バフ、デバフ効果を打ち消して素のステータスで勝負する。-キングダムコンクエスト

バフ、デバフ効果を打ち消して素のステータスで勝負する。-キングダムコンクエスト

人気のシフト、トリックスキルですが、バフ(強化)、デバフ(弱体化)とあります。

アサルトシフト
アサルトトリック

ディフェンドトシフト
ディフェンドトリック

マインドシフト
マインドトリック

ラピッドトシフト
ラピッドトリック

これらがとくに人気なようです。

マインドシフトで上昇させてから、アサルトシフトをかけると、攻撃力が非常に上昇します。

今の仕様で、3倍~10倍くらいにはなるのではないでしょうか。

10万攻撃力が増加したと表示されると心地良いし、相手がかけた場合にはびびりますが、そのような数値は無視していいようなところがこのゲームです。

将来的に、バフ、デバフ効果が数値の引き算になったりしたら、影響しますが、って、すぐに変わるかも知れませんが。。

とにかく、現状は、1でもいいから攻撃力を下げれば、10万上昇した攻撃力は無効化、打ち消しできます。

そういうことを考えると、全く、意味がない数値です。

なぜかというと、LV9土地やデブリスタワーへ攻めると、スキルが多すぎて、味方もスキルが多いですし、なにがなんだか訳がわからないんです。

あんな、数字がいくつとかってあっても、5000UPだろうが、50000UPだろうが、別にどっちでもかわりありません。

とりあえず、9999匹しかいないですし、素の防御力など、5000もあればいいほうで、一撃で消されてしまいます。

一撃っていういところが、ポイントで、バフ、デバフがかかったかどうかだけで決まっているということになります。

ですので、現状は、数値は関係ありません。という感じしかしません。変わるかもしれません。

昔のように、マインドシフトで最低ダメージで相手を倒すという方法があった時代は、数値は重要だったのですが、今や、1万以下の防御は無意味にさえ感じます。200でも変わりはありません。でも、心配性なので、無理して1000くらいまであげてしまいますが、ほんとうは意味があるのかもしれませんが、意味が無いのでしょう。

元から低い防御力の伸びの魔獣を無理して伸ばそうとしても無駄にSPをつかっているだけです。

1000くらいまで上げられそうな見込みがあれば上げてもいいかもしれません。なにかの拍子に1000が、3000くらいにアップして、敵の攻撃力のバフ効果が切れて、5000くらいの攻撃力に下がった時は意味があるかもしれません。

あくまでも、勝てる確率を少し上げるための行為です。確率を遊んでいるだけなのかもしれません。

確率を上げるためにどうすればいいか考える、戦略シュミレーションゲームだとも言えます。

囲碁や将棋のように考えるゲームです。反射神経や運動神経で遊ぶゲームでは無いと言えます。

そのため、強くなりたければ、確率を計算するのが一番なのでしょう。おそらく。

これはお金をどうやって儲けるのが一番効率がいいのか、仕事の効率を上げるためにはどうしたらいいのか?という、世の中の常識とマッチしています。

おそらく、考えることは無駄にはならないと思います。考えること、計算するメソッドを考えることを習慣づけること、これらが、人生のあらゆる局面において、プラスに働くことが多いと思います。

話はそれましたが、スキルが増えて、スタンとかサイレンスとか、、、、、色々ありますが、これ以上増えても、処理しきれません。。。

結局のところ、これ以上は増やしてもユーザー負荷が増えるだけであまり変わりはないと思います。

将棋がシンプルなルールでいまだに長い間、プレイされている、トランプがまだ熱いのには、いいものシンプルでいい、面白いものは面白いんだという、普遍の法則があるのでしょう。。

下手に後付けルールやローカルルールを付けられたりしたら、面白くありません。

ましてや、将棋の駒が増えていったら、本当にこまります。コマを増やすよりも、絵を綺麗にして、価値あるものにすることのほうが、ユーザーが楽しめる秘訣じゃないでしょうか。

今時のゲームのキャラクターには、かっこ良さ、威厳、風格みたいなものを求めるのは無理になりましたが、ここはぜひ、カードゲームなのでカードの絵と、文字列も含めて全てのデザインを最大限、クールなものにしてほしいものです。

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
retoro

『レトロスマホサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.