LEICA SUMMICRON-M 35mm f/2 ASPH.

 

↑LEICA SUMMICRON-M 35mm f/2 ASPH. のおすすめランキング、評価

  *投票をお願いします。


LEICA SUMMICRON-M 35mm f/2 ASPH. の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でLEICA 35mm 2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


LEICA SUMMICRON-M 35mm f/2 ASPH. のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でLEICA レンズフードを検索した結果。

メタルフード メタルレンズフード 67mm 各メーカー対応 ・・・
価格:1280 円

焦点工房厳選 ライカ(LEICA) レンズフード 12585・・・
価格:5800 円

焦点工房厳選 ライカ(LEICA) レンズフード 12564・・・
価格:5800 円

【F-Foto】 クラシックメタルレンズフード ブラック 5・・・
価格:1550 円

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Plana・・・
価格:64750 円

焦点工房厳選 ライカ(LEICA) レンズフード 12504・・・
価格:5800 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




LEICA SUMMICRON-M 35mm f/2 ASPH. カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!


LEICA SUMMICRON-M 35mm f/2 ASPH.の情報

  • 発売メーカー(Company):ライカ(LEICA)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):35mm
  • 絞り(Diaphragm):2-16
  • レンズ構成(Optics):5群7枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.7m
  • 重量(Weight):255g、340g (black anodized, silver chrome finish)
  • 対応マウント(Mount):LIECA M
  • 備考(Description):35mm判で使用しやすい標準レンズです。ライカでは50mmとともに35mmレンズも標準レンズと言えます。
    このクラスのレンズになると、撮像素子もフルサイズの35mmフィルムと同じ大きさになっているカメラで撮影することが多いのですが、ライカレンズ群の中で中心的なズミクロンという基本的な標準レンズです。

    基本的と言ってもライカのテイストを持った標準レンズは普通のレンズとは異なります。
    スナップ写真と言えども、これで撮影するスナップは普通の世界とは違った世界を写し、被写体も日常的なものではないものを撮影する、そんなプレミアムな世界の中での標準的なレンズです。やはり、住宅街の家の近所の風景を散歩がてらに撮影したのでは、このレンズの良さが発揮されないのかもしれません。しかし、それは、海外旅行などのような特別な状況で、そこで暮らしていない人の先入観のない目線で撮影した、切り取った風景が斬新であり、このレンズの表現力をもってして最高の写真となるような感じです。

    たとえ、国内の風景でも、海外からの観光で訪れた人が見た目線で撮影した写真は、住んでいるものが撮影した写真とは全く異なるものになると言えます。ただ、国内の風景は国内のレンズが得意で、海外の風景は海外のレンズが得意なような気がしてしまいます。こういう環境要因も大いにレンズの設計時の特徴付けに影響してくるかもしれません。設計者の成長時に受けた印象などが反映されていたはずですから、伝統を守れば、やはり、欧州の空気感が得意なのかもしれません。顔料、絵の具などでも、一般的な12色セット以外に、和の色というのが揃っていたりします。また、国によって色使いは異なってくるので、その土地のカラーというものがあり、それが子供の時に成長する時期に傾向を決めてしまうということは大きなことだと思います。それによって、海外の風景の色使いは、国内とは非常に異なっていることになっています。これらを同じ風景として、同じ特性のレンズで撮影するのでは向き不向きがあって当然であって、昔ほど西洋よりであったり、現代に進むに連れ、万能型になっていったりして、その分、クセが減っていくようなこととして現れていることが有ります。

    ASPH.は現代のクオリティーレベルでも最高の品質を堪能できますが、フィルム撮影などでもライカの醍醐味を味わえるものなのです。また、逆に、オールドレンズを使って、現行ライカ機に取り付けて撮影するということで、往年のライカテイストを楽しむこともできます。

*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Leica Summicron-M 35mm F2 ASPH ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






LEICA SUMMICRON-M 35mm f/2 ASPH. の口コミ、評判、レビュー、感想、故障修理のコツ!






 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com