フイルムカメラ

デジカメとは違うレンジファインダーカメラとは?仕組み、原理、距離計の有無など。cannonだけじゃない。

投稿日:

今人気のレンジファインダーカメラはなんでしょうか?

昔のフイルムを使ったカメラの中で、レンジファインダーと呼ばれるカメラがはやっている時期がありました。これからはちょうどカメラが一般的になりつつあったときに、普及していったかたちです。

これらのカメラが大変人気が出ることによって、各家庭、各個人がカメラを持つことができるようになったような感じです。

ものすごい台数のカメラが販売されました。これは一眼レフカメラが出来上がる前に発売されたようなもので、機能的には一眼レフの方が優れています。しかし、今の現代になっても、同じようなことが言えるのですが、機能の一眼レフ、性能重視で、本格的なユーザが本格的に使う感じでコンデジ、スマホの利用者のほうが圧倒的に多いということはかわりません。

50年以上前のカメラを使おうと思った時には、色々と状況が変わってきます。昔のフイルムカメラを使おうと思うとすると、まずなんといってもフイルムなので、フイルムカメラだけで写真を撮るというのは少し心もとない気がします。

そのためデジタルカメラを持って、さらに増えるカメラを持つという感じなのかもしれません。そうなってくるとまずフイルムカメラに求められるのは軽くて小さいということが挙げられます。そんなに軽いカメラが昔の時代に簡単に作られていると思えません。

探すのもこれだけで一苦労となります。また、たとえフイルムカメラだけを持ち歩いて写真を撮って散歩するのもするとしても、どうしてもフイルムでとるというのは、何となくその雰囲気や味を楽しむということもあって、気楽な力の抜けた状態で取りたいものです。そのためにはやはり高性能な一眼レフのずっしりとした重たい感じよりも、コンパクトでポケットに入るカメラのほうがいいのです。

そのような条件を満たしている昔のフイルムカメラは一体どれだけあるでしょうか?

オリンパスでのPENシリーズなどは非常に小型で簡単に取れる本当に初めてできた手軽なカメラという位置づけでした。

ただこのカメラで少し物足りないのは、自分でシャッタースピードや絞りの値をかえられないということです。

また、ピントを合わせる位置が固定されていてどこにピントがあうかが決まってしまっているモデルが多いというのも、少し物足りない理由かもしれません。

さらにフイルムというデジタルカメラとは違ったアナログなものに記憶されることによって現像されてくる過程の中で、思いもよらの変化を起こして、感動的な写真ができることもあります。こういったことを期待してフイルムカメラをわざわざ持ち歩く原因なのかもしれません。

そういったことを求めてるのかもしれません。そうなってくるとやはりコンパクトで軽くて自由のきくマニュアルのカメラということになります。

だいたいどれがコンパクトかという判断ですが、やはりオリンパスペンと同じか、それより小さいサイズというのもが、コンパクトといえるのではないでしょうか。

たとえ、レンジファインダー機であったとしても、一眼レフと同じような構成のレンズを持ったものがあります。これらは非常にスペックが優れたものがありますが、これを持ち歩いて散歩と言うのは重くて、普通に一眼レフのデジタルカメラをもって気合を入れて撮影する意気込みがないと、とてもじゃありませんがからだが疲れてしまいます。

オークションなどの中古市場を見ているとやはりレンジファインダー機というジャンルを探していても、本格的なレンジファインダー機と呼ばれるものが、レンジファインダーの後期には作られてきました。そして、さらに性能追い求めるために一眼デフが登場したのですが、やはりそのような大型のレンジファインダー機がどうしても多く売られているようです。

オークションで見る場合は、写真だけしか見えません。また、後はレンズのスペックしか見えません。スペック重視で選んでしまったりすると、非常に重たくてごついレンジファインダ機が変えてしまいます。

写真で見るだけでは重量や重さというのがわかりにくく、ほんとにメーカーごとのカメラのシリーズを一通り覚えておいて、この機種は大きいか小さいかということをスペック表で調べてからオークションで見ない限り本当の大きさわからないところです。

本当に不思議なもので、一眼レフよりも大きいレンジファインダー機とオリンパスのpenに代表されるようなコンパクトなレンジファインダー機が並んでもいない限り写真で見るだけでは大きさはわかりません。

これらのことを考慮すると、まず最初に各メーカーごとにコンパクトと呼べるカメラをリストアップする必要があります。

中古品なので、ある程度有名なものでないと市場に出回っていません。高くなってしまいますので有名なカメラのメーカーごとにコンパクトと言われるサイズのレンジファインダー機を列挙していきます。

konica35シリーズ、これは非常にコンパクトです。

またミノルタのハイマチックF、これもコンパクトです。

また, オリンパスのペンシリーズというのもあるのですが、これはハーフサイズというジャンルのもので、35mmフィルムを二分割して使っているのですが、これらのカメラは手軽であるということですので、あまりマニュアル操作ができないうなっています。

そのため、ハーフカメラは他の各社メーカーから販売されていて大変コンパクトなのですが、あまり要件を満たすことがありません。

他には何がありそうかと考えてみると、

ヤシカのMCなどがあげられます。これは非常に小さくて見るからにコンパクトな感じがします。値段も人気で上がっています。

なかにはリコーから500Gシリーズがあります。これらは小さくてマニュアル操作もできて、本当に使い勝手良さそうです。

そしてこれらを調べていると、全てにおいて電池がないと作動しないという特徴があります。

別に作動しないといっても露出計が動かないだけであったりしたら、スマホの露出計なので図ることも可能ですので、マニュアル撮影できれば問題ないのですが、シャッター自体が電子式になっていて、シャッター降りないものがあります。中には使える機種もあります。

電池がないとシャッターおりないなら、電池を買えばいい、しかし、基本的には数十年前のものとなると違うものであって、代替品を用意することになるのですが、その代替品がちゃんとあるのか、もしくは用意するのにお金分かるのか、使えたとしても、すぐ電池がなくなってしまったというトラブルがあったりします。

またそういった電池がフイルム以外に消耗品として経費としてかかっていくと、やはりなんとなく気分的に楽しめないような感じになってしまいます。

そこで電池がなくても撮影ができるカメラというのがあります。電池を入れるところはあるのですが電池がなくても自分で絞りとシャッタースピードを設定してピント合わせてシャッターボタン押せば、写真が撮れるというそういったカメラがあります。

これが高機能な大型のレンジファインダー機なってくれば比較的あるのですが、コンパクトなレンジファインダー機で探すとなると、選択肢が絞られてきます。

またさらに、電子式シャッターなどの電気によって制御されていると、そういった回路が壊れてしまうこともあり、般人では直すことができないことになってしまいます。

壊れたら使えないというよりは、中古品を買うわけで動作確認もできていないようなものを買おうとすると、壊れていても直すことができないというギャンブルのような買い物をしなければいけなかったりしまいます。

やはり、普通に考えて、壊れやすいまた直すのが大変であるということからも出来る限り電気を使っていない、より原始的なカメラの方がありがたいのです。

とは言ってもカメラが登場してから本当に昔の、車や家が買えそうな値段がした頃のカメラが主流であったような頃には、完全に電気を使ってないものがあったのですが、レンジファインダー機が登場してからすぐに電気を使うようになりました。

考えてみると、国産のレンジファインダーコンパクトカメラにおいて、ほんとに電気を使っていない時に撮影可能であるというカメラはほとんどないような気がします。

ほんとに実際のところは、使ってみるまでわからないところがあるので、もしかしたら使えるものがあるかもしれませんが、調べた感じではやはり、電池がないと撮影できそうにありません。

ただ、リコーの500Gシリーズは、マニュアルで撮影できるという情報がありました。これも実際に試すまではわかりませんが。しかし、かなり長い時間、手間をかけて調べていたのですが、結局こういった結果になってしまいました。

ところで35ミリフィルムを使ったカメラにおいて、レンジファインダーカメラにおいて人気のあるカメラは、なにかというとやはり、ライカでしょう。

そして次にくるのはローライ35です。

ほんとに不思議なことなのですが、調べてみるとどうしても人気の商品となっているようで、オークションなどでも、ものすごい数が参照されているようです。そこで先程のレンジファインダーカメラとして求められる条件として、コンパクトで電池がなくてもマニュアルで動かせるという条件を満たすのがローライ35です。

これはもうアニメで人気なったということもありますが、それ以前に本当に自分が使いたいと思う機能を満たしているカメラがこのカメラにしかないというのが現実です。

しかしこれだけたくさんのカメラがありながら、普通に使いたいという要求を満たせるのがこの2つのカメラしかないないというのは驚くべきことです。

ただ単に位というネームブランドだけではなく、機能においても実はこれしかないので値段が高くなるのは当然のことなのだと思います。

また、もし国産レンジファインダーカメラの中でコンパクトで電池がなくてもマニュアルでシャッタースピードと絞りを変えて撮影ができるというカメラがあれば、非常に人気になっているはずです。しかし、現状は1種しか見つかっていませんし、底値です。

実際に電車使わないといっても、コンパクトなだけコンパクトだったというだけの理由で値段が高くなっている機種がたくさんあります。

ところで、そういった国産レンジファインダーカメラの写真を見てみると大変綺麗ですばらしものがたくさんあります。とてもクリアでしっかりとピント合っていてコントラストもあって美しいものです。

しかしただなんとなく見てみるとなんていうのか確かにきれいなんだけれど、ものすごくいいという何かを惹きつけるような雰囲気、味わいのようなものが伝わってきません。

これはなんてヨいうか、高級な海外のレンズで撮った写真を見ると雰囲気があってすごくいいというものがあったりします。こういったものを撮れるような気がしないのです。

それらはカメラとしては非常に優秀で、ちゃんときれいに事実をありのままに写すのですがなんとなく印象に残るような写真という感じではないような気がしてしまうのです。

一体何が違うのか?うまく説明できない、数字では表せない、理論的にも伝えられないから実現できないのだろうと思いますが、やはりなんとなくそういった、カールツァイスを使っているそういったものに比べるとどうしても見劣りをしてしまうのです。

ただ、何にも知識がない状態でなんとなく、国産のカメラとレンズで撮った写真は何か線が太くて分厚いガラスの中にあるような感じの写真になっていて、海外製の高級なカメラと言われるものは非常に細くシャープであっさりとしていて、必ずしも現実の風景を正確に写しとっているとは言えないのかもしれないのですが、デフォルメされていて写真となってできてきたときに、見ていて飽きない、長時間見てしまうような写真が撮れるような気がします。

あくまでもこれは個人的な思い込みであって、全く事実と根拠はありませんが、大事なことのようです。




あわせて読みたい!

-フイルムカメラ

執筆者:

関連記事

D800に対抗できる1000円のカメラ

あるわけないし、D800のほうがうちにある1000円カメラより優れています。 ただ、よく、D800は中判カメラを超えたか?テストでは同等?等と言われますが、それは中判デジタルのことでしょうか?? 中判 …

Olympus-35 EC, EC2, ECRの電池、仕様

Olympus-35 ECの仕様 レンズ:E.ZUIKO 42mm F2.8(4群5枚) シャッタースピード:4S-1/800S 対応フィルム:ASA25~ASA800 ピント合わせ:目測 電池:HM …

フィルムカメラを始めるなら中判カメラがいい

今のようにデジカメの撮像素子(CCD、CMOS)が24mm、36mmと大きくなっています時代では、 35mmフィルムでは少し物足りなさを感じるかもしれません。 元々は映画用のフィルムであった35mmフ …

ライカのような国産カメラはないか?

ライカのような国産カメラはないか?といって、 もちろん、国産で各社からライカのコピーが出ています。いました。。。遠い昔。 コピーというか、同じ機能を踏まえた上で似た構造の製品開発です。 それには叶いま …

Fujica GW690 Professional

定評の富士フイルムの中判シリーズ。 フィルムサイズが6cm×9cmと、6,6、6,7とある中でこのサイズの場合は2:3で構成されている、現在の多くのデジタル一眼レフと同じサイズ比であります。 それにし …