、そういう事例が多発している。またうっとおしい、、そういう感じだ。まあ、もっともだろう、もともと低気圧が体に悪いと思い込み、干せないストレスは確実である、天気がよくたっておかしいものはもとからおかしいんだが、そうじゃなく、寒いんだ、今回は、

寒い雨+13コンボ、

これは凄い。ある意味記録だ、頭皮も痛い。

肩がコリっぱなしだなにもしていないのに。

キヤノンFDレンズ 50mm f1.8 フジフイルム記録用フィルム100

さて、天気が良かった時代の写真でも眺めてみる。いい景色だ。結婚式なんぞやる人もいたか、、、

まあ、この時代もまだ寒冷化が進み、雨が増え、寒さもましていたんだが、まだ、今ほどじゃなかった。フィルム現像をしている余裕があった。厳寒期だけは寒くてやらなかったが、雪が降っているときにフィルム現像をしたこともある。それくらいまだ、マシだったということだ。

雪が降るほうが温かい、そういう気がする。

日本は、世界一雪が多い国でもある。シベリア、ツンドラは寒すぎて、空気も凍る。

ニッコール Auto 50mm f1.4 コダックゴールド200

更に暖かい写真を。なにか、ノスタルジーのあるというか、画質は悪いのであるが、味はある。レトロと近い、現代デジタル時代だが、、、というか、コダックの一番安いフィルム、ペラペラである。フジと違う、フィルムなんて、普通は触らない。だから、みな、コダックいいよ。あじがあるよ。っていうが、舐めてみると味が違うらしいが、味はさておき、フィルムが薄いと現像するときに、きれいに伸びるんだが、なんか、損してる気分。画質が悪いと思う。

コダックでも白黒フィルムで好評のものは、フジなみに分厚い。これはかなり画質がいい。

高い値段払うときれいな画質になるが、正直、ここはいいやと思う。だが、このナチュラルなフォトショじゃ、再現しようとせず、自然に発生したレトロ感がいいのかもしれない。

レトロ写真って、以外にボロボロのフィルムから取れるのか?東ヨーロッパの昔ながらのフィルムが味があって大人気だ。画質は、、、、、、、、、、、、再現性が低い、ようするに悪い画質だが、それが味があっていいという評価だ。

フォトショでフィルタ欠けるのとは違う味を求めるなら良いと思います。コダックゴールド

This post was last modified on November 24, 2016, 9:13 pm

著者

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.