Categories: フイルム現像

カラー現像を自分でやるのはきびしい?

カラー現像を自分でやるのはきびしい?

検索すると出てくる現像剤や現像法の種類、名称など

  • ナニワ・カラーキット

  • フジ CN-16プロセス

FUJIFILM CN-16L
N1 Colour Developer
N2 Bleach
N3-2 Fixerh

  • フジCD-4

なにやら、ネットで検索しても入手で先が出てこないものばかりで、かなり手間どいそうです。

さらには、1本あたりの価格がものすごく高いものがあったりするようで、この時点でもう、限界かなと感じてしまいます。

1万円の液を1種類に使うとか見ると、やる気が一気に落ちてしまいます。

これでも、頑張っている方は自家現像しているそうです。

ちなみに、

現像所にカラーネガ現像を頼むといくらかかるか?

  • 中判フィルム120 カラーネガ 現像+CD取り込み600万画素

360円から、、送料:送付時の120円郵便代。

とありました。おそらく、最安でしょう。

つまり、実質480円からカラー現像してくれることになります。

送るのに2日、返送にも2日、5日程度はかかるでしょうか。。ただ、ポストまで行けばいいだけで、切手を貼って送れるので楽といえば楽です。

  • 中判フィイルム120カラーネガの値段

モノクロはわかっていましたが、カラーネガだといくらかかるでしょうか?

5本入り、2270円。

モノクロは1800円でした。

つまり、カラーは454円、モノクロは350円でした。

100円アップです。

これですと、

カラー撮影して現像すると、、、

454円+480円となります。=1000円弱でしょうか。。

一方、現像材料の用意されたモノクロ写真の場合は、現像代はほとんどただに近いので、

350円となります。

つまり、3本のモノクロと1本のカラーネガが同じ値段となります。

こんな、、、、ことでは、、、やはり、長続きしないですね。

圧倒してデジカメのコスパにひかれます。

1000円したら、20回も現像したら、つまり、240枚ですね。中古デジカメが買えてしまいます。

一日で取りきれる量です。

ああ、なんだかな。。。

カラーの場合、フィルムでしか撮れない!って絶対に言い切れる感じのものが今ひとつ見つかっていません。

そのため、物凄く高い現在では、あまり、検討することができません。

私の場合は。。。。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ