Categories: デジタル時代

クラッシュオブクランズ Clash of Clans これ考えた人天才か?

クラッシュオブクランズ Clash of Clans これ考えた人天才か?
というくらいにはまります。
超単純です。
オセロやポーカーくらい。
いいすぎですが、なんにも変化がない対戦をするんですが、
何回も楽しめる。
相手の陣地が違う。
相手の戦略が見えて面白い。
キャラの動きがコミカル。
そう、まるでアニメを見ているような繊細なモーションとグラフィック。
ストレスのない動作
こんなに早いレスポンスみたことがない。
最近は超人気で、重いときもあります。
今までストレスが強いゲームは日本のソシャゲーでした。
おそらくもっとも強い。ストレスから逃れるために課金せよ。というかんじです。
また、苦痛で麻痺させて感覚がおかしいところにOKボタンを押させる。
海外のゲームは違う。
ソシャゲーなんて日本でしか通用しない、それくらい陳腐だとおもいます。
今までで一番、ストレスレスなゲームはUSからあったのですが、それも、機能追加でだるい部分がふえ、だめになりました。
しかし、今回のクラッシュオブクランズは、極限の低ストレスです。
フィンランド。
社会保障。税金が高くても日本とは違い、安心して暮らせる。
市民が政治を行っている。日常的にかけもちで公的な仕事をやるようです。
まー、いいさ。っていう感覚があらわれています。
強奪ゲームと言っても、全部、奪われるわけじゃありません。少しだけです。
やさしさがあります。
日本のゲームで、一度負けたら残りのプレイ時間ずっと、奴隷状態というのがありました。
1万払った人がこうなったらくやしいから、もっと課金してつよくなる。
それでいくら儲かったことか。
このクラッシュは全然、次元が違います。
ゲームでも社会保障が充実です。

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
retoro

『レトロスマホのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.