Categories: デジタル時代

不動産や飲食店の広告に使われる写真素材

不動産や飲食店の広告に使われる写真素材
これはいかにもよくあると想像出来ますが、不動産広告であれば広いリビングの写真に家族が笑っている団欒の風景などがあります。
大きい会社が広告費をかけて作るのであればモデルさんも呼ぶと思いますが、小規模な広告では、家は売るほどあっても写真に写せる人が居ません。
そのため、リビングだけの風景がうつされていることが多いかと思います。
たとえ、大企業であっても、戸建住宅の販売は、1部のブロックごとに建築、販売していきます。
「どこどこヶ丘、台10期販売会」などと、銘打って、すぐに完売御礼の札が出ていたりします。
こういうものに事前広告は必要ですが、そのためにモデルさんとカメラマンとデザイナーを使うコストは書けられないでしょう。
大きな住宅街でも、1回に売られている棟数は20棟以下のことが多いようです。
そういうときに、家族が団欒としている風景とフローリングの汎用的なリビングが背景に写っている写真があれば需要があると思いませんか。
また、カフェなどの飲食店で食事をしている姿の写真などは、食品販売の通販ホームページにおいて利用需要があると思われます。
そういうことを考えると、綺麗なカフェや住居などで撮影をしたいというのがストックフォトをやる人の願いだと思います。
ごくまれにですが、撮影目的に建物を使わせてくれることがあるようです。
そういう時は一人ではなく、たくさんのカメラマンが一緒に入ってきて撮影することがあるそうです。
イベントで撮影会を開いてくれたり、まとめて貸してくれたりするのでしょう。。。
そういう時は、他の人がやっていることを間近で見れるので大変勉強になりそうです。
ぜひ、行ってみたいところです。

レトロ商店運営者

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
レトロ商店運営者

『レトロ商店』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.