フイルムカメラ

なぜ、フィルムで撮るのか?フィルムで撮影する理由

投稿日:

気がつけばどっぷりとフィルムの世界にはまっていました

自分がフィルムにはまったきっかけは、現像に興味がわいたことでした。

フィルムカメラは家にはありましたが、昔のものがそのまま放置されているだけで使える状態ではありませんでした。

その折に触れて、デジカメでNikonのレンズならば古くても使えるということで、フィルムカメラのレンズを探していました。

家にあったニコンについていたレンズもデジカメで使えましたので、大変感動的でした。

今まで親が買って、すぐに使わなくなってしまい、もはや、フィルムを詰めることさえないとおもっていましたので、そのカメラについているレンズは 二度と撮影することはないという悲しい感じでした。

ところで、自家現像するのに、結構な調査時間とそこそこのお金を使っているのですが、それに見合う価値があったのであろうか?

と、考えたのですが、実際、モノクロ現像、カラー現像を自分でやるようになってから、フィルムカメラが価値のあるものに生まれ変わりました。

さすがに家にあった、安価な普及モデルはレンズも今ひとつで、さらには電池がないとシャッターが切れない、フィルム室が勝手に開いてしまうという状態で 使える状態ではありませんでした。

せっかく、新品で買ったものですから、また、使いたいものですが、実際、ニコンにせよ、他のメーカーにせよ、一眼レフを持ちだして、レンズを用意してまで 撮影しようという気合を入れた使い方をしようとは思えません。

なにせ重いので、やるなら、何かデジタルのように鮮明にとれないとやる意味が無い、などと考えてしまいます。

それよりも、むしろ、トイカメラの方が興味があって、気軽に散歩しながら撮れるという感じのほうが楽しいことに気が付きました。

でも、現像してパソコンにフィルムを読み込んで補正して、、ってやるのはとても気軽じゃないんですけど。。

なんでしょう。

何か、それは楽しい料理のような作業なのです。

大変ならば、数枚だけいいやつを取り込んでみて、あとは後日、ということでもいいわけですし。

何も追われない、焦らない、、別にやらなきゃいけないわけでもない、、という感じがいいわけです。

モノクロ、カラー現像に1万円くらいの初期投資をしてみましたが、さらに言えば、フィルム代で1万円くらい高いものを買ってしまったりしていました。

およそ、二万円くらいです。

これなら古いデジカメも買えるくらいなわけです。ほんとうに何をやっているのでしょうか?

というくらい、急激にカメラにはまった時期がありました。

たしかに、それまでデジタル一眼のエントリーモデルを持っているだけで使わないでいました。

全く、重いからです。コンデジは一応持っていて記録写真を撮っていました。

それが、ふと気が付くと、1年間の間に、

デジタル一眼が3つ増えて、古いレンズが15本くらい増えて、フィルムカメラを中判2台、35mmが5台くらい、そして、自家現像をやり始めてしまいました。

1年でですね。デジ一でちゃんと風景を撮ってみようと思いだしてから、毎週末のようにどこかに行きだしてから、

ある時から、デジタルじゃ物足りない?というか、行ける場所に行き尽くした感じで、同じ場所に同じ写真を撮りに行っても、つまらない、と思い始めた のかもしれません。

しかし、とり憑かれたようでした。実際、カメラやレンズにお金はほとんどかかっていないので、5000円でデジイチを買ったりしていた レベルで、レンズは1000円以下が普通で、全部合わせても、もらったカメラもあり、実に2万円程度だったのです。

そうでした。一番、最初に買った、残念だったデジ一、これが2万円以上していました。

ということで、機材に4万円、現像薬品、フィルムに2万円でしょうか。1年で6万円もカメラに使っているわけです。

安いといえば安いです。1台で20万円弱もするのがデジ一で、各社、収益の柱となっていました。これがなぜか、ある年から落ち込み始めて、 伸びなくなってしまいました。ブームとはそういうものです。

それに比べると、普通の人より桁が1つ違うものです。私のようなものには、これくらいがちょうどいいです。

確かに、出費がありました。しかし、それにより、何もない、普段は何も興味が湧くものがないはずの場所に楽しさを見出すことができるように なったのです。

本当に不思議な1年でした。

全く、それまでとは街や風景の見方が変わりました。

そうなってくると、面白い写真を撮ってみたくなるわけです。変なことをして注目を集めるわけにはいきませんので、

撮り方、撮るものによって面白さを見出したい、そう考えると、フィルムが色々できそう、、という結論に辿り着いたのでした。

実に、カメラ熱が再燃してから、9ヶ月でフィルムの世界に入っていってしまいました。

これは自然なことのような気がします。そして、他の人達も同じように考えるのではないかと思っています。

おそらく、デジタル一眼レフが伸び悩んでいるというのは、みんな、飽きた?んじゃないでしょうか?これといって、目新しい技術も画質の向上も 無くなったわけですし、それより、いい写真を撮るには良いレンズだってなって、明るいレンズがいいとなって、やたらと大口径の重たいレンズが 売れるようになって、

はじめは売れました。

仕事で使う人は問題無いと思いますが、趣味でやろうという人にその重さは、ある種、モチベーションを低下させます。

平日、仕事で疲れ果てて、リタイヤした人だって重たいのはキツイと感じるようになってくるわけでして、そこに何も可能性は見いだせないわけです。

そんな理由かは分かりませんが、私の中では、デジタルからフィルムへとブームが移動しました。

もちろん、デジカメは必須です。

撮影したフィルムを撮影してパソコンに取り込むためにこれがないと始まりません。

むしろ、フィルムを使うようになってからの方が、画像補正や画像のデジタルデータのことなどを掘り下げていじったりするようになりました。

そんなことを考えると、決して、昔の時代へ逆戻りしているわけではなく、進化している感じです。

どちらかというと、フィルムでアナログによって得られた視覚効果をデジカメで再現する方法を考えるようなイメージです。

そういう理由で、フィルムは無くならないでしょう。

スペック主義に走って、スペックの向上が見込めなくなった時にどうなるか??

しかし、フィルムカメラ事業を撤退したカメラメーカーは、正しいと思います。高画質、高性能を求めたカメラは、フィルムカメラでもやはり、

あまり需要は見込めないと思います。

昔のいいカメラがいいわけです。それもやっぱり、海外のブランドが昔作っていたようなカメラがよく、

それに近い国産の古いカメラもいいわけです。だから、トイカメラは凄いわけです。

現在も生産していて、軽くて使いやすい、こういうものの方が需要があると思われます。




あわせて読みたい!

-フイルムカメラ

執筆者:

関連記事

LOMOロモで撮った写真はなぜ綺麗なのか?

あいかわらず、自分が無知だなと思ったことなのですが、 どうして、LOMOやHOLGAは感動的な写真が撮れるか? 雑誌やアーティスティックな表紙に使われていたような写真が撮れる、、 これは一体??? L …

Olympus-35 EC, EC2, ECRの電池、仕様

Olympus-35 ECの仕様 レンズ:E.ZUIKO 42mm F2.8(4群5枚) シャッタースピード:4S-1/800S 対応フィルム:ASA25~ASA800 ピント合わせ:目測 電池:HM …

Fujica GW690 Professional

定評の富士フイルムの中判シリーズ。 フィルムサイズが6cm×9cmと、6,6、6,7とある中でこのサイズの場合は2:3で構成されている、現在の多くのデジタル一眼レフと同じサイズ比であります。 それにし …

MAMIYA-6 K型の距離計調節、修理

道を歩いていても、街なかは人だらけ、人の隙間をかいくぐって糸を縫うようにやりきっていく。そんな感じで、あまりに多くの人が1箇所、1つのこと に集中しすぎるために、人気のモノ、場所、土地、住居は大変、手 …

ヤフオクで中古レンズや中古カメラを大人買い?

大人買い? 新しく出てきて久しい時間が経ちます。この言葉。 未だ怖くてできない小心者ですが。。。 数十年前のレンズやカメラなら、大人買い出来ますよ!!! 数万円もあれば、片っ端から欲しいものが買えます …