Categories: デジタル時代

ストックフォトで自分の写真を売ろうとするのは無意味か?

ストックフォトで自分の写真を売ろうとするのは無意味か?
昔、とあるストックフォトに登録して、販売のため審査をお願いしました。
その時はかったばかりの一眼レフで撮った写真を送りました。
しかし、最下位機種でした。最安の機種です。
見事に審査で全落ちしました。
それから数年後、カメラが悪いと思い込んでいたのもありますが、同じサイトへ審査をお願いしました。
カメラは新しく買いました。しかし、市場ではまた最安値で取引されています。
がっかりとしましたが、性能は充分にいいものでした。
そして、新しく買ったカメラで軽くとった写真を送ると、審査が通りました。
なぜ?カメラがいい?
いや、この期間に自分は数万枚か写真を撮っていました。それもちゃんとWEBで使うために必要な写真をとることを意識しながらの撮影でした。
たとえ、コンデジで撮っていても練習にはなるものです。
一眼レフを買って、よくある感じに背景をぼかして撮ってみると、自分でもびっくりするくらい良い感じにとれました。構図のとり方、被写体の瞬間の動作をとらえる、光の加減、トリミング、色の調節、、、
複雑なことをやっていたようです。たしかに、いまは何十枚撮っても、使えるかな?っていう写真が1枚くらいしかありません。
やはり、目的を持つととても洗練されるものです。

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
retoro

『レトロスマホのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.