フイルムカメラ

PETRI Color 35の電池、仕様

投稿日:

PETRI Color 35の仕様

  • レンズ:C.C.Petri 40mm F2.8
  • シャッタースピード:B、1/15、1/30、1/60、 1 /125、 1/250
  • 対応フィルム:
  • ピント合わせ:目測
  • 電池:H-C(MR44)型水銀電池 1
  • サイズ:100×64×55mm
  • 重量:約390g
  • 発売年:1968年

ローライ35に一番近い国産カメラでは?

電池がなくてもマニュアルで撮影ができるかもしれません。しかし、未確認です。

これができるといいことです。しかし、LR44電池に少し細工をすると使えるという意見もあるようです。

憧れのカメラでもあります。たまにオークションで見かけます。

とにかく、高いです。数が少いのでしょうか?国産コンパクトカメラでは、いちばん高いのでは?

ローライ35が3万から4万円で取引されていると、PETRIは2万円くらいという感じでしょうか。しかし、数がとにかく少い。状態もそれほどよくないのに高いわけですから、ある意味、レア度は高いのでしょう。

しかし、小さいですし、いいです。しかし、たまにローライ35でも安いものは安くてにはいります。ローライBというものであれば、トリプレットレンズですが、良さは味わえますので、高い金額でも、敢えてPETRIを買うのはどうかという気もします。

写りは普通という感じでしょうか。

ここがポイントで、別に国産でRicoh500Gシリーズを持っているからいいや、と思ってしまいます。

とくにそれを超える魅力がないのなら、あえて買って、整備をしてまでする気が起きません。飾りにしておくだけならいいですが、

それほどスペースもないので、迷います。たまに、いいものが出ていたりするのですが。。

飾っておくにはいい見た目をしていると思います。こういうコンパクトシリーズを並べて全種類置きたいというのは分かります。

そういう場合、電池とか、マニュアル可能か?ジャンク?そういうことは無関係になりますので、もう、写真は心で撮ればいい、ということになります。

目をつぶって頭のなかに写真のイメージを思い浮かべて、自分が撮影した写真を見ている感じになれば、写真を物理的に撮らなくても、、、、

って、そんな仙人みたいなことはできないわけでして、でも、フィルム撮影して、、、とやっていると疲れます。別にエアーカメラでも いいんじゃないかって、最近思い始めているかんじもあり、だめですね。

でも、小型機に走る、目測ピント合わせが心地よい、、、、こういう境地になってくると、もはや、風景は脳に焼き付けるんだという気持ちになってきますので、自然といえば、自然ですが、やはり、ぜひとも、少しづつでも使って見るのがいいかと思います。

 




あわせて読みたい!

-フイルムカメラ

執筆者:

関連記事

MAMIYA-6 K型の分解、修理、ピント調節など

MAMIYA-6 K型 どうにか、格安で手に入れたマミヤですが、 1954年発売 18800円 赤窓式 sekorレンズ、3群3枚(トリプレット型) 最短撮影距離:3.5Feet ネットで調べていると …

Olympus-35 EC, EC2, ECRの電池、仕様

Olympus-35 ECの仕様 レンズ:E.ZUIKO 42mm F2.8(4群5枚) シャッタースピード:4S-1/800S 対応フィルム:ASA25~ASA800 ピント合わせ:目測 電池:HM …

MAMIYA-6 K型の距離計調節、修理

道を歩いていても、街なかは人だらけ、人の隙間をかいくぐって糸を縫うようにやりきっていく。そんな感じで、あまりに多くの人が1箇所、1つのこと に集中しすぎるために、人気のモノ、場所、土地、住居は大変、手 …

ヤフオクで中古レンズや中古カメラを大人買い?

大人買い? 新しく出てきて久しい時間が経ちます。この言葉。 未だ怖くてできない小心者ですが。。。 数十年前のレンズやカメラなら、大人買い出来ますよ!!! 数万円もあれば、片っ端から欲しいものが買えます …

リコーフレックス RICOHFLEX VIISの分解修理、ピント調節

世の中、隙間産業が生き残るそんな時代にあって、二眼レフカメラを古いものを買い、楽しもうという隙間的な趣味もまた一興かと思います。 以前、女性の間で二眼レフが流行ったのですが、雑誌などではカッコよく扱う …