「フジ PRO400H」フィルムの特徴、作例

味のある写りのPRO400H

今、販売中のもので、今後どうなっていくかわかりませんが、カラーネガでいいと思う、とくに目立って味のあるフィルムがこのPRO400Hだと思います。

ほんとうに色合いがシアンがかり、淡い、柔らかい感じになります。シアンがかりだと、現像しすぎてもなるのですが、それとは違うあわさがあり、また、 緑にも見えたり、黄色が淡かったりして、単純に現像をしすぎたものとは異なっています。

ピントがあっていても、ソフトな感じと、まばゆい、ぼんやりとした感じはなんともいえない良さがあります。

『レトロ写真の撮り方』

運営者情報お問い合わせ