SMC TAKUMAR 50mm F1.4

SMC TAKUMAR 50mm F1.4 の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でtakumar 50mm 1.4を検索した結果。

【中古 保証付 送料無料】PENTAX SMC Takuma・・・
価格:12980 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


SMC TAKUMAR 50mm F1.4 のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でPENTAX レンズフードを検索した結果。

【ポイント10倍!5月25日(土)0:00〜5月28日(火)・・・
価格:25320 円

ペンタックス PENTAX レンズフード PH-RBD49[・・・
価格:1987 円

PENTAX 06用レンズフード PH−RBA40.5
価格:1900 円

ペンタックス(PENTAX) 01用レンズフード MH-RA・・・
価格:2354 円

PENTAX/ペンタックス レンズフード PH−RBF49
価格:2529 円

【送料無料】PENTAX PH-RBD82 レンズフード【在・・・
価格:3726 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




SMC TAKUMAR 50mm F1.4 カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!


SMC TAKUMAR 50mm F1.4の情報

  • 発売メーカー(Company):ペンタックス(PENTAX)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):1.4-
  • レンズ構成(Optics):6群7枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.45m
  • 重量(Weight):g
  • マウント(Mount):P-mount (M42 screw mount)
  • 備考(Description):ASAHI OPT. CO., JAPAN 表記。Super Takumarを改め、Super Mult Coatedの略が表記されたモデルが発売されました。多層コーティングが施されたということのようです。レンズ構成、最短距離が、後期型super takumarと変わっていませんので、おそらく、同じものにマルチコーティングを施したというレンズなのだと思われます。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Takumar 50mm f1.4 ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






SMC TAKUMAR 50mm F1.4 の口コミ、評判、レビュー、感想、修理のコツ!



  • 使ったものだけにしかわからない、そんな小さな差というのが意外と大きいのがレンズの写りです。ほんとうに、室内で人工的なオブジェをたくさん撮り比べているようなものはほとんど、差異を見いだせませんでしたので、実際に買う、使ってみる、持ってみる、それをしないとわからないという結論に至りました。
    実際、持ってみても、他のレンズとどう違うか?明確に表現もできません。同じタクマーレンズでは、黄変しているかいないかくらいの違いはありますが、ほとんど古いものとこれとの違いなどは分かりません。ただ、他社、数社の50mm標準レンズを使っていくと、なんとなく、雰囲気がつかめてきます。クセというか、このレンズはこんなかんじか、、という性格のようなものです。作例というか、違いをわかりやすく確かめるのに一番いいのは、光が強く当たる場所での、自然物の撮影です。とくに細かいものがいいのですが、植物が最適です。植物や、土、落ち葉は、細かさが拡大すればするほど、原子レベルまで見えてくるわけですから、つまりは、ほぼ無限に等しい細かさを持っています。といっても、人工物も分子、原子は見えるはずですが、、とにかく、よくある時計などを拡大していっても、所詮は人間が造形したものであり、造りは大雑把すぎて、あまり細かいところは見えません。これでは違いが全く分かりませんが、植物は細胞壁までは見えるわけですので、圧倒的に数百倍細かい被写体だと言えます。これが雑草でも落ち葉でも、いたるところに転がっているわけですから、屋外で撮り比べたほうがいいです。また、光量も自然の眩しい光のほうが、ボケや光の玉などが出てきて、レンズの特徴を比較するにはいい撮影条件です。






ブランド性
口コミ、評判
画質の精度
総合評価


 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com