カメラの比較、評価 – 良いカメラの見分け方 – 作例を探す方法

fg12L

高性能一眼レフカメラが衰退する理由でもある

ほんとうにがっかりすることもあるのですが、素人である目からみても明らかにメーカーの作例ってイマイチな画質になっていたりします。

きれいなメーカーも有ります。このメーカーは売れています。綺麗か??というメーカーもあります。
このメーカーは実力の割に売れていません。

こんなことでどうするのでしょう???

もったいない???

しかし、それはプロが撮ってないから?いや、プロが撮っているようです。

しかし、写真はデジカメはデジカメが撮るものです。

腕ではありません。これは道具が全てですので、道具の良し悪しが現れる大事なことです。

某カメラは綺麗で、綺麗じゃない、ということはないのですが、、、

なぜなら、同じ撮像素子であるCMOSを使っています。差がありようがありません。コントラストくらいは変わるでしょう。

しかし、なぜ??

かたくななメーカーは、標準ズームキットでしか撮影しないのか?

そんなことしないで最高のレンズで最高の被写体を最高のプロに頼んで撮るべきだと思います。

謙虚なのはいいことですが、最近では、作例とは別の写真は写真はイメージです。と書いてありました。

いみはわかりません。

しかし、気になります。なんだかな、、がっかりする気分があるわけです。

でも、実に確かに、画質でいえば、どうかな、、ということは各社一斉に言えるようです。同じCMOSですから。

また、これが変えることが出来ないのも辛いところです。

ほんとうにこういうのでプロや本気の風景写真はいいのか??と思えば、デジタル中判のカメラメーカーの作例を見ると、確かに、うぉ、すげえ、、、、と感動すると思います。

これは仕組みが違いますので、当然です。

やはり、高級カメラが売れなくなるのはしかたがないのかもしれません。

もっと、高画質になるような部品を積んで、とことん高画質にして数百万でいいから発売して欲しいです。

買えませんけど、これでこのメーカーは維持とプライドを保てるでしょう。そして、過去の実績からプロからの信頼を得て売れるでしょう。

大勢に売るために犠牲にするのか、狭いユーザー層を狙うのか、、儲かるのは大衆機ですが、もはや、もっと、画期的じゃないと、差がないようです。

 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com