Auto-Takumar 55mm F2.2

ブランド性
口コミ、評判
画質の精度
総合評価

Auto-Takumar 55mm F2.2 の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でtakumar 55mm 2.2を検索した結果。
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Auto-Takumar 55mm F2.2 のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でPENTAX レンズフードを検索した結果。

ペンタックス(PENTAX) レンズフード MH-RE49 ・・・
価格:2948 円

【ポイント10倍!】ペンタックス MH-RE49-BK レン・・・
価格:3071 円

ペンタックス(PENTAX) レンズフード MH-RE49 ・・・
価格:2948 円

【ポイント10倍!】ペンタックス PH-RBK67 smc ・・・
価格:3840 円

ペンタックス PENTAX レンズフード RH-RA52[R・・・
価格:1976 円

PENTAX/ペンタックス レンズフード PH−RBF49
価格:2398 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Auto-Takumar 55mm F2.2 カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!


Auto-Takumar 55mm F2.2の情報

  • 発売メーカー(Company):ペンタックス(PENTAX)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):55mm
  • 絞り(Diaphragm):2.2-22
  • レンズ構成(Optics):5群6枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.55m
  • 重量(Weight):164g
  • マウント(Mount):P-mount (M42 screw mount)
  • 備考(Description):Asahi Opt. Co., Lnes made in Japan 表記。小さいレンズが多いタクマーレンズですが、その中でもさらに小さいコンパクトなレンズです。F2.2というスペックが特徴的です。スペックを優先していないことが数値からもわかります。おどろくべきことに10枚羽根絞りです。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Takumar! ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






Auto-Takumar 55mm F2.2 の口コミ、評判、レビュー、感想、修理のコツ!



  • ”小さくて、スペックも少し暗めで見るからに凄いぞという期待をもたせるレンズです。ライカの影響でしょうか、、、レンジファインダーの方ですが、もちろん。なぜだか、小さいレンズのほうが良く写るという不思議なことが起きていて、なんだか、そういう思い込みが深くなりそうです。もちろん、期待通りの驚くべき写りです。ボケは標準レンズとしては最高のレベルです。これが廉価版になっていく、F2系統、6枚玉というのがしんじられないくらいです。望遠の135mmのようにとろけるボケではありませんが、植物を撮影しても全く嫌にならない、ゴワゴワのないボケです。光の玉がたくさん出ても怖くありません。これはもはや、最高というしかありません。こういうのは、やはり、F2.2とか、55mmとか、最短が0.55mなどという、写りを優先して製作されたレンズであり、その後、最短を縮めたり、焦点距離を短くしたり、F値を明るくするというのは愚かなことだったなと思います。その変わりに写りが犠牲になっていたわけです。さらに、とてもシャープさもあり、これが???というのが感想です。個人的にはプラナーなんて、、、、というくらいに良いレンズです。ボケとシャープさ、両方共いいもので、やればできるんだという、オールドレンズ探しに期待が膨らみます。”








 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com