フイルムカメラ レンズのこと

ヤフオクで中古レンズや中古カメラを大人買い?

投稿日:

大人買い?

新しく出てきて久しい時間が経ちます。この言葉。

未だ怖くてできない小心者ですが。。。

数十年前のレンズやカメラなら、大人買い出来ますよ!!!

数万円もあれば、片っ端から欲しいものが買えます。

ぜひ、レンズやカメラの大人買いをやってみてください!!!

これが夢でもなく、今一番、安いのが、フィルムカメラです。

それも、見た目がかっこ悪いプラスチックじゃなくて、銀色のしっかりとした製造方法の金属製のボディのカメラです。

これが、安い。

ニコンは別格ですが、1台1000円は当たり前。

500円とかもあります。さらには、10台まとめて1000円から手に入ったりします。

これは大人買いできますね。これかいたい!って思わず、意味不明に思ってしまいます。

いったい、フィルムカメラ10台かってどうするの??

清掃して、知り合いにどんどんあげていって、見返りを期待するか?フィルムカメラの普及活動に励むか?

いや、もらった方は嬉しくないこともないですね。

あまりにも古いと、電池がいらないタイプが多いです。これなら、はっきりいって迷惑じゃありません。

電池高いし、入手が難しいのも有ります。綺麗に磨かれたフィルムカメラいいですよ。なんかあったときの贈答品として、10台位揃えておいたら いいですね。

フィルムなんて、期待した以上の写りはしない、そんなことで毛嫌いされるかもしれません。たしかに、、、面倒で、デジカメにかなわない画質、、 じゃあ、あまり、ですね。。。

とくにカメラをあまり知らない人にあげたら、がっかりされてもうフィルムなんて撮ってくれないでしょう。。。

じゃあ、

中古レンズを大人買い?

とりあえず、単焦点レンズを1セット買い漁る。

どうでしょうか?

広角、標準、ポートレート用、中望遠、望遠レンズと、全部一気にかいます。昔なら、1月の給料が消えていたことでしょう。一度に買ったら破産です。 これを、今なら、一気に全部買っても、

たいしてかかりません。いまはズーム1本で済ますという考え方ですが、最上位レンズ、商業用に使えるレンズくらいでないと、ズームはやはり見劣りします。

単焦点で全部揃える、そんな、、贅沢を味わうのはいかがでしょうか???

もういっそ、

各メーカーのカメラとレンズを1式セットで買い集める!

これですよ。ニコン、キヤノン、オリンパス、ペンタックス、富士フイルム、リコー、、、、、

知りうる限りのメーカーのカメラと、レンズセットを買い揃えます。

すると、レンズ5本+カメラ1台*8社以上くらいとなり、いいディスプレイができます。これなら、胸を張ってカメラコレクターです。

といえそうです。大人買いです。

そう、お金もかかりません。かざるだけなら、動作もいいでしょう。

さらには、

二眼レフカメラを大人買い

これ、結構いいです。見た目がいいです。飾りにもいいです。

大判カメラもいいですし、蛇腹カメラもいいです。蛇腹の部分がインパクトがあります。ぜひ、店頭のディスプレイの飾りにでも。いいですよ。

20台以上並べるのがポイントです。

はっきりいって、安いので探せば、1000円から、、20台でも2万円です。そのへんで、変な骨董品集めてくるより安上がりです。

じつは、、これが一番!!!!!!!! 費用対効果が高い!!!!

雑貨屋さんを運営の方なら、興味を持つでしょう。。。むしろ、雑貨として販売したら、場所が場所なら、動作しなくても商品として売れてしまうでしょう。。。

おおお、新しいビジネスのアイデアが。。

最近、クラシックカメラの値段が上がっているような気がします。

気のせいでしょうか?

なにか、ここ最近で物凄く価格が、というか、オークションに出品されているクラカメが品薄な気がします。

これは特に感じたのが、昔はレンジファインダー15台で1000円!!

や、中判カメラ1000円!のようなものが無くなってきているように思います。

クラシックな1960年頃、以前の中判カメラはもう4000円以上近くになっているようで、ジャンクでも数千円はしているようです。これでも安いとは思いますが、動かせなければ意味がありません。

もっとも、当然といえば当然かと思います。フィルムカメラをもっとも楽しみたいなら、中判カメラというのが最適で、ハッセルブラッドを持つことは高くてできないという場合、こういう選択になるわけです。

普通に画質面でも満足のいく中判サイズなら、モノクロなんかでもかなりいい味を出せるわけです。それが、電気をつかっていないので、どんなに古くても実用品として使える、そういうことを考えるとかなりお買い得なわけです。

新しいものは20万円で販売されていますが、何がちがう?

レンズ?

それはおそらくコーティングがいい、収差がないというのはありますが、 フィルムに求めるのは味であって、正確さではない!

ということで、古いレンズほど面白い写りが楽しめる、というか、トリプレットレンズのなめらかなボケがいい、などと考えると、本当に古くて安いほうがいいとなるわけです。

かといって、ピントをパンフォーカスに合わせて風景をとっても、普通のカメラにはかなわないくらい細かい部分まで写っていて当たり前ですが、クオリティ的にいいものが撮れます。

それにしても、35mmレンジファインダーまでもが値上がりとは??

一体??

海外へ出荷されているのでしょうか??経済成長した国が多くあり、人口が増えています。

こういうところへ流れていくとすると、もう、お金がないと、昔の安いクラカメなんて買えなくなってしまいます。

そういう事態がいずれ起こるのでしょう。。。

フィルムがなくなる??

そういうのは、経済的に伸びてくる国の人口の多さを考えると、そこの層が少し興味を持てば、こんな不況の時代にはおいしいくらいのビジネスになると思います。カメラは作らなくても、中古カメラを売れば、フィルムや現像液は売れ続ける!!!

なんというおいしいビジネスでしょう。

そんなこともないのですが、おそらく、普通にフィルムカメラが売られるでしょう。

トイカメラというジャンルではすでに適度な値段で中判カメラがでていて普通ですが、フィルムメーカーがもっと安くフィルムカメラを作ればいいんですが。。。

それはさておき、今まで1円、1000円で買えていたクラカメが桁がどんどんと増えていっている状態です。

さすがにインスタントカメラでフィルムが製造中止なものはもう底値ですが、と思いきや、数百円という値をつけています。

富士フィルムのインスタントカメラでフォトラマというシリーズがありますが、あれをみると、800というインスタントフィルムはもうないようですが、このカメラは美しいということで有名なようです。

さらには、チェキシリーズは定番となっていて、ポラも証明用フィルムなんてのもあるようで、耐久性、画質に自信があるようです。

フォトラマシリーズの一部は、フィルムがないのに1円じゃないのか?という気がしますが、構造を見ると、ある機種では、F固定、パンフォーカスですが、フィルム面の大きさが大判なみで、いや同じくらい?

そのため、小さいながら、100mm以上の焦点距離のレンズをつけていて、ゴム製ですが蛇腹を伸ばす構造となっています。これが、インスタントカメラです。

フィルムさえ変えれば大判カメラじゃないですか??

これはしっかりとしたフィルムを使えば相当、綺麗な細かい画質が得られるわけですが、ポラのサイズではあまり意味がないことかもしれません。

こういうカメラくらいしかもう安く買えないとかなってくるかもしれません。

それでも、こういうカメラを改造してネガフィルムが使えるようにする技もあるようです。

そういうのが広がるとあっという間に高値なったりします。

いずれにせよ、安くかえると思うと買えないときがくる。

今のうちにいいものがあったら手に入れておけということでしょうか。。

しかし、同じ機能のものは1台でいいです。 くれぐれもはまりすぎにはご注意を!

最近の最新コンデジは高い?

高いのか妥当なのかはさておき、大卒初任給の半分くらい、古い言い方をすれば、おそらく、昔のPENなどは大卒初任給半分以上だったでしょう。

これが50年以上使えるなら、充分安い、安すぎる買い物です。フィルム、現像コストがかかりますが、そんなに同じカメラでばかり撮らないわけですから、置いておいて、50年後に使えたら嬉しいわけです。

ところで、今の高級コンデジはどこも10万円、20万円以上します。

高級海外ブランドを取り込み、銘板に書き込み、同じ感覚です。

これが果たして50年後に使えるのでしょうか?おそらく、50年前のPENは100年後も使えるでしょう。

修理も簡単でしょう。

今の高級コンデジは50年とはいわずに5年以上使えるのでしょうか??

一眼レフは使えました。これは実績と耐久テストが証明するところです。

一眼レフは売れなくなった?それはそのはずでしょう。一般ユーザーが一眼レフの耐久を超えて使うことなんてあり得ないでしょう。

買い換えるといっても、他称のV-UPはあったかもしれませんが、さほど変わりがない場合、まず、買い替えといっても、中古で売りつつ、新機種を買うことになります。ゴミ箱いき、タンス保管にはなりません。

これはつまり、中古として型落ちが出まわり、それを買う人がいる分、新製品が売れないわけです。

こうなってくると、ジレンマです。

ほんとうは信頼の証なのですが。

そうこういっているうちに、誰の家にも一眼レフが配備されるようになりました。もう、いらない。なら、高級コンデジでも買うか?という需要を見越してコンデジにながれているのでしょう。

しかし、、、

スマホのカメラが確実に超えてくるでしょう。

となると、もはや、デジタルカメラというもの自体が、プロの商業用カメラと、フィルムカメラだけになる気がします。

フィルムで撮った写真を撮るためのデジカメという感じでしょうか??スキャナーです。

素子メーカーはスマホへ提供すればいいですし、いいのですが、カメラ屋さんは困ります。

ただ、そういうことをいってもしっかりとしたカメラを作ってきたカメラ屋さんのカメラは数十年経っても高い値段で取引されています。

国内では、商売上の見栄えがあって、どうしてもこれという同じものを使わないと問題があったときに言い分けができませんので独占的にあるメーカーに偏ったりしていますが、海外では自由に選ぶ傾向が強いようで、ほんとうの使いたいカメラが売れています。

仕事でWinですが、家では他のOSを、みたいな感じでしょうか。

ですので、本物を作り続けてきた会社だけが残ると思うわけです。

これだけ中古市場が広がった今では、過去の実績が中古相場として評価されています。

1例ですが、ニコンの高いこと、高いこと。

フィルムカメラなんかどうするんだ?と思いますが、高いです。

それはやはり、レンズマウントが変わっていない、こういうことも1つの安心感と信頼でしょう。

別に使うレンズなんて2,3本ですが、いいものは1つでいいんですが、そうはいっても、膨大な数のレンズが使えるという権利を得るためにはニコンのカメラを買えばいいわけです。

ライカの至福なひとときか、ニコンの実用性か??

ということかもしれません。とにかく、海外ではもっと評価が高いです。マウントを変えたほうが性能がよくなるといっても、他に失うものが多くあります。

まさか、こんなに中古製品が流通するなんて思いもしませんでしたから。




あわせて読みたい!

-フイルムカメラ, レンズのこと

執筆者:

関連記事

Ricoh 500GSの使い方、分解方法、レンズ掃除、ファインダー清掃、モルト交換、撮影写真、作例

Ricoh 500GSの仕様、スペック シリーズ名:Ricoh 500Gシリーズ、Ricoh 500G、Ricoh 500GS、Ricoh 500GXなど レンズ:Rikenon 40mm F2.8( …

FUJICA COMPACT 35の使い方、電池、仕様、レンズ清掃、分解、モルト張替え、作例

  FUJICA COMPACT 35の使い方、電池、仕様、レンズ清掃、分解、モルト張替え、作例   FUJICA COMPACT 35の電池、仕様 レンズ:FUJINON 38m …

なぜ、フィルムで撮るのか?フィルムで撮影する理由

気がつけばどっぷりとフィルムの世界にはまっていました 自分がフィルムにはまったきっかけは、現像に興味がわいたことでした。 フィルムカメラは家にはありましたが、昔のものがそのまま放置されているだけで使え …

Olympus PEN EE-2 – ハーフサイズフィルムカメラPENの分解、レンズ清掃、光漏れ、露出補正、使い方

  Olympus PEN EE-2 – ハーフサイズフィルムカメラPENの分解、レンズ清掃、光漏れ、露出補正、使い方   Olympus PEN EE2の仕様、スペッ …

no image

フィルムカメラ入門-おすすめのフィルムカメラ、名機など-フィルムカメラ女子も

  フィルムカメラ入門-おすすめのフィルムカメラ、名機など-フィルムカメラ女子も フィルムカメラの楽しみ方 これにハマると楽しくて仕方がありません。 まず、フィルムカメラを楽しむために前提条 …