Categories: デジタル一眼カメラフイルムカメラ

デジタル一眼レフカメラの売上げが減少しているらしい-フィルムに戻る人が増える?

デジタル一眼レフカメラの売上げが減少しているらしい-フィルムに戻る人が増える?

コンデジの売上減少

これは予想通り、スマフォの大幅増により減少したことは確かです。

昔は小さい薄い、軽いがコンデジの目標でした。そして、今度はWifiでスマフォに転送することが目的となっていました。

つまりは、スマホからのSNS投稿が目的かと思われます。

スマホで加工アプリまであるので、また、スマホサイズでは十分に小さい画像でよく、細かい画質は無視されます。

また、SNSでも画像をアップする時に勝手に小さくしてくれます。やたらとただでかい写真をとるだけのコンデジの進化は意味がなく、スマホで手軽なほうがいいようです。

一眼レフの減少

これはもう頭打ちです。

物珍しさもなくなり、強健で壊れない。

ということが理由でもなく、撮るものがないからです。

普通に生活していると、撮るのなんて土日や休みで、一日、日帰りが限度で、被写体に何かを求めるのも難しく、何かをやりながら撮ることになり、撮るものがないからです。

撮るものがないと、カメラにこだわり、ライカで撮ったらどうなるんだろう?カールツァイスで撮ったらどうなるんだろうという撮り比べが楽しくなります。

しかし、それが買えないというのが普通でその時に、保管されたままカメラは眠りにつきます。

今では、Webでマスコミが紹介する写真でさえ、ユーザーがスマホで撮った画像があったりします。ネタとしては新鮮なほうがよく、決定的瞬間を捉える場合には、カメラは向かず、携帯が携帯されているカメラなので撮り逃しません。

別にそれでハイクオリティな写真をとっても、ほんとうにやることがありません。

自己満足で、ありふれたものをハイクオリティで撮影すれば、同じものをだれかが撮影した写真と同じものができて、それに近づいてよかったです。というかんじになるだけです。つまりは、自分の撮影テクニックが一通り揃ったと確認できるような感じです。

その後に、目的をもってなにかを撮影できればいいですが、何かをとることはなく、少子化で家族写真もあまり撮る機会もなく、そういう機会に駆り出されることもなくなりました。

では、結婚、子供の成長、何年後、、、と、撮影し、家に飾っていくというそういうことは、昔はありましたが、今では、ほとんどありません。まして、写真館に行って撮影して額に飾るくらいするという習慣をもっている人達くらいは、そうやって家の中に額入り写真が増えて、壁という壁に写真が増えていくかもしれませんが、それも、一時的なもので、一定期間でやめることが多いと思います。

そういうことで、人物でも、風景でも何も撮るものがない。

もちろん、通りすがりの人を写真に写り込ませることもいけないことです。というか、よくわかりませんが、それをどこかに公開するといけないんだと思います。

となると、こんなに人が居ないはずのない場所で写真が撮れなくなり、その利用が制限されます。

渋谷の交差点でどうやって、人を写さずに撮れというのか?一眼レフで撮られたと感じた人は、怒りだすかもしれないですし、何をされるか分かりません。とてもできません。

さて、そういうこともあり、デジカメメーカーは数を減らしてきましたが、それでも、最後の砦のような感じのメーカーが苦境に立たされているようです。

これはもう、どうにもできないことです。

もう、カメラがどうこうじゃないのです。

カメラでやることがないからです。そういうわけで、もう、あまり、売れないと思います。今のままでは。

フィルム撮影は別の作業

フィルム撮影はデジカメ撮影とは違う行為です。

強いて言えば、デジカメはコピー機に紙をセットして、枚数を選んでボタンを押す作業ににています。コピーに価値が減り、コピー代金もとれない時代になっていて、無料にしているところさえあります。

フィルムは、コピー元の原画を入手する行為です。

そして、自家現像は原画を作る作業です。フィルムスキャナーはデジカメです。つまり、フィルム撮影は、デジカメ撮影を含む、他の行為をいくつも盛り込んだ楽しい趣味なのです。

そして、習字や絵のように同じものができません。

同じように見えても、自家現像でアバウトにやってみると、道具によって差がでたりしますし、素材によっても風合いが変わります。

これらは別に、普通のモノがかっこいい趣味の写真になるため、被写体を選びません。

そういうわけで、カメラメーカーはフィルム+自家現像セットを出すしか無い、それができないなら、カメラをやめて、映像機器の1つとして、業務用に提供するだけにとどめるのがいいかもしれません。

とりあえず、カメラメーカーのフィルムスキャナーがあったら、みな買うでしょう。手軽な現像セットが売られていたら、フィルムを始めるでしょう。

フィルムメーカーも他のものばかり作っていないで、フィルムをもっと作るでしょう。そんな儲かるからといって他のジャンルをやっていると、出すぎだと言われて痛い思いをすることになります。それでフィルムに専念するフィルム専業業者になってくれたらありがたいですが。

そういうのも経済の安定があってこその話で、いつどうなるかわからない状況ではまず、ありません。また、そういう不況のときほど、デジタルデータより、紙写真のような形になるものの方が、保全性が高く、人気が出てきます。

うちにも、数世代前の写真がありますが、ものすごく強烈です。撮影にお金をかけている、そのための集まりがお金がかかっている、大勢の人が集まっている、これだけのことが起きた原因もとても大変な理由があったからです。不安定な状態であり、いつどうなるかわからないという時には、人は記念写真を撮っていくのだと思いました。

70年くらい経っている大昔のものですが、大判から中判のモノクロ写真で、クオリティーは今の、少し前の35mmフィルムよりはずっと上のように見えます。

それが保存されて残っているというのですから、とにかく、デジタルがいいという思い込みははてはまらないようです。

This post was last modified on 2018年11月1日 8:45 PM

著者

Share
Published by
著者
Tags: カラー現像カラー現像 廃液カラー現像 手順カラー現像 自宅カラー現像 薬品カラー現像キットカラー現像液モノクロ現像モノクロ現像 ヨドバシモノクロ現像 安いモノクロ現像 自宅モノクロ現像 薬品

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.