フィルムカメラ入門-おすすめのフィルムカメラ、名機など-フィルムカメラ女子も

フィルムカメラ入門-おすすめのフィルムカメラ、名機など-フィルムカメラ女子も

フィルムカメラの楽しみ方

これにハマると楽しくて仕方がありません。

まず、フィルムカメラを楽しむために前提条件としておすすめなのが、

  • デジカメを結構使い込んでいること
  • フィルムカメラはデジカメと一緒に持ち歩く
  • 高画質はデジカメに、フィルムカメラには味のある写真を求める

おすすめのフィルムカメラ、名機

ものすごくアバウトに思いついたところをピックアップしてみました。

細かいどの機種などというのは中古、クラシックなので手に入りやすいものにもよりますので、ご自分のこのみのものを選ぶのがいいと思います。

正直なところは、35mmフィルムの場合はかなり画素が荒れる、当然のことでそのつもりで楽しむことが必要です。

しかし、それにしてもやはり、出来る限りいい画質が撮れたほうが気持ちが良いものです。

昔のものですと、やはり、どのカメラでもカールツァイスという名前が付いたり、これと関係しているレンズが着いているカメラがすっきりとした写りで、綺麗に見えます。とくに35mmフィルムという小さいフィルムの場合にはそのレンズの性能が問われる、中判カメラのレンズよりもシビアなのだと思います。

中判フィルムを使うカメラの場合は、およそ6cm×6cmのフィルム面で4倍近い大きさがあるため、かなりのアバウトなものでも、見れる画質となります。

3枚玉レンズというものでも全然、実用上問題ありませんというくらい、35mmフィルムカメラと比べると、本当に綺麗に見えます。

中判か、35mmか?ということでは両方持つことになると思います。遅かれ早かれ、どちらも欲しいと思うわけです。

  • ライカMシリーズ

  • Contax コンタックス(35mmフィルム)

  • Voigtlander フォクトレンダー(35mmフィルム)

  • Rollei35 ローライ35シリーズ(35mmフィルム)

  • ハッセルブラッド(中判フィルム)

  • Mamiya-6(中判フィルム)

  • オリンパスクロームシックス(中判フィルム)

  • Ricohflex(中判フィルム)

  • Rolleifex(中判フィルム)

適当に、リストアップしてみました。ほんとうに適当すぎてすみません。

ただ、何がいいか?と言っても、人の好みですので、あくまでも一個人の意見です。

カメラ 取引価格 女子度 コメント
ライカMシリーズ
高い

高いです。

古いほうがいいということで、マウントがLマウントのものがバルナック型ライカと言われ、さらにマニアックな人気があります。

本体だけでも高いのに、レンズもより高く、普通は買う人はごく限られた人だけです。

Contax コンタックス(35mmフィルム)
流通さえしていれば良いレンズと一緒に手に入れたいです。
Voigtlander フォクトレンダー(35mmフィルム)
同じく、流通さえしていれば良いレンズと一緒に手に入れたいです。
Rollei35 ローライ35シリーズ(35mmフィルム)
最近は数が減ってきているのか、結構高値になりつつあります。実は手ブレ防止にシャッター速度1段上げて撮ったり、目測で距離を測る技など、難しいところもあります。
ハッセルブラッド(中判フィルム)
高い
現在でも製造されていて、新しいものは高く、高品質さは確かです。
Mamiya-6(中判フィルム)
安い
安くて手軽に使える中判の名機です。
蛇腹カメラというジャンルではかなり突出しています。
オリンパスクロームシックス(中判フィルム)
安い
レンズがZUIKOレンズでとてもシャープでこの当時のものとしてはかなり定評があります。
Rolleifex(中判フィルム)
高い
(物によっては中)
言わずとしれた名機です。
状態が悪いとかなり安かったりします。しかし、カメラはレンズが全てだと思っています。レンズが曇ったものとは、拭いてとれるようなものではなく、コーティングの内部が曇っていることがありますので、手が出せません。
Ricohflex(中判フィルム)
安い

とにかく、安い、軽い!

それでいて、中判の魅力を充分に味わえます。
やすいといわれ、甘く見られがちな3枚レンズなどは実は、背景ボケが滑らかで、いいレンズだということで、あなどれないものです。

国産一眼レフ機、レンジファインダー機は除外してしまいました

頑張っている国産カメラなのですが、なぜか、だいぶはしょってしまいました。

いいものがあるのですが、オートフォーカス、自動制御のたぐいは極力ないものがいいと私は思います。

なぜなら、必要なものは、露出計ならスマホにありますし、フィルムで撮影する人が、手でフィルムを巻くのが面倒ということを言うことは無いと思います。

また、味があるかといえば、無いように開発する方向で作られていきましたので新しいカメラほど味は消えていきがちです。

そうはいっても、先立つモノがないと、、、中判カメラの方がお買い得?

どうみても、安いものから楽しめるのが中判カメラです。

最初に1本撮影して、その良さを楽しみつつ、安く済ませられるのは中判カメラです。

しかし、フィルムカメラにはフィルムという消耗品があります。これは全てを決定しますので、味がある、フジのなんとか、コダックのなんとかというフィルムがいい!と言い出すと、2倍、3倍とコストが膨らみます。

しかも、永遠にかかります。

これプラス現像代という甘く見れないコストがかかるものです。

維持費を考えると中判は高い!

そのため、35mmフィルムカメラを買おうとするが、いいものがない。カメラ本体が高い!

ということです。

フィルムを安く済ませるために高いカメラなのか?

その最終形がデジカメです。結局、高いデジカメ本体にお金を払っても維持費で取り返しているよということもあるものです。

そうなると、味を求めるのはやめて、レタッチソフトで味付けを覚えるのがいいとなります。

それはつまりません。

別に本体はなんでもいいんです。良いレンズがついていれば、、といっても、当時のレンズで突出しているメーカーがあって、そこに従うのが一番の近道となっているようです。

そのため、35mmはカールツァイス関連のレンズが着いているものという安易な発想になってしまいました。


もっとアバウトにおすすめのフィルムカメラは?

もう、ヤフオクを何十時間もにらめっこして、いや、何百いってるか、暇さえあれば、フィルムカメラカテゴリを見続けていて、ほんとうに頭がごっちゃになりそうな、国産カメラの同じ模様、微妙な差から機種の判断、こういうのが疲労の原因です。

そうです。ほとんどみんな見た目は同じで、個性がないという工業製品になっています。みんな工業製品なんですが、こういうのはある程度意匠性というのが欲しいもので、高いものはこだわっているみたいで、なんとかっていうデザイナーに頼んだカメラがこれです。

というのがありましたが、別にへー、プラスチックでちょっと形が変わっているかな?そういうことじゃあなくて、、と思います。

PENやローライ35、ローライフレックス、ハッセルブラッド、こういうのがほんとうのデザインじゃないかと、、ニコンFも入れておきます。

しかし、フィルムカメラって多すぎます。決められないですよ。

そこで1つだけ。

いや、いくつか。超具体的にいいますと、

・小さい!
11cm程度以内の横幅がいいと思います。

・軽い!
400g台以下がいいです。

・AFじゃない!

・ FLASHが付いていない!


・マニュアルでF値とシャッタースピードが変えられる!

これは必須です。

・できれば電池が無くてもシャッターが切れる!
上記を満たして、これを必須にすると、2つくらいしかないので、敢えて必須とはしなくてもいいかと思いますが、結構、不便です。

以上のことから、ジャンクじゃないローライ35を買えばそれなりに得られるものがあるはず?だと思います。

もしくは、国産の電池を使う、Eがついてたりするようなレンジファインダーカメラで、Cが付いているものはコンパクトの略で得てして小さいです。

だいたい各社からコンパクトシリーズが出ていますので、選べると思います。といっても、コンパクトはオートのイメージが強く、自分で好きなFとシャッタースピードに設定できる機種はごくごく限られて、5機種くらいになることでしょう。

ハーフ判はオート化が進み、探すのがむずかしいでしょう。

でも、AFとか、FLASHとかは少し、気分が削がれるかもしれません。

でも、フィルムカメラ最終期にナイスなカメラが発売されていますので、それはいいかと思いますが。ナチュラクラシカなどです。

やはり、自分で設定をいじって自分の求める写真をとった時の喜びが一番大きいので、こういう出来る限り古いタイプで、コンパクトなものがGOODです。

スペックに釣られてレンジファインダーでも、一眼もどきみたいなものはおすすめできません。

800gあります。重いのなんのって。

気合を入れて、1時間に数百枚撮影して、その場で撮影したものを見れるのであれば、そういう重さに耐えられます。

しかし、少ない枚数、見れない!

自動的に、他のことがメインで、他のこともしながら、気が向いたら写真をとるスタイルになるとおもいます。こういう場合、不可能に近いです。

この重さは。しかも、金属とガラスなので、小さくて重くて、首にずっしりとストラップが食い込む感じ。また、バランスが悪い、ボディグリップが小さいのに重いので、ホールド感がすこぶる悪いのです。

また、意匠性の排除のため、直角、まっすぐ、フラットなので、持つことは考えていません。と、思われるので、辞めたほうが得策です。

それなら、一眼レフのほうが、いっそ、いいです。ニコンなどのプロ機でも買って、フィルム自動巻き上げ機を付けて、連写して、数百枚くらい撮影していくというほうがいいかもしれません。少なくとも、撮影のしやすさ、楽しさではいいと思います。

なぜか、重いレンジファインダー機にかぎって言うと、結構、撮影するのが苦痛になることがあります。

しかし、これだけカメラ機種があって、上記条件を満たすものが5機種以下って、一体、、、、何をやっていたんでしょうか?厚いようでそうでもない国産製、ブランドものとの差がここにあるのかもしれません。

つまり、上記に気をつけないと、300機種買っても、満足の行く機種に5個であるかわからないということになってしまいかねないこともあるのです。オークションでは大きさは分かりません、重さも、機能も、、、 、

そうなると、その五機種が数十倍に値上がるところですが、今のところ、数機種は10倍位であとはまだまだ、底値です。早く見つけないと、そのうち入手不可の機種になるかもしれません。

安い!おすすめのスマホ写真プリントサービスは?

おすすめのスマホ写真プリントサービスではスマホのプリントアプリから簡単に注文することができます。ネットでは安い写真プリントサービスが無料のフォトブックが貰えたり、ケーキにプリントして指定日に到着するように発送することもできます。

No.1 MyBook(マイブック)

『MyBook(マイブック)』

マイブックは2000年12月からフォトブックを印刷するサービスを開始している老舗の写真プリントサービスです。

*利用実績40万人・累計500万冊超、東証マザーズ上場企業です。

No.2 プリントラッコ

『プリントラッコ』

プリントラッコはこだわりの銀塩プリント方式で注文の翌日出荷となっています。

*銀塩プリントは水に濡れても平気なフイルム時代の写真とおなじプリント方式です。

No.3 primii(プリミー)

『primii(プリミー)』

初心者向けの写真撮影の撮り方を学習することができるサイトとなっています。撮影した写真は安い値段でプリント注文することができます。

No.4 プリロール

『プリロール』

プリロールはケーキ屋さんがプリントするサービスです。定番アニメのキャラクターをプリントしたり、自分の写真をプリントすることができます。オフ会やアニメ好きの友人にケーキを注文するととても喜ばれます。

No.5 しろくまフォト

『しろくまフォト』

しろくまフォトは仕上がりの速さと簡単便利なスマホアプリが特徴的な写真プリントサービスです。写真プリントだけでなくポストカードや年賀状のデザイン、注文ができます。

おすすめのVODに申し込んで無料でスマホでドラマを見る方法!

VODに申し込むと無料期間が付いているものが多くあります。スマホでドラマを見たいならVODがおすすめです。

No.1 dTV

『dTV』

ドコモのVODで12万作品が500円(月額)で見放題となっています。31日間は無料のお試し期間となっています。

This post was last modified on 2019年6月13日 8:41 AM

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
retoro

『レトロスマホサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.