『ネットプリント、写真プリント、デジカメプリント、フォトプリント、写真印刷どれが正しい言い方?』

『ネットプリント、写真プリント、デジカメプリント、フォトプリント、写真印刷どれが正しい言い方?』

町のカメラ屋さん、写真屋さんは今でも元気です。

これはほんとうに驚くことです。

その昔、写真がフイルム写真だったころ、商店街というのがまだ賑わっていてその中に写真屋さんというカテゴリのお店がありました。

カメラはあまり売ってないんですが、「写るんです」などのカメラとフイルムと電池を売っていました。そして何よりも現像と写真プリントサービスをメインにしていました。

そんなカメラ屋さんがなぜかとても景気がいいみたいで商店街なのに鉄筋の5階建てのスタジオ併設型の店舗を自費で建ててしまいました。

これは驚きでした。

店内は写真関連グッズと文房具しか売ってないのに、あとは証明写真を個別に撮影してくれたりします。

いまでも、子供が大きくなるにつれ記念に洋服を来て撮影したりします。

そのようなイメージです。とても儲かったのです。そして、学校と契約できれば、遠足、修学旅行で大きな仕事が得られます。

そうです。

そのような時代だったのです。

それが今でも残っているのです。

たしかにチェーン店型の写真屋さんは増えました。

七五三などの撮影をしているところです。

さて、本題に入ります。

ネットプリントはセブンイレブンのサービス名!

そうです。ネット経由でプリントできることをネットプリントといいますが、これをサービス名にしてしまっています。

ネットプリンタとかは一般用語なのでこれはどうなのでしょうか?商標としていいものか疑問もありますが、まあ、知名度、企業の大きさからしてもはや、どうでもいい気がします。

ネットプリントといっている人のほとんどは、セブンイレブンを含む他の全ての写真プリントサービスのことを言っていると思います。

ですから、

「どこか安いネットプリントないかな?」

なんて探しています。

セブンイレブンのサービスなら統一価格です。

これが不思議な事です。

検索してもネットプリントではセブンイレブンがトップに大きく表示されています。

写真プリント、フォトプリントとは?

これは正しい言い方と思います。

フォトプリントは写真をフォトと英語読みに買えただけです。

とりあえず、写真を印刷することをフォトプリントと呼びます。

プリンターで印刷するタイプからフイルム写真の時代と同じように現像液で画像を浮かび上がらせる方式のものまであります。

デジカメプリントは?

数十年の歴史ある町のカメラ屋さんでこのような状況をどう表記しているのか気になって見てみました。

おそらく一番ノウハウがあって前線に立たされていてお客さんとやりとりを豊富にしているところなので一番的確な表現をしているはずです。

すると、

  • 証明写真
  • 写真プリント(デジカメプリント)
  • 記念写真

という文字が看板にありました。新しい看板なので売れているし今を表しているはずです。

そして、お店の名前が「○○○写真スタジオ」となっていました。

〇〇○には人の名前が入っています。つまり、写真家としてある程度経験のある人がやっていますよという実力を表している一般個人向けの写真撮影サービスということのようです。

そうです。

スタジオ撮影は実は大変です。

公園で適当に撮影すれば誰がとってもいい感じになりますが、背景をシートにして光量を調整して影ができないようにして、一番いい笑顔になるように撮影する技術はこういったろでしかできません。

今どき、芸能人じゃなくても写真スタジオで撮影するのが普通です。

だれでもスマホカメラを持っていますからそれくらいやらないと、お金を払う意味がないということなのでしょう。

This post was last modified on 2019年9月1日 1:16 PM

retoro

レンズ、カメラ、写真プリント、現像方法、マウントアダプター、買取査定などについて発信しています。

『レトロスマホサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの情報には記載ミスや古い情報が含まれる場合もございます。申し込み、購入する前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

All Rights Reserved.