フィルム写真、カメラ撮影で肩が凝る!

フィルム写真、カメラ撮影で肩が凝る!

肩が痛くて仕方ない。カメラを使うと肩がこる。昔のカメラほど重たい。よくこんなものを24枚撮るためだけに持ち歩いたもんだなと思う。今じゃ、すべての人のポケットにはカード型カメラ付き携帯電話付きディスプレイTVが入っている。しかも、財布より軽い。

人はなぜ苦労してまで安いものを買うのか?

ストレスが貯まると買うのか?まあ、いやな仕事をしたから買うとか、それもあるが、それは理由付けであったりする。まあ、それとは別に、すごい苦労して、多分、損してるんだけど、安く買うために努力して労力を使ってしまうことがある。

それは、たとえば、3万円であれば整備済みの中古フィルムカメラが買える。しかも楽に、。それは店頭販売だ。

それにひきかえ、オークションというものが一番安いが、大変だ。

これは非常に疲れる。

その1円にここまで工数を使うのか?と思うことがある。工数の方が高い。その間、なにか副業したほうがいい。

しかし、そうじゃないんだ。

この品物にかけていいお金はいくらだという相場感がある。

それを超える金は出したくないと思うからだ。だから、苦労してボロ商品で価値も低いものに、苦労してお金を使う。

ボロボロで500円の価値しか無いフィルムカメラが2000円で落札できたとしよう。

それを、整備済みピカピカでお店で買えたら、通販でもいいが、10000円だとしたら、

大抵の人は、ボロボロの安い方を買う。これは、そのカメラが2000円の価値しかないのか?ということか、相場は1万円なのか??とか、そういうことじゃない。

普通は、換金するすべがないので、消耗品となる。払った金は全部、消え去る。

それで得られるものは撮影という楽しみ。だけだ。

だとしたら、2000円でそこそこ楽しめて、8000円うかせたほうがいいとおもう。

これが、オークションで他のものだともっとシビアだ。

6000円を5450円で買うために苦労してオークションでがんばったりする。ここまでくるともう、、、、

だが、時間や疲労はしても人はやる。昔は、スーパーの安売りタイムにわざわざ買い物を行くようなことをしているのに、車で行くとか、、、本末転倒なこともあるんだが、なぜ、しかも、高い肉を買うから、結局、消費金額は多大。

いまじゃ、イオンなどは、配達してくれる。おどろいた。イオンのバックヤードが、ヤクルトのおばちゃんならぬ、配達員で溢れかえっているのだ。これすげええ。

安い肉を配達してもらったほうが、よほど安上がりなわけである。

これは悪い例だった。

違う、安い時間に安いものを歩いて買うんだった。

すると、体力、時間はかかるが、お金はうく。なぜこういうことするか?

って、それは日本が貧困状態だからだ。

一部の人だけが割高な金をもらえて、他の人は最低賃金の仕事さえも、非常にしばりのきつい条件で働かなければならない。

これこそが貧困日本だということだ。理由はともかく、たしかにバブルのころは裕福な国だったが、さすがに、30年以上経過したデフレで貧困になったわけだ。

そりゃ、リーマンを減らせば平均給与はあがるよ。そりゃ、仕事探す気が失せるほどブラックな目に合わされれば、求人数も上がるよ。失業率も下がるよ。

愚かなギミックで気がつかないだけだ。

それを物語るのがオクの存在だ。だから、オクで思い切り苦労して安いオンボロカメラを買ってみるといい。損したって思うかもしれないが、、そこで考えるといい、どうしてこんな得するつもりが、損してるかも知れない感じなの???

って、時間があってもそれを金を稼げることにできないわけだ。

この国の国民は稼ぐことを制限されている。ほとんどのひとが自由に稼げない。だから、かんたんに空いた時間で稼げる詐欺が横行している。ほんと愚かだ。PCビジネスが広がっているのに、いまだにそういうのが流行っている。

それは、すべて、人は自由に稼げない仕組みが官僚システムによって出来上がっているからだ。それによって、すべての国民を支配できるために、たくみにつくられている。

だから、それを認識するために、1本1円安い人参を買うのに、10km先まで行くほんとうの意味を考えてほしい。

つまり、稼ぐことができないように制限された国でいかに、どうやったら稼げるかということをかんがえる。ギャンブルか?宝くじか??

いずれも公共事業、国にまた吸い取られるだけだ。

だから、最低賃金で限られた労働条件で限られたお金を稼ぐだけしかない。それでさらに利益を得たいなら、錬金術でもするしか無い。

意外とかんたんだ。金はいろいろなものに含まれている。これを溶かして出して固めればいいわけである。よく、エアコンのはいかんを集めて、銅を販売していることがある。あれも錬金術だろう。

金属は溶かして再利用して利益が出る。これが素晴らしい。

何回でも使える、繰り返しても経費が増えない。自動、、

などを考えれば普通に考えると思う。

This post was last modified on 2017年8月10日 10:16 PM

著者

Share
Published by
著者

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.