Categories: 写真の知識

お散歩カメラはカメラ女子に人気?フィルム女子は?

お散歩カメラはカメラ女子に人気?フィルム女子は?

昨今のカメラ女子ブームはとどまるところを知らない。

誰もがスマホを片手にいたるところで、カメラ撮影をし続けている。その数は男子の数十倍であろう。

間違いなく、男子だったらカメラを取り出さない、スマホのカメラアイコンを押すはずがない場所、場面でもひたすら起動して撮影して、 SNSやら加工やらしている。

誰かに送っているのか?いや、ただ、自分でアレンジしてコレクションしているようだ。雑貨などを集める感覚のようです。

これが人を撮影していたら、権利の問題でトラブルになるでしょう。そういうモノに対する興味がなせる技である。

しかし、お散歩カメラは人気があります。

いつでも首にかけて置ける気軽さがいいのです。

オリンパスのPENに始まり、といっても実はレンズが重たいようです。

もっと軽いとなると、リアルフィルムのPENです。レンズが小さく笠羽非ない、ぶら下げておくのだそうです。また、露出を図る太陽電池の集光部のキラキラ感が アクセサリーのようでいいようです。

まあ、凝ったスマホというイメージでしょうか。コンデジではたくさんありました。

しかし画質でスマホが優位となった今、コンデジを首からぶら下げている光景は少なくなりました。

むしろ、家族から借りたのか、一眼デジタルを持っている方が多いようで、どうせとるなら本格的に。ということがあるようです。

また、フィルムにあまり接したことがない人が多く珍しいようで、フィルムにイラストを露光したような飾りが売られていました。

なにが楽しいんだろうな??という感じですが、フィルムがレアになってくると、フィルムがいいという人が増えてくるというのも不思議なものです。

あのような現像の匂いの漂うフィルムが家の中に干されていたらああ、嫌だ、っていう感じがしてしまうんですが。

それはさておいて、なんだかいいようです。

レンジファインダーを使う人がいるようで、しかし、少し前のフィルム、最終段階のコンパクトフィルムはだめなようです。

プラと高機能をうたった物が多く、なぜか、カメラにシールが貼ってあったりします。Intelみたいな感じでしょうか。

でも、たしかに装飾品としての価値を考えると、ライカの初期のような見た目がいいです。

だから、それを買ったらいいと思います。しかし、コピー品でも、数万円、安くても1万円+レンズを別途購入する必要があり、これが、ライカはもちろん、 ライカレンズを作っていた今もある国内メーカーのものが安いと入っても1万円くらいは、

女子受けするわけがありません。

そこで、国産レンジファインダーカメラが一番輝いていた時代1960年代のカメラへといくのでしょう。

ライカとの違いは角が四角い!ただこれだけだとおもってしまいます。あとはレンズが取り外しできない!

つまり、余計なことを考えなくてよい。

というもので、このあたりのカメラが人気があるようです。

ミノルタ、コニカ、キヤノン、ヤシカ、オリンパス、フジ、、とありますが、知名度でいくとオリンパスのPENが名称そのままにありますので、 また、奇抜なデザインとあいまって大人気のようで、1種だけ高い値段がついています。

しかし、はたして、カメラ女子がフィルムのPENを買っているのか??????????

そういう疑念にかられるわけです。

いくらお散歩といえども、現像に出すのはおっくうです。

そういうのじゃなくて、その場で撮ってあとはもう見ない、他のことをするというのは普通、誰もが思うことです。 カメラ女子もそう思うと思われますので、しばらくあとで現像済み写真とか見ても、いまいち、違うのでは?

また、ちゃんと撮れていなかったとして時間が空くとなぜしっぱいしていたのか、などというより、もう、いいや、という辞めるという選択肢が 手っ取り早く控えています。

それに、中古品で誰が使ったかわからないカメラを使うか?汚れあり!などを見ただけで掃除する気が失せるのが普通ではないでしょうか?

汚いカメラを掃除するマニア男子は楽しいかもしれませんが、そういう掃除が終わったカメラしかほしくありません。きっとそのはずです。

ですので、カメラを買う時は手入れされた中古店で、むしろそこで、現像から質問まで面倒みてもらうのが理想的だと思います。

あとは、親族に詳しい人がいれば頼めばいいでしょう。カメラマニアに安易に頼むと色々と面倒があるかもしれません。ここは、 カメラ屋さんで割りきっ指示してもらう方がいいのではないでしょうか??

そう思うのです。

つまり、カメラ女子がフィルムPENを買う事は少ないのでは?

むしろ売れているのはマニア男子が買っているのではないかと思います。メンテ男子とも言えそうです。

メンテするのが好きな人のことをいっているだけですのであしからず。

そして、カメラ女子にあげたら喜ばれると思います。しかし、ただほど高いものはないということわざもあり、敬遠されがちですので、コレクターの棚に並べて いきましょう。

つまり、お散歩カメラがもっと伸びるためには、

安いクラカメの復刻版+フィルム環境+フィルム現像環境

という、3つの問題をクリアしなければなりません。

そこで見た目を同じにするデジタルでかいけつを図るのだと思います。

しかし、デジタルはレンズがこだわっています。割りきってレンズが固定だったら、もっと簡易になったでしょう。

しかし、写りになんの変化もなければ楽しくありません。スマホでとったあとにやっている加工は、モノクロ、アンティーク風、周辺光量減らし、ノイズ付加、ばかし、

など、劣化要素です。

最近、デジタルTVで映画風の映像を流すのに、CGのイラストにホコリの繊維を書いて流しているものがありました。

あのホコリ、動物の細い繊維など、フィルムに張り付いてもう嫌だっていうほど苦戦しているのに、たしかに、それもアジだというか、フィルムですよっていう 証明になっているようです。

おかしいですね。つまり、フィルムの質感を味わいたい、しかもデジタルのように、あるいみ、デジカメより贅沢な、なんという高望みをしているのでしょうか?

ということです。

しかし、デジカメも伸びどまっていますのでここらで、こういうことをやらないとだめなんでしょうか?

ポラやトイカメラが未だに売れている理由がそこにあります。

ほんとはポラがいつでも高画質になれば、その悩みは解決なんですが、大判か?という大きなフィルム面。即時現像+プリント。

これが最高です。

35mmクラカメに無理にでもポラを入れれば?

ポラバックとかありますし、でかい商業用カメラですが。

フィルム型ポラをどんどん開発してくれればいいですね。 というか、現像とか自動でパトローネの中でやってくれたらいいんですが、、、

とりおえて、巻き戻したら現像液が出てきて歩いているうちに現像完了。ポジフィルムでできたら完璧ですね。

さすがにいいです。ポジで。スマホの上に乗せて見れば立派なフィルム観賞装置です。複製、引き伸ばしはスマホのカメラでやれば問題ないですし。

ほんと、本気でやればできそうなものですが。。。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ