Super-Takumar 50mm F1.4

Super-Takumar 50mm F1.4 の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でtakumar 50mm 1.4を検索した結果。

【中古 保証付 送料無料】PENTAX SMC Takuma・・・
価格:12980 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Super-Takumar 50mm F1.4 のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でPENTAX レンズフードを検索した結果。

【ポイント10倍!5月25日(土)0:00〜5月28日(火)・・・
価格:25320 円

ペンタックス PENTAX レンズフード PH-RBD49[・・・
価格:1987 円

PENTAX 06用レンズフード PH−RBA40.5
価格:1900 円

ペンタックス(PENTAX) 01用レンズフード MH-RA・・・
価格:2354 円

PENTAX/ペンタックス レンズフード PH−RBF49
価格:2529 円

【送料無料】PENTAX PH-RBD82 レンズフード【在・・・
価格:3726 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Super-Takumar 50mm F1.4 カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!


Super-Takumar 50mm F1.4の情報

  • 発売メーカー(Company):ペンタックス(PENTAX)
  • 発売日(Release Year in Japan):1964年-1977年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):1.4-
  • レンズ構成(Optics):6群8枚(groups,elements)、6群7枚(groups,elements)(new)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.45m
  • 重量(Weight):245g、238g、257gなど
  • マウント(Mount):P-mount (M42 screw mount)
  • 備考(Description):Asahi Opt. Co., Lnes made in Japan 表記。アトムレンズのものがあります。愛好家の調べたところによると、このレンズだけで6バージョン7タイプのレンズタイプが知られているようで、本当に奥の深いレンズとなっているようです。微妙な違いを調べるとキリがないくらい深いようで、数十本、このレンズを手に入れてようやく解明しているようです。
    まず、おおまかにいって、2タイプあって、前期タイプは8枚玉と言われていて6群8枚構成になっています。後期タイプは6群7枚構成になっていて、後群の2つ、5群と6群に酸化トリウムを混ぜたガラス、トリウムガラスを使用しています。これはガラスに酸化トリウムを加えると屈折率が高く出来き、ガラスの枚数を8枚から7枚に減らせたということが利点としてあるようです。また、タクマーレンズだけに限らず、他の国産レンズでもこの時代にはたくさんのレンズにおいて性能アップのために酸化トリウムが混ぜられたガラスが使われています。このレンズが最も話題に上がるのは、放出している放射線量がもっとも高いということのようです。それも現在ではガイガーカウンターをレンタルできたり購入できたりして、身近になってしまったので、実際に測った愛好家も居ます。また、心配な場合は自分で計測するということも考えられます。ただ、ものすごく計測器の警報音が鳴って、かなり不安になって、使用ををやめてしまうという例があるようです。トリウムレンズは混ぜ始めてから12年間使い、1977年のKマウントレンズが出てくるまで使われていたそうです。
    トリウムを混ぜたレンズとその周りのレンズは発せられる放射線の影響で黄変してしまうようです。これが酷いと黄色、というか、茶色がかった写真が出きてしまうとも言えますし、AWBで修正しても本来のコントラストの豊かさが失われるようなほど酷いものも有ります。実際にはこの写りの影響が問題となっていたのですが、昨今の状況では、俄然、放射線の影響のほうが取り沙汰されることが多いようです。

    中古市場では、トリウムを混ぜる前の8枚玉の方が2倍近い値段で取引されるているようです。
    これも考えようで、写りや性能に関しては、黄変という事以外を除けば、トリウムレンズの方が解像度やコントラストが高い、もちろん、そのために混ぜたわけですし、8枚から1枚減ったガラスのお陰で鮮明になったことは事実です。黄変は紫外線を当てると治るという話もあるようです。
    実際に、ライカレンズでは、トリウムが混ぜられていたごく僅かな期間に作られたごく一部のレンズが幻の名玉としていい伝えられているようです。これこそが伝説の名玉というにふさわしいようです。ただ、ライカは少しだけ使ってすぐに使用をやめ、日本のメーカーの場合はずーっと使っていたということで、トリウムレンズのほうが多いために、安価に扱われていることが考えられます。

    闇雲に怖がるのも賢い選択とは言えませんし、今ではどれくらいの線量が放出されているか、それも、距離によってどのように変化するのか調べてグラフにした愛好家も居ます。
    これを見て、良識のある人であるならば、どういうレベルでの放射線量かということがだいぶはっきりと分かります。

    「人体に影響があるレベルじゃない!」なんていわれてだれが信じられるか?画像診断や放射線治療で5%の確率で腫瘍が発生するなんて書いてある病院までありました。なんか、種類にもよりますが、20人に1人が腫瘍ができるものが腫瘍切除に使われているって、冗談みたいな話ですよね?保険まで認可されている。これがこの国。こんな国のレベルでレントゲンと同じくらいの放射線だから安全、なんて間違っていますね。

    自分で判断して、魅惑的な写真を撮れるレンズをゴミ箱に捨てるのか?幻の名玉とするのか?
    まあ、いずれにせよ、こういう物質を捨てていいのかという基準があったら、それも調べなければなりませんので、厳密に考えると、相当な壁がありそうです。ただ、世界一、高い放射線を放出しているレンズというのであれば、間違いなく、これから先、同じものは二度と製作されることは有り得ません。それはつまり、幻のレンズであるというわけです。

    たしかにこの時代のレンズは、他社製でも黄変したレンズが目立ちます。ただし、ものすごく、名玉だといいたいとてもいい写りをします。これが理由だったのでしょうか?わかりません。。。。

    でも、このレンズがそういう意味では、ライカの一部のトリウムレンズよりも、もっと、もっと、名玉なのではないかと思ったりもします。

*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Takumar 50mm f1.4 ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






Super-Takumar 50mm F1.4 の口コミ、評判、レビュー、感想、修理のコツ!






ブランド性
口コミ、評判
画質の精度
総合評価


 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com