Categories: 写真の知識

デジタル一眼レフカメラは無くなるのか?

二強以外のカメラメーカーは、一眼レフを辞めるのか?

もう、言葉がややこしくなって、下に見られたくないあまり、無理からな名前が乱発しています。

もうこの時点で終わったなという感じです。

おかしなキャッチフレーズが着いていて、広告が最近異常に増えています。軒並み、やばいと思ったメーカーの最後のマーケティングとも感じられてしまいます。

にしても残念。

昔は海外のものだったカメラを日本メーカーが取って代わり、そして今、ほとんどが合併していき、生き残りは2社となりつつある一眼市場。

もう、なんとかな一眼レフ、、とか一眼レフのレフがないのに、一眼って無理やり付けるための名称とか、かなり悪影響です。ユーザーに明らかに、 だめな要素として伝わっています。

もうだめでしょう。景気回復どころか、存亡の危機にさえあるような政治情勢で、これがカメラごときに、などというようです。

しかし、カメラは日本の製造業の元を作りました。

戦後、戦前から、、カメラをきっかけとして、原資を得てそこからどんどんと電機メーカーが生まれてきました。

そんな中、カメラを撤退するメーカーは数多く、撤退したメーカーはオリジナル、独占状態の得意な製品だけ残して、せいぜいコンピュータ作業という人件費 工事ビジネスみたいなことをしてお金を得てしのいでいます。

もう、まともにものを作って売れていくという時代はおわったようです。

なら、仕方ありません。

海外ではとっくに終わっているわけで、まあ、たまたま、国内では運がよかったんでしょう。

しかし、形を崩したカメラは終わりです。おそらく、誰もがそう思っている。

そうやって、どんどんと一眼レフ事業から撤退していく。まるでフィルム事業撤退のように。

なんで????????????

って、重いんですよ。一眼レフが。高いんですよ。

プロじゃないんですから、一般人は。あんな1.5kgくらいのもの、20万円くらいのカメラなんて使うわけ無いですよね?

かといって、プロが20万円のコンデジのようなフラグシップモデルを使うわけもなく、、、

値段的にはプロ用の値段なのに、お散歩カメラの仕様、外見、作り、、、、これはいけないですよ。。。。

せっかく、コンデジでもうけたのに、全部投げ出すのか?せっかく、半導体でもうけたのに、、、、

まあ、余裕があるから新製品開発に走るわけで、同じ一眼をやっても二強には勝てない!

それが答えでしょう。じゃあ、綺麗に撤退したらいいわけです。

なんというか、いまだにフィルムメーカーが残っているこの現状に一体何を思うんでしょうか???

国内では、ライカというカメラの人気が半端ない!

それもフィルムがいいと!値段は、各メーカーのフラグシップ機よりもたかいです。

こんなことでみなライカという名前をレンズにつけ始めました。

そうじゃない、、、、

まず、レンズの規格が悪い!

なにより、統一しなかったことが大問題。

もっと、考えて共通規格2つくらいにしたらよかったのにと思います。

それが業界のためでもあったのに、、、

あとは過去のレンズ資産やカメラを全く残していない製品開発。

ニコンだけはそれを守っていますが、他はだめです。

ひどく変わっています。これだけかわったら損するはずです。

ガラパー化するのは目に見えています。

業績が危うい、3位以下のマウントなんて買いたくないでしょう。。。普通は。

ある日、撤退。もう、レンズもガラクタになる!!なんてやってられないです。

フィルムカメラの終焉はデジイチの性能向上でしたが、

デジ一の終焉は、技術の停滞でしょう。もう、これ以上綺麗な写真を撮るすべがなくなり、

また、自動化したのはいいけど、面白みがなくなり、カメラが複雑で重たくなった、、、、

レンズの性能をスペック表だけで研究開発してきた、、、、

などとあり、つまらなくなった!ということでしょう。

でも、だから、業務用を開拓したメーカーは残ります。キヤノンはすごい。営業が。

ニコンも凄い。NASAが発注したり、、、

そんなことが大事なわけです。。また、なにげに一番大事な部品を作っているメーカーが影でほくそ笑んでいます。

安い!おすすめのスマホ写真プリントサービスは?

おすすめのスマホ写真プリントサービスではスマホのプリントアプリから簡単に注文することができます。ネットでは安い写真プリントサービスが無料のフォトブックが貰えたり、ケーキにプリントして指定日に到着するように発送することもできます。

No.1 MyBook(マイブック)

『MyBook(マイブック)』

マイブックは2000年12月からフォトブックを印刷するサービスを開始している老舗の写真プリントサービスです。

*利用実績40万人・累計500万冊超、東証マザーズ上場企業です。

No.2 プリントラッコ

『プリントラッコ』

プリントラッコはこだわりの銀塩プリント方式で注文の翌日出荷となっています。

*銀塩プリントは水に濡れても平気なフイルム時代の写真とおなじプリント方式です。

No.3 primii(プリミー)

『primii(プリミー)』

初心者向けの写真撮影の撮り方を学習することができるサイトとなっています。撮影した写真は安い値段でプリント注文することができます。

No.4 プリロール

『プリロール』

プリロールはケーキ屋さんがプリントするサービスです。定番アニメのキャラクターをプリントしたり、自分の写真をプリントすることができます。オフ会やアニメ好きの友人にケーキを注文するととても喜ばれます。

No.5 しろくまフォト

『しろくまフォト』

しろくまフォトは仕上がりの速さと簡単便利なスマホアプリが特徴的な写真プリントサービスです。写真プリントだけでなくポストカードや年賀状のデザイン、注文ができます。

おすすめのVODに申し込んで無料でスマホでドラマを見る方法!

VODに申し込むと無料期間が付いているものが多くあります。スマホでドラマを見たいならVODがおすすめです。

No.1 dTV

『dTV』

ドコモのVODで12万作品が500円(月額)で見放題となっています。31日間は無料のお試し期間となっています。

This post was last modified on 2019年6月13日 8:27 AM

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
retoro

『レトロスマホサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.