Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f/2

 

↑Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f/2 のおすすめランキング、評価

  *投票をお願いします。


Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f/2 の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でSummar 5 2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f/2 のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でSummar レンズフードを検索した結果。

Leica レンズ フード for Leica APO-Ma・・・
価格:50046 円

Leica レンズ フード for Leica Summar・・・
価格:54347 円

【中古】 (その他) その他 Summaritレンズフ-ド【・・・
価格:7780 円

【中古】 (その他) その他 Summaritレンズフ-ド【・・・
価格:7780 円

【中古】 (その他) その他 Summaritレンズフ-ド【・・・
価格:7780 円

【中古】 (その他) その他 Summaritレンズフ-ド【・・・
価格:7780 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f/2 カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!



Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f/2の情報

  • 発売メーカー(Company):ライカ(LEICA)
  • 発売日(Release Year in Japan):1933年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):2-12.5/18
  • レンズ構成(Optics):4群6枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):1m
  • 重量(Weight):g
  • 対応マウント(Mount):LIECA L
  • 備考(Description):エルマーと共にズマ-レンズは初期のLマウントライカの標準レンズでした。この当時では、ほとんど家や土地と同じくらいの値段がしたということです。つまり、レンズ1本で家の上モノ、本体で土地という具合の値段だったそうです。物価と為替と両方、また、人口増加の前であり、土地の値段が極端に高くなかったために、まだ、こういうことが言えたのでしょう。よく当時、月給がいくらでいくら分で、、などという表現がありますが、サラリーマンなどという月給取りと呼ばれた人々はまだ珍しい時代だったくらいで、ほとんど農業、家内制手工業に頼っていた時代からまだ、間もない頃でもありました。ですので、大卒初任給が数千円という時代にもなる前、そもそも会社員というものがまだ居なかったので、その給与額が妥当かどうかも分かりません。そんな中で今のお金で言うと、、というのはナンセンスでもあります。多分、ウィスキー1本と同じくらいか、ワイン1本と同じなどというレベルで、胡椒が金と同じような値段だったとか、あまり意味が無い比較です。
    ただ、とにかく、ライカは庶民の手には届かないものだったのです。ソビエトで作られたコピーライカとしてゾルキーやフェドといったカメラが有名でそれに合わせるインダスターというレンズシリーズがあります。これはなぜか、ライカレンズとしては、Elmarに相当するものがあってそれ以外は、カールツァイスの類似となっています。ライカよりもカールツァイス、ドイツで東西分断がきっかけとなった事情などがありそうです。

    ソビエトのインダスターは形は似ていてもElmarとは違う構造でテッサータイプを適切に構築していたようですが、Elmarは少し違った設計をしていました。
    そして、Summarは4群6枚とエルマーやインダスターとは全く異なるレンズタイプであり、プラナーと同様にダブルガウス型のレンズでした。これはElmarよりも贅沢なレンズであることを表しています。実際値段も高かったようです。おそらく、当時はソビエト製カメラでも手が届かない存在だったと思います。そこに国産カメラメーカーが成功したチャンスがあったわけです。みな、こぞってゾナーとダブルガウスのレンズをあれこれして、収差を無くすように設計していきました。レンズ設計は、究極的には、印刷物の版への文字の焼付けや、半導体チップの基板の中の回路図を焼き付けるという用途に使われていきましたので、収差がないというのはとても大事であり、そのおかげでコンピュータテクノロジーの恩恵を受けているとも言えます。

    Summarはサマーではなく、ズマ-、ズマールと呼ばれています。中古でも基本レンズであるため、かなりの古さの割に流通していますが、ほとんどがキズ物であることが多いようです。OHされて磨き直され、綺麗になっているものも有ります。このレンズは前玉レンズがとても柔らかくすぐに拭き傷などがついたそうです。レンズの構造からしても前玉がかなりの曲面で飛び出し気味になっていますので、ぶつけたりしても傷がつきます。また、これらの貼りあわせレンズにおいては、接着剤が剥がれる、バルサム切れという症状がでていることもあります。レンズの場所にもよりますが、レンズの前玉が回転しないピント合わせ方式の場合は、前玉の中でも長方形の写真の形以外の場所にある問題は影響しないことが多いです。これを見極めて、いいものを安く買うしかありません。しかし、本当に、1933年から存在するレンズが無傷でカビや曇りを患っていないほうが不思議ですが、Elmarにはそこまでの問題レンズは見られず、Summarに多いのが顕著なことです。

*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Summar 50mm Lenses ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f/2 の口コミ、評判、レビュー、感想、故障修理のコツ!






 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com