Categories: デジタル時代

オールドレンズNikkorの作例、NIKKOR-S Auto 50mm F1.4の作例

オールドレンズNikkorの作例、NIKKOR-S Auto 50mm F1.4の作例

ちょっと地方へ出張へ行った時に暇だったので、試しに夜の街を撮影してみました。

NIKKOR-S Auto 50mm F1.4で撮影した写真があまり見当たらないので、どういうものか、自分がとるしかないので、とることにしました。

徐々にアップしていきます。

これは、ただのネオンサインです。

なぜか、ボヤけている?

ピンぼけ、ブレ?

どちらでもありません。

これが正常な写りで、こういう風に映るようです。

これが、NIKKOR-S Auto 50mm F1.4というレンズです。

F2で撮影しました。レンズの明るさから夜でも十分に撮影出来ます。

このレンズの特徴で1つ、光が滲むところがあります。

他のレンズでもあるかもしれませんが、今のところこれしかありません。わかりません。

撮影した写真、中央がネオンサイン、右上が白熱球をシェードで覆ったものです。

こういう風ににじみ、ぼやけます。

良い感じです。ほんとにいいです。

こういうの撮りたかったわけです。

ほぼすべての街が、夜間、かっこ良く撮れる対象物となってしまいます。

F1.4開放だとあまりにぼやけすぎてしまうので、F2です。

通常の感覚とは異なるようです。光はぼやけても人は暗いところでも顔が写ってしまいます。
うつさないように気を使う配慮が必要です。

Fを上げれば、光もにじまなくなってきます。すっきりくっきり、ゴーストもなくなってきます。

こうすると、普通のカメラなんであまり、自分としては面白くはないのですが、ちゃんととることもできるということです。

ところ変わって、有名なタワーです。

Fは16か11で撮ったと思います。記憶だけが全てです。すみません。。。

どういうことかといいますと、このNIKKOR-S Auto 50mm F1.4で撮影した写真はボケボケなのか?

ということです。詳しい人の解説でも解像度が低いという話ですが、絞るとかなりの解像度になる。。

ということが分かればいいのですが、、実際、同じ条件で、標準的なレンズと比べなければなんとも言えませんが、自分はビビりました。

50mmレンズです。DX換算すると、、、1.何倍かされるですが、、、望遠レンズじゃありません。

展望台部分を拡大しますと、、、、

中で人が景色を見ています。手すりも見えます。

黒いガラスコーティングがあると思います。

ここまで見えていいんでしょうか?良いレンズ持ってる人には当たり前?でしょうか。

拡大してもドットが見えてしまいます。けちってMサイズで撮りました。Lにしておけば、、、

もう少し、見えたかもしれません。

最新のハイスペックなレンズを使えば普通かもしれませんが、私が使ったのは40年前の中古の5000円程度のレンズです。

50mmなのに、軽く望遠が撮れる。。。

そういう感覚がするくらい、レンズがクリアな感じです。

感覚で言っています。

開放が明るいレンズって、どんなに絞ろうが、画像はとてもクリアなままなのでしょうか。。

明るさと、モノの細かく見えることとは別のようです。

今、F3.5ーF5.6のZOOMレンズと、NIKKOR-S Auto 50mm F1.4で絞りまくって撮影して比べたらな、、と思います。。。

しかし、想像では、同じFでも明るさは一緒でも、被写体のクリア感、鮮明度はNIKKOR-S Auto 50mm F1.4のほうがいいんじゃないのか?
これ、私のような初心者には数値で表してほしいです!!レンズのクリア度、鮮明度。

また、新しい、F1.4、F1.8などのレンズにも同じ事がいえるのかもしれません。
だとすると、、、、ちょっと、、、、

よく、解像度なんて言われているようですが、いまいち、よくわかりませんでした。

こういうことだったのでしょうか。

古いレンズは、ノイズ低減機能もなく、シンプルがゆえに、クリア、鮮明であるかもしれません。
これ、CMOSの大きさ、画素数なんかより、ずーーーっと大事なことだと思います。

さらに、Mサイズですみません。また、びっくり写真が同じく近くでとれました。

NIKKOR-S Auto 50mm F1.4 、F11くらいに絞って、撮影した写真です。

日が暮れ始めてくらいですが、屋上が芝生になっている桟橋です。

ここで散歩したりすることができます。

遠くて細かいところはわかりませんが、、、屋上の一部を等倍表示にして切り出してみました。

あっ、記念撮影してる!
後ろから撮影してしまいました。すみません。。わざとではないんです。

だって、見えなかったんです。。。決して勝手に撮ろうとしたわけではないんです!!!

今、Googleマップでみたら、距離にして400m以上離れていました!!

見えるはずがありませんよ。50mmレンズです。

でっかくてごっつい望遠レンズでとったわけじゃありません。

さすがに、これは自分が勘違いしてるのか、無知なのか?驚かざるにはいられませんでした。

こんなのあったら、もういい。このレンズ一本でやっていきます。そう、思いました。

This post was last modified on 2018年12月12日 10:07 AM

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

Share
Published by
retoro

『レトロスマホのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.