写真の知識

ヤフオクでジャンクレンズやカメラを買うのはお得なのか?損なのか?

投稿日:

ジャンクは得か?お得なジャンクもある。

とにかく、分解しないほうが得をする。

レンズであれカメラであれ、極力分解はしないほうがいいです。1回分解するのにかかる手間、作業賃と考えたら、かなりの労働力となります。

もちろん、素人ですからお金にはなりません。趣味で楽しいって言っていられるのは、上手くいったときだけで、分解しても、失敗を繰り返して、 10回位分解、組み立てを繰り返して、うまくいくことも多いです。

なにせ初めて見るレンズ、カメラが基本で、同じものだったら買いません。

ジャンク品で得をした例

得てして、動作確認ができないのでジャンク扱いでお願いします。というのが良かったのですが、今は、ある程度、中古カメラ店の厳しいチェックでジャンク品として 評価されている方が、悪いところが分かりいいかなと思っています。

  • くもりあり、カビ有りで写りに影響があるというレンズでジャンク品として買ったが、写りにも影響せず、素晴らしい画質だった。
  • カメラにこだわりがない中古品を兼業で販売している会社員の方のジャンク扱いとして出品していたレンズ。=良品以上のレベルだった。
  • 蓋やキャップがなく、ジャンク扱いでというレンズ。綺麗で全く問題がなかった。

ジャンク品で苦労した、失敗した例

結局治せたものもありますが、直せなかったものも。。。 直すのにものすごい、筋肉痛になって、これは苦労に見合わないだろうというものなどありました。

とにかく、すごい疲れが残るんですね。なぜか、レンズやカメラって、分解するのに、力がいる。肩や首にものすごい負荷がかかる。

もちろん、とても小さいネジを扱うので、何度も落としたり、ネジ締めるのに五分位格闘することもザラです。また、レンズは、外すのに、物凄い力が いります。

専用の工具があっても、大きさや規格によりいくつかあります。それを使っても力が必要だったり、レンズにあたったら傷がつくかと思うと力は、全身の 力を集中させて失敗なくということでしょうか。。

マラソンよりも、短距離ダッシュをしている感じです。気がついたら五時間くらい平気でたっています。

こんなハードな作業余り無いです。だから、修理、オーバーホールが3万円くらいするのは納得です。もちろん、このようなレンズ分解テクニックを極めても、 お金になる仕事になることはほとんど無いと思います。いや、ないでしょう。元が1000円程度のものに3万円の修理代は払いません。

これが修理業界が大変なところで、あらゆるものは修理するというビジネスは成り立たなくなっています。ずいぶん昔から。

ただ、スマホはデータ復旧やキャリアとの契約で2年しばりなどがあるので、修理しても使いたいという人が多いようで、一応、需要があります。

しかし、そういうのも、修理作業自体は作業対価としては低いようで、むしろ、修理の受付窓口対応でもやっていたほうがよほどお金になるようです。

つまり、需要がまだ少ない、売上をとってくるほうが優先されているという状況のようです。

  • 一部の動く機能だけをアピールして、ジャンク品扱いで、というもの。どうやっても、他の大事な機能が動かない!直すのに20時間以上格闘。
  • 動作確認していないというジャンク品。あきらかに動作がおかしい、一部の大事なところが硬くて動かない。結果的に全分解、ピント調節するはめに。 7時間以上の作業
  • 見るからに傷だらけのレンズ。人気のもののため、競合がいて、せり上がって五千円という破格のジャンクレンズ。 やはり、実際はジャンク品そのもの。かなり後悔。中から砂や髪の毛が出てくる。

    レンズの表面がヤスリをかけたように傷だらけ。 幸いコーティングだけだったため、酸化セリウムを含んだ研磨剤と機械を使い、研磨して見た目には綺麗にできました。また、全分解して、掃除、グリスをつけ、 綺麗にしました。これで20時間くらいです。

    何回やっても、研磨残りがあり、像がぼやける場所があり、研磨は機械を使っても、固定しているのが自分の手なので、振動が肩の筋肉をかなり破壊してしまいました。

  • 普通に見た目は綺麗なレンズ。しかし、レンズ最奥に曇りが有り、像が白くボヤケてしまう。研磨の知識がないまま、ひたすら、色々なもので、薬品で綺麗に するのを試みる。12時間。結局、研磨失敗で、像面歪曲が残り、トイレンズみたいなレンズになってしまった。

辞めたほうがいい、買わないほうがいいジャンク品の見分け方

圧倒的に、問題なしのジャンク品は少なく、膨大な時間と疲労が残りました。

それでも、修理して使えるようになったものはよくて、修理しきれずだめになったものは、1、2個というところでしょうか。

これはかなりの工作の道具が揃っていて、そこそこの経験もあってのことで、何も知らない場合でジャンク品を買ったら、9割型、使えないもので終わっているでしょう。

つまりは、飾りとして飾る以外に意味のない、レンズやカメラ。

これは最悪です。時計でも、かりに誤差が多い古い時計でも、動いているか、動かないかでは全く違います。

別に使うのか?といえば、疑問ですがそんな時間という単一の機能のものでも動作するかしないかということは重要です。

モノの価値に動作するかしないかということが基本となっているということをうかがい知れます。

とにかく、疲れる。体力があればいいと思います。

とにかく、実例として、手をかけずに使えるようなジャンク品は少ないです。

それを勘で探しに行くのも馬鹿らしいものです。

ある程度の分解、修理を覚悟して、

レンズであれば、曇というのを一番気をつける。また、メカ部分で動作不良というのは厄介なので避ける。

カビは吹いたらとれますが、曇りは絶対に取れません。コーティングとガラスの間、コーティングを侵食したカビ類が繁殖しているのです。

ただ、曇りも、レンズのカメラ側に近い方のレンズの場合は影響が出にくいものがありました。

ものにより影響がでるものは様々です。だめな場合もあります。

レンズの被写体に近い方のレンズ、これはかなり影響しました。逆光にしたら物凄く影響します。

曇りは基本、研磨などして治すものではなく、そのまま放置して使うものだと考えたほうがいいです。

研磨すると、道具と工具があったとして、(手磨きで二時間なんて例もあります、こんなの体がどうかなります。) 、平坦なレンズは磨きやすいのですが、カーブがきついと必ず磨き残しがあります。

コーティングを剥がすのですが、剥がし残していると、レンズのあつさが変わり、その部分だけ、像が歪んでしまいます。

周辺部だけなら、絞れば使えるレンズかもしれませんが、全体的にボヤける箇所が点在している場合はまあ、無理です。

それに、絞りがF8以上で正常に写るレンズがありますが、用途は室内で照明有りの環境でしか使いません。

普通、F8は変えたいですよね。それができないなんて。。。

満足感を得たいのなら、カメラ専門店が売っているヤフオクの中古品がいいです。

専門家は下手なことは言えません。チェックは厳しめ。

ジャンクならあきらめ、ほとんど売らないでしょう。手間賃が馬鹿らしいと思います。商売でやっているわけですから。採算が合わなければ売らないほうがまし。

ですので、ヤフオクで中古カメラ専門店が出品しているレンズやカメラで、多少の傷、わけありのものを納得の上、落札するのが一番いいのではないでしょうか?

そう思います。

つまりは、カメラ専門店で買えということです。ヤフオクでも、結局は専門業者じゃなければ、品質を期待できなく、落ち着いて買い物ができない。

結局、どこでも同じですが、個人出品といいながら、ヤフオクもビジネスツールの1つであるということです。まあ、個人がガラクタを売ってお金にするという、 そういう場所ではなくなっているようです。確実に。

昔ならともかく、Ebayなどはまだそんな雰囲気もありますが、競争過多、デフレ、この状況では、SHOPの1つの販路としての場所となっているということです。

ジャンク品なんか買うな!!と自分に言い聞かせているんですが、どうしても、いいか悪いか分かりもしない、クラシックレンズやカメラに、

数千円も払えるか?ということです。

そうです。知っているものなら、お金を払えますが、レンズは動作しても、写りが残念なものもあります。

これは買う意味がないというモノです。ですから、ジャンク品の価格じゃないと、お金を払えない、せめて、レンズなら、こういう写りをするって分かればいいのですが。

でも、まあ、さすがにヤフオクで五万、10万もするような中古レンズは名玉で、これは写りはいいですよ。

それは間違いない。

結局、金持ちしかいい思いはできないのか?

そんなことはない!チャンスはあるさ!というのがジャンク品の魅力なのかもしれません。

ある意味、クジですね。当たりかハズレか?それが楽しくてハマっている人も多いと思います。そういうことなら、やってみると、、、

でも、得られる利益率が高いジャンク品はかなりのデンジャー機です。当たる確率はかなり低くなっています。ご注意を!

また、

素人が分解したものは破壊品、プロが分解したものはオーバーホール品。

自分が分解したものを出品するものは、直しても、ジャンク品で出品するものだと考えたほうがいいです。

 




あわせて読みたい!

-写真の知識

執筆者:

関連記事

不動産広告の写真みたいな家に住みたい!

これって夢ですよね? 誰もが一度は不動産広告を見てうっとりして、見るのが楽しいっていう時期があるのではないでしょうか? しかし、ほとんどは、実際の物件写真ではなく、イメージ写真です。 さも、リッチな感 …

オリンパスは高千穂光学、リコーは理研光学

オリンパスは高千穂製作所から高千穂光学になり、オリンパスという社名を辿ってきたそうです。 まだ、他にもほとんどの会社が今のようなかっこいい?というか、カタカナ、英語社名で通用しそうなものはなく、ほとん …

フィルムカメラをデジタル化する方法???-発送の転換へ

昔、よく考えていました。 かなり古いカメラから、つい、2000年になる前までは、フィルムの時代でしたから。 これらのカメラがあまりにも無残に家に転がっている。安値でたたき売りに出されている! こんな状 …

フィルムカメラ おすすめ – 安い中判

フィルムカメラ おすすめ – 安い中判 フィルムカメラで何がオススメか? フィルムを使うことをオススメするのか、どのカメラがいいかおすすめするのか?複雑なことですが、「フィルム」なのか、「フイルム」な …

フィルム写真の方が良く映る

フィルム写真の方が良く映る イハゲー テッサー50mm F2.8 フジ100 撮影   これはもう有名なバブルの塔   ランドマークタワー内部のクリスマスぽい時期にでるやつです。こ …