OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 350mm F2.8

 

↑OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 350mm F2.8 のおすすめランキング、評価

  *投票をお願いします。


OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 350mm F2.8 の中古相場をネットで調べる!【楽天市場、Amazon】



楽天でZUIKO 350mm 2.8を検索した結果。

激安オリンパスOLYMPUS OM-system zuiko・・・
価格:372600 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示しているショッピングモールでの検索結果は、本ページのレンズだけではありません。ご注意ください。(Listings are containing other Lenses !!)


OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 350mm F2.8 のフード、キャップ、フィルターの新品・中古相場をネットで調べる!



楽天でZUIKO レンズフードを検索した結果。

オリンパス LH-76B MZUIKO DIGITAL ED・・・
価格:4044 円

オリンパス LH-66 M.ZUIKO DIGITAL ED・・・
価格:3423 円

【あす楽】《新品》 OLYMPUS(オリンパス) M.ZUI・・・
価格:75650 円

【メール便 送料無料】 オリンパス LH-49B BLK ブ・・・
価格:3360 円

オリンパス レンズフード「M.ZUIKO DIGITAL 2・・・
価格:2960 円

【メール便 送料無料】 オリンパス LH-55C レンズフー・・・
価格:3978 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*ここに表示されているレンズフード、レンズキャップは装着できないものも含んでいます。(Listings are containing other Lenses Hoods and Caps !!)
対応したレンズフードでない場合、装着できても、通常撮影時、フラッシュ撮影時にフードの影が映り込むことがあります。 ご注意ください。
ネジ式、バネ式、その他の装着方式があります。ネジ式の場合には、レンズの直径とネジのピッチを確認する必要があります。
レンズキャップはバネ式の場合、レンズの直径が合えばある程度、汎用的に使うことが可能です。径が同じ他メーカーのキャップが使えることも有ります。




OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 350mm F2.8 カメラ、レンズ、スマホの仕様、銘板のプリント、買取、査定相場価格の目安に!


OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 350mm F2.8の情報

  • 発売メーカー(Company):オリンパス(OLYMPUS)
  • 発売日(Release Year in Japan):年
  • 発売時の定価(Price:JPY):円
  • 焦点距離(Focal Length):350mm
  • 絞り(Diaphragm):2.8-32
  • レンズ構成(Optics):7群9枚(groups,elements)
  • 最短撮影距離(Close Focus):3m
  • 重量(Weight):3900g
  • マウント(Mount):Olympus OM system
  • 備考(Description):MC(マルチコーティング)表記のもの有り。性能を追求した350mm超望遠レンズです。とにかく、この明るさは素晴らしいものです。
*記載ミス、調査ミスなどもあります。また、製造年により仕様が変更されていることもよくあります。ご購入の際には、現物をよくご確認ください!


[ The Olympus OM Crew , aka The Cult of Zuiko ] Groupの作例、撮影写真 (http://www.flickr.comより)

他のレンズで撮影された写真の場合があります。(Works may be taken by other Lenses)

写真はhttp://www.flickr.com/に公開されている作品です。それぞれの写真はリンク先の作者にクリエイティブ・コモンズに基づいた権利を有します。
Some rights reserved by each author of the link on each photo.






OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 350mm F2.8 の口コミ、評判、レビュー、感想、故障修理のコツ!



  • 重たくてもいい、そんな言葉似合うのはこのレンズ。野鳥撮影をしている場にいくと、重たいものを重そうに持っている人ほどすごくかっこ良く見える、、そんなことはないのですが、、とにかく、自己満足の世界、筋トレしたい人はどんどん、重いレンズに買い替えましょう。野鳥撮影の時の実用性といったら、じつに現代の最新のレンズのほうがコーティングが進化しているので圧倒的に新しい方がいいというのがあると思います。水面からの反射光、ギラギラする逆光に近い場面でも、そこしか場所がないということは野外での撮影では普通にあることです。こういった、超高性能単焦点重量級望遠レンズを中古で古いものから買うのは、エントリーの時にはいい居入り口になるのかもしれません。。。






 

レンズやカメラの製品名で検索してみて下さい。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com