Planar T* 1.4/50 ZF.2、ZE

 

↑Planar T* 1.4/50 ZF.2、ZE のおすすめランキング、評価

  *投票をお願いします。


Planar T* 1.4/50 ZF.2、ZE の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でPlanar 50 1.4を検索した結果。

ソニー / SONY Planar T* FE 50mm F・・・
価格:160850 円

カールツァイス PLANAR T*1.4/50 ZE 《納期・・・
価格:67900 円

【納得の3年保証付き】[SONY]Planar T*FE 5・・・
価格:166510 円

《新品アクセサリー》 Carl Zeiss (カールツァイス・・・
価格:8780 円

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Plana・・・
価格:67900 円

ソニー SEL50F14Z 交換用レンズ Planar T*・・・
価格:169533 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


Planar T* 1.4/50 ZF.2、ZE のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でZeiss レンズフードを検索した結果。

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Plana・・・
価格:64750 円

COSINA/コシナ レンズシェード 1.4/55 Otus・・・
価格:19281 円

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Biogo・・・
価格:82920 円

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Biogo・・・
価格:82870 円

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Biogo・・・
価格:89160 円

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Biogo・・・
価格:82870 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




Planar T* 1.4/50 ZF.2、ZE カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!



Planar T* 1.4/50の情報

  • 発売メーカー(Company):カールツァイス(Carl Zeiss)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):67000円
  • 焦点距離(Focal Length):50mm
  • 絞り(Diaphragm):1.4-16
  • レンズ構成(Optics):6群7枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):0.45m
  • 重量(Weight):330g、380g
  • 対応マウント(Mount):Nikon F Mount、Canon EF Mount
  • 備考(Description):ニコン用とキヤノン用の製品があります。9枚の円形絞り羽根により、絞ってもきれいないボケが作出できます。また、軽量化できたことも1つのセールスポイントのようです。開放での柔らかい撮影でポートレート撮影に適し、F4以上に絞るととてもシャープに写すことができるといいます。
    現在流通しているプラナーは、中古市場を含めると、日本製造一眼レフマウントのプラナー、ソニープラナー、ドイツ製のプラナー、ローライ製のプラナー、他にもあると思いますが、大変多くなっています。また、カール・ツァイスレンズは、ソニーのカール・ツァイスレンズ群もありますが、本レンズは日本製造のカール・ツァイス製のレンズです。

プラナーの歴史

プラナーというレンズ群は、1896年にカールツァイスのパウル・ルドルフ博士により発明設計された、前群と後群がほぼ対称的に並んでいるレンズの構成の名前です。
発明後、しばらくは生産技術がまだ追いつかず、理論的には成立しても製品化して量産化されるようになるまでにはだいぶ時間がかかりました。

プラナーが量産化される前にもう少し簡単に生産できるレンズが広く普及していき、その後、晴れてプラナーが多く作られるようになっていきました。カール・ツァイスの前進の会社におけるカメラや、ライカ、ローライ、ハッセルブラッドを始めとする各カメラにおいて、高級なカメラには必ず、プラナー(Planar)レンズがラインナップされていきました。そのため、どのカメラにおいてもカール・ツァイスのプラナーレンズが存在したというくらいにプラナーは提供されました。自社でカメラ本体を作ることを辞めてからは、ほとんど、レンズメーカーとして専業的にレンズを生産していきました。それくらいにまで、カール・ツァイスのレンズは世界中から高く評価されていました。

とくに、プラナーは標準レンズとしての焦点領域、135フィルムでは50mm、中判カメラでは、75mmや80mmなどという一番メインの看板レンズとして、各社カメラメーカーがカール・ツァイスのレンズであるプラナーを採用しました。もちろん、他のカール・ツァイスのレンズも交換レンズとして提供されていますが、一番よく使うレンズにプラナーが製造されているということは一番、自信のあるレンズであるという自負があるのだと感じられます。近年では、カメラレンズの製造を日本に移したり、その他、ブランド戦略的なことを行うようになっていきました。

一概にプラナーと言っても、非常に多くのレンズ設計があり、135フィルム、中判、大判、シネマ用レンズなどに渡り、異なる50種類程度の設計・レンズ構成があり、配置距離、大きさ、厚さ、群、枚数など全てにおいて異なっています。もちろん、同じ設計構成のものがいくつかのカメラマウントに使われていることもあります。
これらのプラナーの中でどれが一番いいとも言えず、いつの時代のどのカメラマウントのプラナーが好きだという人が居るくらいです。もちろん、値段と良さが比例するものでもありません。

そんな素晴らしいレンズであるプラナーを現在の現行カメラにおいて使えるようにしているのが本レンズであり、時代とともに写りや味が変わってきたということを加味しても生産されてすぐのものを使えるということが価値あることなのかもしれません。
実際には製品化される段階や、焦点距離、絞りの違いのあるプラナーごとに設計は異なっていて、プラナーレンズ群の中にもざっと見てもいくつものレンズ構成、設計があります。また、理論的に初めて発明設計された構成図と、製品として発売されたレンズの構成図は若干、異なっています。

カメラのレンズとして最適化して、量産出来るようにして、コストを考えて、製品化するのには、大変な作業が必要なのでしょう。135フィルムカメラにおいて、初めて商品化されたプラナーレンズは、1954年に発売された、プラナー35mm F3.5であると言われていますが、このレンズは1932年に発売されたレンジファインダー機のコンタックス用の交換レンズでした。他のレンズに遅れること、20年以上経過しています。
その後発売された、コンタレックス用のPlanar 50mm F2のレンズのレンズ構成が、もっとも理論上開発されたプラナーに近いように見えますが、焦点距離やFの違うものがいくつも登場していき構成が変化していきました。その中でF1.4のプラナーが出てきました。

さらに、ヤシカコンタックス時代のコンタックスカメラ用のレンズにおいても、プラナーは改良され、これらの過程で、4群6枚構成だったものが、5群6枚や6群7枚、、もっと多く、、、と増えてきました。その中には、マクロプラナーもありました。

本レンズは、マクロプラナーが原型になっていると、公式HPに記載されていますが、はたして、
原型のマクロプラナーというのはどれなのかは、定かではありません。もしかしたら、プラナーと表記するつもりだったのかもしれませんが、いずにせよ、分かりません。もし、この時点で直近の販売体型で生産されたマクロ・プラナー T* 2/50のことかもしれませんが、6群8枚構成ですが、こちらの公式HPにも同様の記述があり、マクロプラナーが原型になっていると書いてありました。詳細は不明です。
いずれにせよ、どれかのプラナーを改良して作られたということのようです。このようにプラナーというレンズは、もっとも有名であり、最も愛されたレンズで、非常に多くのバリエーションがあるのだとも言えます。

国内カメラメーカーでも標準レンズとして販売された製品は基本的にプラナーの性能を満たそうとしているようだといえるのかもしれません。過去に流通したほとんどの国産レンズにおいて、標準レンズをまず開発しますが、海外の先に発売されていたレンズを研究して、それの良い所を選び出して作っていたと言われるので、そう考えると、プラナーが日本のカメラメーカーの標準レンズに与えた影響は計り知れません。

ほとんどの国産の標準レンズがこのプラナーの構成・設計に似ているように感じてしまいます。そういう意味では、全ての単焦点標準レンズという一番大事なレンズの大源流となるレンズであるのかもしれません。
そう考えると、プラナーこそが一番重要なレンズなのかもしれません。このレンズの雰囲気はもはや、誰もがその良さを取り入れた国産メーカーのレンズで、すでに多くの人が体験してるものです。本来、本当のプラナーはカール・ツァイスのレンズにしか感じられません。たしかに、現代のレンズでは、ほとんど差が無い、似たようなものもありますが、ホンモノにしか無い描写もあることは確かです。

ある意味、カールツァイスの特徴をよく表したレンズをより、使いやすく、利便性と機能性を高めたレンズがこのプラナーだともいえます。
そんな歴史のある由緒正しきプラナーの名を冠したレンズが現在の値段で新品でこれだけの値段で買えるのは、国産他社に比べればわずかに高いくらいですが、おどろくほど安いものだと言えるものです。

現在では、カールツァイス以外のレンズのメーカーも素晴らしく技術が向上し、現在、現行品でレンズを生産しているレンズメーカーは高い水準の技術を持っています。それは、カールツァイスやライカを超える?作っている?くらいのものだと言えます。
それがカメラの歴史において、初期の時代はライカしか使えなかったり、ライカとカールツァイスだけがまともに使えるがそれ以外は、日本製も含めてすべてが模倣品で明らかに性能が落ちる、ただ安いということにポイントが置かれている、という状況の時代もありました。

これは、粗悪品レベルということではありませんが、やはり、安いものを求めているだけで、ちょっと矛盾がある、ということで、ホンモノとは違うと言えます。カールツァイスのレンズは昔からホンモノであることは言うまでもありません。ですから、高いですが、しっかりとした使える性能を持っていました。それに対して、安い模倣品、代替品としての他のレンズは、それだけの性能はなく、ほどほどで、安くというのがあったわけです。

例えば、現代において、自転車が大流行しました。これはただ単にママチャリというものから、クロスバイクというものや、ロードバイクというものが特別視されていて、これらの老舗メーカーがホンモノを作り、それに追従するように、たくさんのメーカーが部品を付けていき、似たようなもので安いものを生産販売し始めました。レンズも4帖半の部屋でも開業できるというくらいに、簡単に製造できた時代もあったわけです。自転車は、フレームを手に入れて、それに各パーツメーカーの部品を組み合わせて販売する形で、何も作っていなくても生産していると言えることができ、塗装してロゴさえ入っていれば、自社オリジナルと言われています。

そういうものは確かに安いです。恐ろしく安く、3分の1の値段で買えます。それは通販のショッピングモールで一番売れていたりします。今、一番、街で乗られている自転車なわけです。しかし、それは恐ろしくコストカットが入っていて、安全性は問題無いとしても、かなりの矛盾がある広告があったりします。通販ページだと、イメージ写真が全てですが、それがモデルが様々な主チェエーションで自転車にまたがり、あり得ない現実を演出しています。中でも笑ってしまったのが、カゴがついていない自転車で「通勤
に!」と、書いてあり、手ぶらのスーツ姿の人が乗っていました。どうしたんでしょうか?若いのにもう手ぶらですか?しかも、女性で、最低限、必要な物はバックが無いと厳しいと思われるのですが。。。。。

そういう矛盾も平気であるわけで、どう考えても、自転車でいうところの性能=快適さは高いとはいえません。

これがレンズの世界でもあったわけです。今でこそ、間違いなく、日本製レンズは性能がいいですが、昔は、カールツァイスと書いてあるものじゃないと、とても、まともにうつらなかった時代もあったわけです。ただ、高価だったために業務用がメインであったはずです。そして、軍用で写真を撮影していた人でさえライカで撮影していた人がいたそうです。国産じゃなくて、海外ものです。
これが実用性重視を考えた結果だったわけです。つまり、カールツァイスも、確固たる品質の証明ですが、昔はそれだけの価値があるものだったわけです。

*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ Planar 50mm ZF, ZF.2, ZS, ZK, ZE ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






Planar T* 1.4/50 ZF.2、ZE の口コミ、評判、レビュー、感想、故障修理のコツ!



  • 言わずと知れた名レンズです。線が太めでニッコールレンズの方が細めだと感じました。コントラスト、色の発色をかなり意識しているレンズのようですので、余計にこってり感がある写真になるのでしょうか。どこの国産メーカーもこのレンズを目指していたわけです。ある意味では、少し前の国産レンズは似たような写りを少なからず持っているわけで、単焦点レンズを使った人は、誰もが経験したことのあるような写りを持っていて、どこかでみているような、すでに持っているレンズと同じようなものなのかもしれません。



    たしかに設計はこれを参考にしたかのように近いものも有りますし、1.4のレンズでは、写りもボケをいかに柔らかく写すかということであったりして、とくに目新しい物があるわけではないのですが、おそらく、ボケを柔らかく溶かすようにひたすらに軟調にするだけならできるのでしょうが、そうしてはいない、そういうことじゃなくて、この美妙な差に対して明確なこれはカール・ツァイスのレンズであるという写りを主張しつつ、新しいレンズ開発をおこなってきていて、もし、国産レンズのようになったらカール・ツァイスレンズじゃないっていうことで製品をそういう状態で出すことはないのだと思います。そんなこだわりがあるからこそ、標準レンズであるこのレンズをわざわざ、買うのだと思います。






 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com