SMC TAKUMAR 135mm F2.5

ブランド性
口コミ、評判
画質の精度
総合評価

SMC TAKUMAR 135mm F2.5 の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でtakumar 135mm 2.5を検索した結果。

ペンタックスPentax Asahi Super-Takum・・・
価格:35640 円

【中古】 アサヒ TAKUMAR(BAYONET) 135m・・・
価格:21384 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


SMC TAKUMAR 135mm F2.5 のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でPENTAX レンズフードを検索した結果。

ペンタックス(PENTAX) レンズフード MH-RE49 ・・・
価格:2948 円

ペンタックス MH-RE49-BK レンズフード ブラック
価格:2948 円

ペンタックス(PENTAX) レンズフード MH-RE49 ・・・
価格:2948 円

ペンタックス PH-RBK67 smc PENTAX-DA★・・・
価格:3840 円

ペンタックス PENTAX レンズフード RH-RA52[R・・・
価格:1976 円

PENTAX/ペンタックス レンズフード PH−RBF49
価格:2398 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




SMC TAKUMAR 135mm F2.5 カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!


SMC TAKUMAR 135mm F2.5の情報

  • 発売メーカー(Company):ペンタックス(PENTAX)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):135mm
  • 絞り(Diaphragm):2.5-
  • レンズ構成(Optics):群5枚(groups,elements)、6群6枚(groups,elements)(new)
  • 最短撮影距離(Close Focus):1.5m
  • 重量(Weight):g
  • マウント(Mount):P-mount (M42 screw mount)
  • 備考(Description):ASAHI OPT. CO., JAPAN 表記。高級タイプの135mmF2.5レンズです。非常に薄いピント面と背景の盛大な溶け方が魅力のレンズです。海外からもボケ好きのレンズマニアに人気のレンズです。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Super-Multi-Coated TAKUMAR Lenses ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






SMC TAKUMAR 135mm F2.5 の口コミ、評判、レビュー、感想、修理のコツ!



  • ”やはり、標準タクマーの次にはこのレンズかなと、外せない一本です。M42マウントで集めるというのがまたいいものです。それじゃないと、なんだか、M42ってそれだけで引きこまれていく何かがあって、しかも、世界的にも通用するんですから、それがなんともいいことじゃないですか、それだからこそペンタックスがここまで進化できたことなのかもしれません。合併吸収されてもペンタックスの名前はいつまでも残り続けるそういうものです。でもタクマーという名前のほうがプレミアですが。そのうち、復刻するかもしれませんが。。”









 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com