Categories: 写真の知識

デジタル写真データなんて長期保存できない!フィルムで保存されているという事実!

デジタル写真データなんて長期保存できない!フィルムで保存されているという事実!

富士フイルムは絶対に倒産しませんね。それはさておき、コダックも残るか、というか、フジフイルムが世界中のフィルム生産を引き受けるかもしれませんが、フィルム需要はなくなりません。

庶民の考えじゃ、フィルムなんてって思います。デジタル画像は、すぐに消えるってわかりますが、個人の記念写真や、SNSなんて知ったことはないというのが未来人の話でしょう。しかし、映画の映像はNFCという美術館で残されるそうです。100年は実績があるわけです。

そこでは、まず、フィルムにて保管するとのこと。デジタル動画をフィルムに焼くんです。

凄いですね。

これはやはり、保険や裁判の証拠など、、フィルムだっていうことになっていますが、そういうのは古い日本の事情かと思いきや、、、

あの、動画なんて面倒なものまでフィルムにせよというのであれば、やはり、これは保存には絶対的な強さがあるというわけです。ほんと情けないですね。

デジタルにうつつを抜かして、写真はプリントしましょう。だから、写真専門のプリント屋が潰れないわけです。

個人でHDDバックアップは何個ありますか??

うちは、3媒体以上やっています。

でも、それは業務データの考えでやっているわけであり、一般家庭ではやりません。きっと。

だから、印刷、印刷、、

ってことですね。

最高なのは、フィルムで最初から撮影してあるものがいい。

ネガはデジタル処理が必要であり、薬品がいるわけですが、ポジは光さえあれば透過できます。

凄いですね。印画紙よりフィルムなのか、、

ネガよりポジなのか、でも、ネガ保存って書いてある、裁判所の決まりとかは、日本のおきまりの事情ですね。ポジにしたほうが最低限可能なのですが。

いや、目からウロコ、冷蔵庫からフィルムでした。

This post was last modified on November 24, 2016, 9:12 pm

著者

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.